teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


新横浜駅の収穫

 投稿者:まっこうくじら(館長)  投稿日:2017年 7月20日(木)22時06分34秒
  こんばんは、まっこうくじらです。三連休は毎日が駅弁でした。

●2017年7月17日(月祝)
東京都 東海道新幹線 東京駅「チキン弁当」(880円)※ジェイアール東海パッセンジャーズ
東京都 東海道新幹線 東京駅「やさいたっぷり400kcal台弁当」(780円)※ジェイアール東海パッセンジャーズ
東京都 東海道新幹線 東京駅「30品目以上にぎわい弁当」(920円)※ジェイアール東海パッセンジャーズ
東京都 東海道新幹線 東京駅「やきとり弁当」(910円)※ジェイアール東海パッセンジャーズ
東京都 東海道新幹線 東京駅「東海道肉づくし」(1,200円)※ジェイアール東海パッセンジャーズ
東京都 東海道新幹線 東京駅「もりもり満腹弁当」(980円)※ジェイアール東海パッセンジャーズ

新横浜で丸一日のペーパーテスト。
三連休の夕方に駅へ行くと、なぜか各キヨスクにのみ長蛇の列。
たしかにここは、駅ビルにもエキナカにも、土産物を買える店が少ない気がします。
当館で駅弁と紹介した改札外の駅弁は、グレイスホテルは引き続き無く、
磯子カンツリークラブはどうも昨年に撤退した模様。
たちばな亭は、台売りはなくとも、店舗と商品は健在でした。崎陽軒の店舗も健在。
在来線改札内のJRCPの駅弁売店では、自社と崎陽軒とイズミ食品の弁当を販売。
なぜか崎陽軒のシウマイが大人気で、入荷するそばから取り合いでした。

JRCP版チキン弁当は8年ぶりの購入。
変わらないように見えて、鶏唐揚が減ってスパゲティが加わりました。
味がなんとなく、NRE版に比べてぼやけている気がします。
調製元のfacebookでは、今年6月15日の新発売という扱いです。

400kcal台弁当と30品目以上弁当を、発売5年を経てやっと買えました。
前者はたしかに小柄で、御飯は俵が3つしかありませんが、
本物の鶏照焼や肉のようなハンバーグ(豆腐と魚肉)など、
味と食感は弱くなく、野菜ばかり食べさせるような感じがしません。
後者は9区画にごちゃごちゃと賑やかに、いろんなものを詰めています。
不思議と、飯と麺状の物と擦り物が目立つ気がしました。

やきとり弁当は、白飯をネギやそぼろや焼き鳥や煮玉子などで覆う内容こそ、
リニューアル前の「炭火焼き風焼きとり重」と共通ですが、
四角い形が丸くなり、紙枠の絵柄はシンプルで、見た目はまったくの別物です。
今年4月20日発売の東海道肉づくしは、長方形の3区画に
大阪すきやき丼、名古屋みそかつ丼、東京やきとり丼のセット。
それぞれが少量で、つくりがスマートなので、肉々しさが薄いのですが、
内容そのものは、確かにほとんど飯と肉。力強いのでなく楽しい感じ。

先月6月21日発売のもりもり満腹弁当は、
日の丸御飯におかずという幕の内駅弁スタイル。
そのおかずが、メンチカツ、豚生姜焼、エビフライ、イカフライ、
ミートスパゲティと、肉と油と脂と炭水化物で容赦ない構成。

ところで、今回購入の6個中5個の価格が3桁円。
今の東京駅弁はだいたい1,100円~という印象なので、
5個のフルサイズを含む東京駅弁6個で5,670円とはお得な感じ。
昔のJダイナーと日本食堂であれば、前者の駅弁が高かったと思いますが、
今のJRCPとNREであれば、後者の駅弁が高いように思えます。
 
 

群馬県などの収穫

 投稿者:まっこうくじら(館長)  投稿日:2017年 7月20日(木)21時03分27秒
  こんばんは、まっこうくじらです。先週末の三連休の収穫です。

●2017年7月15日(土)
群馬県 わたらせ渓谷鐵道 神戸駅「やまと豚弁当」(1,030円)※わたらせ渓谷鐵道
群馬県 わたらせ渓谷鐵道 神戸駅「夢鉄道トロッコ弁当」(930円)※わたらせ渓谷鐵道

前週と同じ行程で、わたらせ渓谷鉄道を再訪問。
今回は神戸(ごうど)駅から沢入(そうり)駅まで車内販売が乗り込み、
スーパーのかごで「やまと豚弁当」を売っていたので、これを買いました。
6年半前に京王百貨店駅弁大会で買った時と、変わりありません。
帰路に品川駅へ立ち寄りましたが、いつもどおり何もありません。

●2017年7月16日(日)
群馬県 高崎線 高崎駅「復古だるま弁当」(1,500円)※高崎弁当
群馬県 高崎線 高崎駅「和風ソースカツ重」(900円)※荻野屋
東京都 東海道本線 東京駅「ジャマイカ風BBQジャークチキン弁当」(1,100円)※大船軒
東京都 東北本線 上野駅「上野弁当」(1,050円)※しまだフーズ
山形県 奥羽本線 山形駅?「豚肉三昧」(1,080円)※もりべん
岩手県 東北本線 一ノ関駅「鶏舞弁当」(980円)※斎藤松月堂
東京都 東海道本線 東京駅「山の信州いろどり弁当」(1,000円)※NRE大増

今月3度目の群馬県行きで、今度は吾妻線を往復。
往路では特急列車への駅弁の積込を依頼し、無事に受領。
駅弁売店がすべてNRE化しても、昔ながらの買い方ができることに、
半分驚き、半分安心しました。復古だるま弁当は、3年前と変わりないようです。

帰路は高崎駅の駅売店で1個を購入。調製元は高崎弁当でなく荻野屋。
白御飯にレタスを敷いてからソースカツ3個を置くもので、
特徴が薄い分、内容も味も可もなく不可もなし。

さらに前週に続いて大宮駅の駅弁屋旨囲門。さすがに目新しい物はありません。
今月発売のPlay Table Bento第3弾をここで購入できました。
昨年10月の第1弾南仏風、今年2月の第2弾台湾風と同じく、
調製元は大船軒で、JAVATEA500mlペットボトルの赤か白付き。
中身は「ココナッツミルクで炊いた豆&ガーリックごはん」に
ジャークチキン、スタンプアンドゴー、エスコビッチフィッシュなど、
見聞きしたことがない料理ばかり。その割には飯を含め味や臭いにクセはなく、
しかし辛い物が苦手なので、とにかく辛くて大変でした。

加えて東京駅「駅弁屋 祭」。この混雑売店は三連休の中日に来ると、
客が少なく、商品が多く、とても駅弁が買いやすいので、買いすぎました。
上野弁当も大宮弁当に続いてリニューアルかと思ったら、
こちらも調製元が水戸駅弁のしまだフーズにチェンジ。
中身は幕の内に肉も野菜も揚げ物も焼き物もある居酒屋感。
お品書きを読むと、上野や東京でなく茨城や常陸の文字が多くあります。

豚肉三昧は、掛紙表面のロゴマークから山形駅弁かと思ったら、
食品表示に「販売者:合同会社もりべん」「製造者:株式会社松川弁当店」とありびっくり。
山形駅弁の調製を米沢駅の駅弁屋が受け持つようになったのか、
東京へ送る分を製造委託したのかは分かりません。
中身は長方形の3区画に、白飯に豚醤油焼、白飯に豚味噌焼、
焼売や玉子焼や煮物類などのおかず。過半が脂身の異様な豚肉は
仕様でしょうか。タレの強い味も借り、臭みや固さはありません。

一ノ関駅の鶏舞弁当はまた復刻か。内容も掛紙の絵柄も、7年前と同じ。
今回は掛紙に「復刻版」のシールを貼り、食品表示ラベルを側面に回したことで
鶏舞など掛紙の絵柄が隠されることなく現れていました。
こんな鶏飯であれば、レギュラー商品に戻してもいいような。

山の信州いろどり弁当は、信州DCにより7~9月の販売。
円形容器の半分を占める野沢菜載せ茶飯だけで飯が喰えて、
鹿肉ハンバーグの味は牛豚合挽きなどとほぼ変わらず、
エリンギや煮物類などを含め、その風味や内容は、
まるでNREの東京駅弁「五目わっぱ飯」のような定番弁当感。
 

Re:園部駅淡路屋

 投稿者:ほろほろ  投稿日:2017年 7月11日(火)22時53分17秒
  私が淡路屋で幕の内を購入したのが昨年(2016年)の12月で、その時にもう製造は辞めたと言われました。
いつ製造を辞めたかは確認していません。すみません。

そうそう宮島口のあなごめしも駅リニューアルで今は駅前のセブンイレブンとおみやげ街道兼用の店舗での販売に変わりました。駅弁から「駅」前「弁」当になってしまいました。
 

大宮駅などの収穫

 投稿者:まっこうくじら(館長)  投稿日:2017年 7月11日(火)00時43分7秒
  こんばんは、まっこうくじらです。先週末はこれだけです。

●2017年7月8日(土)
群馬県 わたらせ渓谷鐵道 神戸駅「夢鉄道トロッコ弁当」(930円)※わたらせ渓谷鐵道
栃木県 東北本線 宇都宮駅「焼餃子ダブル弁当」(800円)※松廼家
埼玉県 東北本線 大宮駅「埼玉の味大宮辨當」(1,200円)※松廼家
宮城県 東北本線 仙台駅「つばさ(山形新幹線開業25周年記念弁当)」(1,150円)※日本レストランエンタプライズ

非常に暑い日に、わたらせ渓谷鐵道トロッコ列車の旅。
トロッコ弁当は1年ぶり。容器も中身も価格も変わりませんが、
マイタケ天の分量が、また減ったような気がしました。
また、ポリ容器のお茶(100円)も同時に購入。
針金のひもを持つ小柄な容器に、冷たいほうじ茶が入っていました。

帰りは大宮駅の駅弁屋旨囲門。小さな売店なのに、本当に品物が豊富。
もう少し大きな品川駅「駅弁屋」では、いつもまったく収穫がなく、
もっと大きな東京駅「駅弁屋 祭」でも、ほとんど収穫がないのに、
ここに来れば必ず一食分以上(=3個以上)の収穫がある気がします。
もっとも、大宮駅やこの売店に定番の駅弁がないのだとも言えます。

5月10日発売の焼餃子ダブル弁当の実物に、ここで初対面。
中身は焼餃子10個、タレ2袋、白御飯、黒胡麻、柴漬けのみ。
宇都宮駅では過去に何度か、理屈っぽい餃子の駅弁が出ていたと思いますが、
本当はこういうものが求められていたのではないかと思う割り切り感。
メインの餃子はもちもち、しっとり、臭いたっぷり。
6月終売の予定が7月に買えたので、当分の間は売られるのでしょうか。

大宮弁当は、掛紙も容器もずいぶん変わったなと思ったら、
調製元がNREでなく、宇都宮駅弁の松廼家でした。
中身はソースカツ丼、うな丼、ナマズのてんぷら、煮物類の松花堂。
ウナギやナマズで値が張るのでしょうが、1200円の駅弁にしては、
中身も味も、掛紙も容器も、ずいぶんとチープなつくり。
これより安いNREの大宮弁当のほうが高級かつ充実かと。

つばさ記念弁当は仙台駅のNRE。掛紙は400系つばさの色鉛筆画。
焼鮭とイカゲソ天の丼と、野菜たっぷり豚丼を、
コイ甘露煮と玉こんにゃくで仕切る、山形を少し感じる記念商品。

>6/26 ほろほろさん
ご来館と情報のご提供ありがとうございます。
園部駅弁は、2015年1月の京王百貨店駅弁大会と阪神百貨店駅弁大会で
「栗めし」(976円)が輸送販売されたのが、事実上最後のお披露目でしょうか。
このエリアは京都駅、園部駅、綾部駅、福知山駅、豊岡駅、浜坂駅、西舞鶴駅、篠山口駅と、
15年前の密度の濃さはどこへやら、すっかり駅弁空白地帯になってしまいました。

>7/7 MRさん
名古屋駅弁の追加情報ありがとうございます。
こんど名古屋へ行けたら、チェックしたいと思います。
 

Re2:JR名古屋駅「復刻弁当」の2017年の姿

 投稿者:MR  投稿日:2017年 7月 7日(金)23時52分20秒
  再度、補足です。
今週にJR名古屋駅中央コンコース「グランドキヨスク名古屋」で確認したところ、
創業当時(大正時代)掛紙4種類を日替わりと変わっていました。
これと別に先週に中部国際空港のおみやげ館でも同じ「復刻弁当(松浦商店調製)」
が売られていて、「 昭和43年から44年頃 」掛紙(画像)でした。
 

Re:園部駅淡路屋

 投稿者:京阪奈  投稿日:2017年 6月26日(月)20時50分28秒
  私も近年、何度か訪れた際に「作る予定はない」ということを聞いており、販売終了は予想していましたが、やはり残念です。数年前に阪神百貨店の駅弁大会で買ったのが最後になりました。
しかし、「幕の内弁当」も美味しいですし、事業が順調であってほしいですね。
ちなみに、亀岡の保津川下り乗船場の食堂も営業していると聞きますが、現状は不明です。
 

園部駅淡路屋

 投稿者:ほろほろ  投稿日:2017年 6月26日(月)02時36分8秒
  初めまして
園部駅淡路屋の鮎寿司と栗めしはここのところ駅弁大会にも出ていませんでしたが、
お店まで行って確認したところもう製造は辞めてしまったとのことです。
現地園部駅の売店がセブンイレブンになってしまい、駅におかせてもらえなくなり、
売る場所もない。予約が入ったとしても一つじゃ仕込み等に手間がかかる。
おそらく一番の原因と思われる仕出しと給食事業がそこそこ忙しいからとのことでした。

なお、現地園部では幕の内一種類のみ完全予約制で購入することができます。駅近くの食堂で受け取りになります。

名物駅弁一気に二つとも消えてしまい残念です。
 

横浜の駅弁の収穫

 投稿者:まっこうくじら(館長)  投稿日:2017年 6月26日(月)00時01分59秒
  こんばんは、まっこうくじらです。今週末は横浜のみの収穫です。

●2017年6月24日(土)
神奈川県 横浜高速鉄道 みなとみらい駅「中華弁当」(1,080円)※崎陽軒
神奈川県 横浜高速鉄道 みなとみらい駅「中華弁当」(1,080円)※崎陽軒
神奈川県 横浜高速鉄道 みなとみらい駅「中華弁当」(1,080円)※崎陽軒
神奈川県 横浜高速鉄道 みなとみらい駅「中華弁当」(1,080円)※崎陽軒

家庭用ゲームソフト(と今は言えないのかもしれませんが)
「ファイナルファンタジー」(FF)シリーズの誕生30周年を記念した、
横浜でのイベントの一環として販売された、崎陽軒のFF版中華弁当。
掛紙とひょうちゃんをFF版にして、6月10~16日に1550個を売ったそうですが、
買うのに何時間も列んだというSNS報告が出る人気だったそうな。

Jリーグその他の崎陽軒の記念商品の全部は追わないし追い切れない、
でもこれはもっぱら駅で売られたものだから収穫できず残念だと思ったら、
山下公園の隣の観光施設「横浜人形の家」での追加販売がアナウンスされたので、
その初日に行きました。6/24~7/17の土休日に1750個を販売。
やはり10時の整理券配布と11時の販売開始を何時間も待った人がいたようですが、
販売開始後1時間弱で、列ぶことなく買えるようになっていました。

通常版の横濱中華弁当からいくつかの具を抜き、
シウマイを1個増の3個にして、ひょうちゃんを入れたもの。
選べる掛紙が「ブレイブエクスヴィアス」と「メビウス」の2種類、
選べないひょうちゃんが「チョコボ」と「モーグリ」の2種類。
弁当を4個買い、チョコボ3個とモーグリ1個をゲットしました。

●2017年6月25日(日)
神奈川県 東海道本線 横浜駅「夏のかながわ味わい弁当」(930円)※崎陽軒
神奈川県 東海道本線 横浜駅「メガシウマイ御弁當」(1,250円)※崎陽軒
神奈川県 東海道本線 横浜駅「MINIプレミアムシウマイ御弁當」(1,050円)※崎陽軒

駅弁の買い出しに横浜駅へ。
今期は横浜駅エリア外では何度も売り切れで買えなかった
夏のかながわ味わい弁当をようやく購入。
引き続き「かながわ再発見」のアイコンがなく、
それと価格以外は前年と同じか。

そして、6/23~7/22の発売がネット上のニュースにも出た
メガシウマイ弁当とMINIプレミアムシウマイ弁当も無事に購入。
横浜駅エリアの崎陽軒売店では、どちらもどこでも買える状態でした。

前者はいつものシウマイ弁当が、掛紙とひもの幅も含めて、
横方向へ1.5倍に細胞分裂したような違和感。
中身は分量以外は通常版と同じですので、味もまったく同じ。
経木折ではありませんが、内ふたと飯の底に経木を使っていました。

後者は通常版とは別タイプ。枯れ草色の掛紙と紫色のひもの色から違い、
日の丸俵飯の梅もゴマも白みがかり、マグロは照焼でなく利休焼、
シウマイ弁当には入らない煮物類や蒸し鶏和え
シウマイは通常、特製、えびの3種。通常版よりミニというわけでも、
プレミアムというわけでもないような感じでした。
以上3点のお買い物で、シウマイ弁当の掛紙と中身写真を使う
A5サイズのクリアホルダーをもらえました。

>6/25 京阪奈さん:
情報のご提供ありがとうございます。
ネットの情報はいつか消えるので、記録としてメモします。
2017年6月24日(土)付 西日本新聞 佐賀
「「かしわめし弁当」復活 JR肥前山口駅、21年ぶりに 30日と7月1日、限定販売 [佐賀県]」
・佐賀県杵島郡江北町の商工会や飲食店組合などが2016年11月に「駅弁研究会」(岸川淳会長)を結成
・肥前山口駅で1996年まで駅弁を売った「常磐軒」(廃業)の元経営者がレシピを提供。
・かしわ飯だけが500円、コロッケやサケ、卵焼きなどのおかず付きが700円。
・6/30に300個、7/1に450個、肥前山口駅改札前とふれあい交流センター「ネイブル」で販売。ひとり2個まで。
 

肥前山口駅 江北町 駅弁復活

 投稿者:京阪奈  投稿日:2017年 6月25日(日)20時09分25秒
  常盤軒の「かしわめし」の復活の記事です。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/saga/article/337779/
 

先月の東京駅などの収穫2

 投稿者:まっこうくじら(館長)  投稿日:2017年 6月25日(日)07時29分24秒
  おはようございます、まっこうくじらです。以下までで先月はすべてです。

●2017年5月21日(日)
東京都 東海道本線 東京駅「深川めし」(900円)※NRE大増
北海道 日高本線 静内駅?「うにいくら黄金鮭弁当」(1,080円)※西谷幸夫(西谷辨當店)
東京都 東海道本線 東京駅「タレかつと豚重」(1,100円)※NRE大増
兵庫県 山陽新幹線 新神戸駅「穴子弁当」(1,350円)※淡路屋
宮城県 東北本線 仙台駅「牛たん&ステーキ弁当」(1,350円)※こばやし
神奈川県 東海道本線 大船駅「大船軒の鳥めし」(900円)※大船軒

深川めしは団体予約購入。柔らかい中身はお変わりなし。
一部に好評だと思うNREの小茄子漬は、今はこの駅弁の中だけでしょうか。

東京駅「駅弁屋 祭」で夕飯を5個。
この静内駅弁はこの店舗の前面で、常に売られていると思います。
現地ではどうなのでしょうか。もはや列車も来ない中で。
タレかつと豚重は、名前から新津駅弁のリニューアルと思ったら、
東京のNREでした。たれかつ丼と豚焼肉丼のセットに、煮物類などを添えて。

神戸は、白御飯に焼アナゴと錦糸玉子と小松菜とかぶら漬のアナゴ丼。
調製元が得意な加熱機能付き「あっちっちスチーム弁当」は、
今回は四角い総発泡材製の容器に今までのすき間がなく、
具の内容量を変えずにとてもコンパクトになっていました。

仙台は、従来型の大きく丸い加熱機能付き容器。
中身も従来型で、麦飯に「牛たん&ステーキ」と3色のししとうやパブリカ。
毎度ながら、最近の牛たんは厚くてジューシーで美味くなりました。
仙台の加熱式な牛たん弁当類は、常にこの売店で数十個がケースを占拠する感じ。

「大船軒の鳥めし」とボール紙枠に大きく書いた商品は、
茶飯をとりそぼろ、とり照焼、とりごぼう煮、つくねで覆い、
煮物と漬物を添付。つくね2個が円形のミニハンバーグであることが印象的。
位置付けは今のサンドウヰッチと同じく、きっと大船駅弁でなく
NREの東京エリア駅弁なのだと思いますが、
今のところNREの「鳥めし」(850円)も存続しているようです。
両者の内容は、とてもよく似ています。

●2017年5月26日(金)
愛知県 東海道本線 名古屋駅「あいちの牛豚弁当」(1,280円)※だるま
福井県 北陸本線 福井駅「越前かにめし」(1,180円)※番匠
鳥取県 山陰本線 米子駅「吾左衛門本舗 鯖」(1,350円)※米吾
鳥取県 山陰本線 米子駅「吾左衛門本舗 蟹」(1,350円)※米吾

通年で駅弁大会をやっている、京急系スーパー「もとまちユニオン」で4個。
店舗も品揃えもコンパクトで、そのほとんどが佐藤水産と一乃松。
駅弁の収穫は1個だけで、あとは再収穫組となります。

名古屋は漬物等で仕切った、牛丼と豚丼のセット商品。
最近、このタイプの駅弁が増えている気がします。
残念ながら、みかわ豚の生姜焼き豚のほうは、脂で真っ白な肉が硬く、
愛知牛の牛しぐれのほうは、どうみてもクズ肉風かつ少量が過ぎ、
かつ錦糸卵ときんぴらごぼうが業務用の冷凍食品そのものであり、
中身の見た目と味ではがっかり。

越前かにめしは、具がカニ身のブロックからほぐし身に戻っています。
公式サイトの画像も同様。リニューアル前の醤油色には戻らず、白いままです。
1人前な吾左衛門の2本は変わりません、パッケージ収集のため購入。
 

レンタル掲示板
/99