投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 会員の研究報告(10)
  2. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: JDP会合1210

 投稿者:高田廣司  投稿日:2017年12月11日(月)06時46分49秒
返信・引用
  > No.1872[元記事へ]

安藤嘉啓さんへのお返事です。

> 今日は4名参加。テキスト検討。充実した2時間でした。次回は1月20日土曜に行います。
>
> 議題は、「理事長の巻頭言」「交流分析の活用」検討です。

素晴らしい企画だと思います。月に一度ずつ公開でミーティングが行われているのですよね。この企画が継続できたらすごいことだと思います。すごいことなんですよね。うれしくなる取り組みですね。
 

JDP会合1210

 投稿者:安藤嘉啓メール  投稿日:2017年12月10日(日)21時55分38秒
返信・引用 編集済
  今日は4名参加。テキスト検討。充実した2時間でした。次回は1月20日土曜に行います。

議題は、「理事長の巻頭言」「交流分析の活用」検討です。
 

JDP会合11・3

 投稿者:安藤嘉啓メール  投稿日:2017年11月 5日(日)23時03分51秒
返信・引用 編集済
  さる11月3日、八事でJDPの会合が持たれました。そこでは理事会で提案された通り、テキストの改訂に向けての論議がなされました。参加者は5人でしたが一人一人が言葉の意味を真剣に考え、討論することでJDPとしての確認がなされました。次の予定は12月9日(土)です。が、まだ予定の立っていない人がおり、微調整がおっこなわれる予定です。理事長頑張ってね。  

Re: 付きまとうむなしさ

 投稿者:高田廣司  投稿日:2017年10月24日(火)21時38分2秒
返信・引用
  > No.1869[元記事へ]

> 確かに「掲示板」というやり方は、古いのかもしれません。その意味では、フェースブックの方に書き込みが増えるといいのかもしれませんし、コンピュータの世界ではいろいろな情報発信ツールができていますので、他の交流手段を検討する必要があるのかもしれません。
> それと、やはり、関心を持つ方の絶対数が違うということも言えますよね。でも、見ている人は必ずいると思います。

理事の方どなたでもかまいません、片田さんにご本を読ませていただきましたとお伝えください。理事長名の添え状に、読後の感想をHPに寄せてくださいとありましたのでそうしたのですから。では皆様お元気で。

 
    (管理人) メールにて、お伝えさせていただきました。
今後ともよろしくお願いいたします。
 

Re: 付きまとうむなしさ

 投稿者:モリカワ  投稿日:2017年10月22日(日)13時21分9秒
返信・引用
  高田廣司さんへのお返事です。

> この掲示板に書き込んでも、読んでいただけたのかどうか確かめようがなくて、
> むなしくなることがります。私の読後感が片田さんにも伝わったかどうか気がかりです。
> 私は趣味のコーナーの動画サイトを持っています。こちらはリアルタイムで反応が把握
> できます。交流が実感できるのです。


確かに「掲示板」というやり方は、古いのかもしれません。その意味では、フェースブックの方に書き込みが増えるといいのかもしれませんし、コンピュータの世界ではいろいろな情報発信ツールができていますので、他の交流手段を検討する必要があるのかもしれません。
それと、やはり、関心を持つ方の絶対数が違うということも言えますよね。でも、見ている人は必ずいると思います。
 

付きまとうむなしさ

 投稿者:高田廣司  投稿日:2017年10月22日(日)06時07分48秒
返信・引用
  この掲示板に書き込んでも、読んでいただけたのかどうか確かめようがなくて、

むなしくなることがります。私の読後感が片田さんにも伝わったかどうか気がかりです。

私は趣味のコーナーの動画サイトを持っています。こちらはリアルタイムで反応が把握

できます。交流が実感できるのです。

 

今だからこそ

 投稿者:高田廣司  投稿日:2017年10月20日(金)08時01分58秒
返信・引用
  この新聞記事を故山口先生がご覧になったらなんとおっしゃるでしょうか。25年30周年記念誌に山口先生はこう書いておられました。  

読後感

 投稿者:高田廣司  投稿日:2017年10月19日(木)12時24分59秒
返信・引用
  JDP研から送っていただいた片田さん著の随想「夢にあそぶ」を読ませていただきました。

飄々とした文章は片田さんの人柄ゆえなのか、少しもとがったところがありません。

「とにかくいいように解釈してみる」とか「自己満足と開きなおり」とご自分の考察を評論

されていますが、まさに癒し系のエッセイですね。心理学的な内容も「だそうです」と無理な

断定はしないでさらりと言ってのけるところなどは、誠実なお人柄をうかがわせる部分ですね。

そして、夢を愛し夢をあそぶ楽しさを書いておられる片田氏が、「自分の思うような夢が見ら

れない」と苦笑しておられる様子が想像されて笑えました。そして片田氏はこう書いています

よね。「それもまた楽しい」と
 

Re: 思い出しました

 投稿者:モリカワ  投稿日:2017年10月 7日(土)17時08分29秒
返信・引用
  高田廣司さんへのお返事です。

> 昔研究会の事務局をやっていた時の経験が役立っています。



地道に根気よく粘り強く物事に取り組む力を伸ばすのも、JDPでの研究成果ですね。
 

思い出しました

 投稿者:高田廣司  投稿日:2017年10月 6日(金)16時54分42秒
返信・引用
  今日、郵便局へ行って名古屋城天守閣建て替え問題で、名古屋市議会議員全員あてに文書を発送しました。

何ヶ月も考え続け、何日も準備してようやくここまでこぎつけました。

個人の責任でやっていることですが、昔研究会の事務局をやっていた

時の経験が役立っています。
 

思い出

 投稿者:高田廣司  投稿日:2017年 9月26日(火)18時39分41秒
返信・引用
  ホームページのデータのボタンから50年誌のデータにリンクして、思い出のアルバムを見てい

ました。楽しい思い出が次々と蘇ってきました。私も若かったし、みなさんも若かった。夏季セ

ミナーは準備するのも楽しかったなあ。合宿の夜は修学旅行の旅館の夜のようで、夜の深けるの

も忘れて騒いでいましたよね。帰らざる日々なのでしょうね。
 

遺す

 投稿者:高田廣司  投稿日:2017年 9月25日(月)08時38分7秒
返信・引用
  書棚を整理して私の持っている深層心理研究会の古い資料を全部捨てました。と言っても必要な事柄を

記録した50年誌やテキストはホームページに資料として保存されています。深層心理研究会に関

するほとんどの有用な資料はホームページの中にきちんと整理されて保存されています。私が個人

で保有する必要はありません。よい時代になったものだと思います。同時に掲示板の整備に力を尽

くしてくださった管理人さんのご尽力には頭が下がります。ありがとうございます。
 

だから、

 投稿者:安藤嘉啓メール  投稿日:2017年 9月23日(土)23時21分39秒
返信・引用
  ちょっと、もうこの話は控えたいと思います。  

Re: ほんとは

 投稿者:イクメン  投稿日:2017年 9月22日(金)15時51分59秒
返信・引用
  > No.1859[元記事へ]

安藤嘉啓さんへのお返事です。

> 退職60で年金は65支給ですから、お金はできるだけ使いたくない。
> 「あんたは家にいると邪魔。」何度言われたことか。
> 休日指導だと4時間で3000円、入ってくる。確かに少ない、
> 微々たるもの、ですが、喫茶店代、昼飯代にはなる。
> この前、とある陸上競技場で役員やってるじっちゃんたちが話してた。
> 「一日遊ばしてもらってよかった。ええもんも見れたし(若い人の走る姿。)」
> 家に帰れば、「今日は一日仕事頑張ったよ。賞状はもらえたし、」と自慢話。


なるほど、子育てもほぼ終わり、家でやることもなくなった先生方のは、丁度いい時間の使い方なのだということがよく解りました。
手当も安いといっても時給800円弱のバイトと思えば、最低賃金にはちょっと足らないど、まあそこそこというところですか。
これで、土日も返上して部活をして先生方の生活は大丈夫かなという疑問は解けました。(もちろん無理してる先生もいるのでしょうが)
これなら、先生方の長時間勤務の問題より、「生徒にだって重荷」との声にどう答えるかを考えることが重要なのかもしれません。
「ほんと」のところを聞かせていただき、有り難うございます。

ついでにもう一つ

> 部活は職場のイス取りゲームには邪魔です。

とありますが、若い頃部活を一生懸命やったというのが自慢の校長先生がおられ、部活には熱心のようなのですが、こういう先生は、希なのでしょうか?
 

ほんとは

 投稿者:安藤嘉啓メール  投稿日:2017年 9月21日(木)23時05分15秒
返信・引用 編集済
  ほんとは、、ということでこの前の続きを書かしてもらうと。
お金で換算するとよくわかるんです。
休日、家にいると家族をどこかに連れていくことになります。
これはこれで意味があるんですがここではドライにお金の話。
一日で5万円は飛びますね。スキーなら。一人十万として4人
で四十万、海外旅行ら、、、、それが嫌で家にごろごろしてい
たら、怒鳴られるばっかりです。
退職60で年金は65支給ですから、お金はできるだけ使いた
くない。
「あんたは家にいると邪魔。」
何度言われたことか。
それが、部活指導となると、交通費バス代金往復420円。
休日指導だと4時間で3000円、入ってくる。確かに少ない、
微々たるもの、ですが、喫茶店代、昼飯代にはなる。
この前、とある陸上競技場で役員やってるじっちゃんたちが話
してた。
「一日遊ばしてもらってよかった。ええもんも見れたし(若い
人の走る姿。)」
家に帰れば、
「今日は一日仕事頑張ったよ。賞状はもらえたし、」
と自慢話。
部活に明け暮れる同僚との談話。
「いやあ、月に土日は8回あるから、3000円×8、
二万四千円にはなるね。それで種銭ためて、株を買って配当もら
うっと。おれんとこ1馬力だからねえ。」
すみません、私も安い株買って、いくらか配当もらってます。
ちりも積もればなんとやらになればいいなあ、と思ってます。
もうひとつ、言いましょうか。
部活は職場のイス取りゲームには邪魔です。
 

日本の先生ってすごい

 投稿者:ピグマリオニスト  投稿日:2017年 9月18日(月)10時44分13秒
返信・引用
  先週12日に、2014年のOECD加盟各国のGDPに占める教育機関への公的支出の割合が公表され、日本は、3.2%(平均4.4%)と加盟34カ国中最下位でした。
そこで、同じOECDの15歳を対象としたPISA学習到達度調査の結果を見たら、2015年度調査では、加盟国中、科学的リテラシー 1位、読解力6位、数学的リテラシー1位でした。読解力が少し低いようですが、誤差範囲を考えると3位の可能性もあり、また、その前の調査では1位です。いずれにしてもすごく良い成績といえます。
教育機関への公的支出は少ないのに、学習効果は、すごく上がっているということです。
更にPISAの調査では、親の経済力や学歴・地位など環境の影響が少ないということです(経済格差は広がっているというのにです)。
これは、日本の先生方が、すべての子どもたちの学力をいかに上手に向上させているかということです。
昨今、先生方に対する厳しい目もありますが、こうしたすばらしい先生方に感謝したいと思います。
 

Re: ほんとは

 投稿者:イクメン  投稿日:2017年 9月18日(月)10時16分21秒
返信・引用
  > No.1855[元記事へ]

安藤嘉啓さんへのお返事です。

> ほんとは、部活うれしいんです。


先生も生徒もやっててうれしいと思えるのがいいですね。
「先生だって子どもだって重荷」という声が聞こえないのがいいです。
 

パラリンピック佐藤選手

 投稿者:安藤嘉啓メール  投稿日:2017年 9月18日(月)00時45分38秒
返信・引用
  今、パラリンピック佐藤選手の特集をテレビでやってるが、なんでそこまでやるの?と聞かれて、「好きだからです。」と答えてる。はまっちゃう性格らしい。  

ほんとは

 投稿者:安藤嘉啓メール  投稿日:2017年 9月17日(日)23時25分16秒
返信・引用
  ほんとは、部活うれしいんです。暇だとおれ、何のために人間に生まれたんだろ、速くおしまいにしたい、、、、と悩み始めてしまう。部活やってると、寝るとき幸せを感じて眠りにつき、暇が潰せ、むだなお金を使わなくても済む。スポーツしてると、アドレナリンとエンドルフィン、ドーパミンの力で自分の存在の大切さを確信できる。部活に行けば、そこにともに苦しみを分かち合い力をあわせて上を目指すことの喜びを知ることができる。空手の道場では話のできる仲間がいる。しかし、職場は椅子取りゲームでお互いの足を引っ張る嫌な奴ばかりだ。だから、「うつ」にもなるのだろう。そう、確信する。  

Re: ?られてます。

 投稿者:イクメン  投稿日:2017年 9月17日(日)10時23分26秒
返信・引用
  安藤嘉啓さんへのお返事です。

> 「なんで、先生は部活に熱心じゃないの?顧問なんだから当然でしょ。」
> 親にも、子供にも叱られています。


そうですよね。それでいいんだと思います。
私の子どもの頃は、顧問の先生が、活動中に現れたり、活動内容を指示したりすることは、滅多にありませんでした。それでも、みんな、部活を楽しんでいました。
 

?られてます。

 投稿者:安藤嘉啓メール  投稿日:2017年 9月17日(日)00時08分39秒
返信・引用
  「なんで、先生は部活に熱心じゃないの?顧問なんだから当然でしょ。」
親にも、子供にも叱られています。
 

部活動子どもだって重荷

 投稿者:イクメン  投稿日:2017年 9月15日(金)10時58分59秒
返信・引用
  標題のタイトルが付いた記事が今朝の中日新聞に掲載されました。
私の子どもも中学生の時、部活動で肉体的にも精神的にもかなり危険な状態に陥りました。
親として、ピグマリオンマインド・カウンセリングマインドで何とか支えていましたが、幸い、顧問が替わって、少し練習にゆとりができ、無事3年間やり遂げました。
こうしたことは、多くはないのでしょうが、子どもの健康に不安が生じれば、どこの親でも、心配でしょう。
やっと、新聞にも取り上げられるようになったか、との思いです。
 

面白い

 投稿者:高田  投稿日:2017年 9月 3日(日)11時06分13秒
返信・引用
  会報27号の夏季セミナーの対談が面白かったです。久しぶりに面白かったです。単なる報告レポートより生き生きと様子が伝わってきました。よかったです。  

Re: 宣伝その2

 投稿者:森川  投稿日:2017年 8月12日(土)19時18分42秒
返信・引用
  > No.1849[元記事へ]

高田さんへのお返事です。

> いつかピグマリオンマインドについてもDVDにまとめてみたいと思います。


ピグマリオンDVD、楽しみです。
 

宣伝その2

 投稿者:高田  投稿日:2017年 8月12日(土)04時55分34秒
返信・引用
  JDPの会員さんには名古屋在住の方があんまりいらっしゃらないようですが、宣伝です。こんなDVDを作りました。いつかピグマリオンマインドについてもDVDにまとめてみたいと思います。  

宣伝です

 投稿者:高田  投稿日:2017年 8月 9日(水)12時14分11秒
返信・引用
  少しデカいイベントの準備をしています。JDPで昔、名古屋城見学会がありましたね。あの時からのご縁でこんなことをしています。よろしかったらご参加ください。セミナーではなくてシンポジウムです。  

Re: 心理セミナー番外

 投稿者:森川  投稿日:2017年 8月 9日(水)09時47分35秒
返信・引用
  > No.1846[元記事へ]

安藤嘉啓さんへのお返事です。


私も参加したかったのですが、都合がつかず残念でした。

これからもこうした場所で、ゆったりとした日程・内容で、セミナーがあるといいですね。
 

心理セミナー番外

 投稿者:安藤嘉啓メール  投稿日:2017年 8月 8日(火)21時43分29秒
返信・引用 編集済
  6日、心理セミナーin付知、行ってまいりました。山はいいねえ、プラス温泉「おんぽいの湯」つかってまいりました。山を見ながら涼しげな風の中で湯につかる。良かった。佐藤理事長はサウナに籠っていたようですが。「100%かけ流し温泉アルカリ性単純泉で一度つかれば肌がつるつるに....名前の由来は、木を運ぶ木遣り師たちの掛け声からです。」うううん、成りました、つるつる。帰りは理事長を車の後ろに乗せ、60年代ポップス(プレスリー、セダカ、ポール・アンカ、リトル・ペギー・マーチ)をバックグランドミュージックにしてべらべらくだらんお喋りをしながら帰ってまいりました。  

瞑想

 投稿者:安藤嘉啓メール  投稿日:2017年 6月 4日(日)22時47分51秒
返信・引用 編集済
  Kさんの瞑想する会じゃないですが、私も最近「瞑想」やってます。自分の潜在意識と話ができないもんかと思ってやってるんですが、今日はっきりと話しかけられました。
でもちょっと意味不明。彼はこう私に半ば叫ぶように言ってきました。
「科学はな、おまえのごとき化け物を化け物扱いしないんだ。」
とこういってきたんですが、彼は、と言っても自分ですが、「化け物」と思っているらしい。
これってやっぱり変ですよね。意味不明。
 

技法紹介

 投稿者:高田  投稿日:2017年 5月26日(金)22時04分11秒
返信・引用
             深層心理技法の紹介です。よろしかったらご覧ください。






  




  
 

/55