teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ブランドセール激安市場スーパーコピーブランド通販(0)
  2. ブランド激安市場広州市場ブランド偽物海外財布(0)
  3. バッグ、アクセサリー、日用雑貨等のブランド品の輸出入業(0)
  4. バッグ、アクセサリー、日用雑貨等のブランド品の輸出入業 (0)
  5. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


(無題)

 投稿者:  投稿日:2017年 3月30日(木)16時06分59秒
返信・引用
  名前 蒼目 狼 (アオメ ロウ)
性別 女
年齢 16歳
容姿 黒髮のロングで制服は黒のジャケットに
        襟に赤いリボン、スカートは赤のチェック
身長 165cm
異能 風を操る
武器 刀と鉄砲
性格 サバサバしていて少し敵対心が強く、
        クールで近づきにくいが
        優しい
 
 

続き

 投稿者:無花果  投稿日:2014年 9月 5日(金)00時27分54秒
返信・引用
  あ、それと↓の奴の追加設定の奴も載せておきやすんで後で見てくだしゃい

http://8223.teacup.com/what/bbs/thread/detail/thread_id/23/thread_num/153

 

俺の設定

 投稿者:無花果  投稿日:2014年 9月 5日(金)00時22分32秒
返信・引用
  くそ長いんでURLで纏めました~。ので、見といてくだしゃい

http://8223.teacup.com/what/bbs/t23/48

 

《チェスゲイマー》

 投稿者:-ゲーム-  投稿日:2013年 9月 8日(日)19時57分2秒
返信・引用
  【名前】
死雲 冬夜 -Touya Sigumo-

【性別】
雄。

【年齢】
18歳

【身長】
184cm

【体重】
65kg

【容姿】
血を連想させる様な紅き眼が特徴。
他は常人と変わらぬ様な顔立ちだが、服装は真っ黒という設定。
他、イメ画参考。

【体質】
~チェスゲイム~
彼の一番好きなゲイムで在るチェス。其れが時期に体質化し、全ての駒に特性が付いた。との事。
其の駒の名前を口に出し乍、魔方陣の様な物を出現させ、其れを己の身に纏ったり、其れ相応の攻撃
手段が出せるとの事。其の駒は如何なる力を以ってしても破壊はされず、永久不滅の駒と成り得る。
其の力に限りは在らず、其の力は力に変換出来る物であれば力と変換され永久に破壊はされない。
又、この効果、特性の改変、消滅等も力と変換されてしまい其の効果でさえも在り得ない物とされる。
形状は通常のチェスの駒であり、肉眼で捉える事も、又普通に遊ぶ事も可能である。
この駒達の効果等で発動される特性等については、ルールとの結びつきが在る為に其れの消滅や改変、
改革や破滅は意味を持たぬ物と成り、動作自体に支障を来たす事は無い。

【歩兵】-ポーン-HOHEI
最前列に位置する一番数の多い駒であり、一番弱い駒だとも例えられる歩兵。其の歩兵は前にしか進めない。
前に、前にとしか進めない其の歩兵は相手の駒を引き付けて、最終的に取られる事しか出来ないとされているのだが──
彼のポーンとは前にでも進める駒だという認識。後戻りの出来る他の駒とは違い、一番進める駒で在り、
一番奥へと向かえる駒であると認識、理解している故に其れと同等の効果を得れる。
-特性-
この駒単体での効果は存在しない。
-武装-
この駒の名称を口に挟んだ時に発動される歩兵-ポーン-の武装。其の武装は戦国の足軽程度では無く、
力の流れを受け流し衝撃を0に迄持って行ける強靭な鎧。そして、破壊されぬ剣を片手に装備出来る。
其の重量等は殆ど存在せず、何も着ていない状態で全力疾走をしているのと同じ程度の走りが出来る。
身軽な其の服装より、突撃を容易とする。然しは異能や体質等の効果には弱いようで、其の場合簡単に
武装は解除される。属性の耐久は超越している。
-禁忌-
この駒は一番奥。つまりは敵陣地の一番奥に到達すれば、キング以外の好きな駒に成り得るとされている。
故に、この駒の禁忌を発動すれば其れと同時に相手の能力関連(体質、異能、スキル、禁忌等)を完全にコピーし
青年の物とする事が可能。其の動作に何かしらの干渉を起こして無効化させたりしようと、この動作がこの
駒の絶対的なルールであり、起こるべき事であるが故に〝完遂〟される。

【戦車】-ルーク-SIRO
右後方、左後方に位置する二つの駒。終盤の詰み手等にも使用され、通常の駒の中では最も価値の高き駒。
其の動きは十字。縦横であれば何処迄も移動出来る。この駒の意味は城や戦車を意味し、防御面でも
攻撃面でも駒の動きは使える物。一番行動が出来る駒でも在るが、斜めの動きは出来ず、不規則変化な
動きは不可である。
-特性-
この駒には特性が存在する。駒単体でしようすれば、其の駒の前方。つまりは彼の前方に魔方陣を発生させ
如何なる万物でも消滅させる事が可能のレーザーを放つ事に特化しております。其の大きさや形。又角度や
向きに限界等は存在せず、どの様な形状でも作り出し、其れを何処にでも発射できる。詰まりは、相手が
このレーザーは相手を追尾する事が可能である。然しはレーザーであろうと鏡等跳ね返しの道具には成らず、
逆に其の鏡という物質を消滅させるという。
-武装-
この駒での武装であるが、城や戦車を意味する為に、強靭な盾となり青年の周囲に出現する。其の盾に防げぬ
物等無。どの様な物であろうと青年を守る盾であり、其の守るべき盾が消失する事は無い。
-禁忌-
キャスリングという動作も可能であり、ルールであるからこそこの動作には何者の介入を許さない。
其のキャスリングというのは何かと何かの位置交換。其の動作に段階は無く、魔方陣が出る事も無い。
故に相手に移動される前兆等も把握される事は無い。というだけの効果。

【騎士】-ナイト-KISI
騎士を意味するこの駒は類稀ぬ其の瞬発力や素早さからチェスの中でも突撃隊長。飛び抜けて動くとされて
いるこの駒は合計で二個存在するらしい。然しは其の瞬発力から逆に追い込まれる事が多々。動ける範囲は広いが、
其の広さ故に囲まれてしまう事が在るらしい。
-特性-
無差別に飛びぬけ。仲間でさえも飛び越す事が出来る唯一の駒。この駒の特性は己の振り回す武器が絶対的に
味方且傷付けたくない物に触れないという特性を付けさせるという特性。無論、其れは心を偽装してアレを傷付けたくないと
嘘を吐いて行動する事が可能。
-武装-
ナイトとは通称騎馬。其の武装という物は、無論刀。更には軽装乍も力に対しての耐久はEX+を軽く超越しているという。
同時に、彼の俊敏さを光速とする事が可能に成るという。
-禁忌-
騎士というのは危険時に颯爽と現れて助けて消え去る様なイメージが在る(筈)だが、其のイメージに最も似合う禁忌特性。
彼の思考した段階に合わせて其れを工程を飛ばして行えるという物。一段階が棒立ち状態であれば、二段階目が抜刀。
三段階目が構え、四段階目が走り、五段階目が切り掛かり、六段階目が切り落としであれば最初の棒立ちという第一段階より
切り落とす第六段階迄一気に飛ばせるという物。其れに工程等必要は無。但し魔法陣の出現もトリガーに成っているので、
其れを見られれば相手はある程度察知は出来ると思われる。

【僧正】-ビショップ-ZOU
斜めに駆け抜ける。将棋で言う角の動きを致しますビショップ。人間斜めからの攻撃には疎い物で、本体も何度か斜めから
の戦略に阻まれて終わる事が多いのですが、まぁ置いておいて。斜めから、という観念により、何かを待ち構える伏兵の様な
役割を果たしてくれるこの駒。彼の扱い方も面白い物で、人間の斜め観念の疎い所より、その戦略が生まれた様に御座います。
-特性-
斜め移動。同時に、敵の駒の進行を防いだり、ピンや伏兵的役割を果たすこの駒は、持って居るのみで全てのジャンルに対しての
干渉が可能に成るという。其れは装飾品で宝具と同じ効果に成るのだが、常時発動型で在る為に、発動を妨害する事は不可能で
在る。同時に、この駒の斜め観点により、その疎い場所よりの攻撃を可能にする。という物で在る。
-武装-
この駒の観点とは全く異なる武器。ハンドガン。其の弾のスピードは音速程度。同時に、装着済みの弾数は約15発程。リロードに
関しては半レスから1レス程。威力はビル一つを貫通する程度。と少々強め。
-禁忌-
詳細不明

【王妃】-クイーン-DAIJIN
詳細不明

【王様】-キング-OUSAMA
詳細不明

[備考]
変更あると思われまする。

1.通常時
2.王様武装
 

どこまでも紅い戦闘狂と、どこまでも蒼い冷酷者。

 投稿者:紅月 鏡  投稿日:2013年 5月16日(木)23時06分1秒
返信・引用
 

アカツキ キョウ/カガミ

『性別』男

 



『身体』身長は182 見た目はイメ画参照。

 



『性格』多重人物故に2種類。温厚で馬鹿なキョウと、認めた者以外には冷酷で残忍なカガミ。以下はキョウの設定。

『種族』純粋な吸血鬼。故に太陽などに当たると身体能力低下、水に触れると痛みが走る。十字架やにんにくなどは特に効果がないようで。

 



『存在』過去は常に強さを求める格闘者。故にそこらへんに居た雑魚吸血鬼などでは歯が立たない存在になった。あくまで吸血鬼の範囲内に留まる強さでは在るが。一時期護る物を見つけた彼は戦闘をあまりしなくなった。それから月日は流れ..今の彼は戦闘にたどたどしい一面が見受けられる。

 



『武器』参之刀。双月―――2本の刀身が紅い刀が1対。三つの刀の中で一番攻撃に特化した武器で在る。吸血鬼とは本来妖であり妖本来の力が在る。この武器は妖力を与えるとそれを食い、使用者に力を還元する。単純に身体能力が上がると考えてもらって問題は無い。

 



『強さ』身体能力的には中の上。化け物と言うには弱く、雑魚と言うには強い程度。

 



『異能』誓約を立てることでそれを絶対に護る。しかし彼はこの力を既に刀三本に使っている為、他のことには利用できない。彼は自分の命が無くならない限り刀に絶対の強度が保つようにしたのである。

 

 





「..僕が君を護るから、絶対に。 おいで、傍に。」

 





「誰よりも、大切な存在だから..一緒に居たいんだ。 ふふ、なんてね。 でも..大切っていうのは本当だよ..? だから、居なくならないでな...?」

 

 

 






カガミ



【身体】身長、198cm 見た目はイメ画参照

 



【性格】認めた者以外には冷酷で残忍。認めた者には寛容で懐の大きな一面を見せたりすることも。

 



【種族】王の血統を受け継いだ吸血鬼。自身が王である資質、資格共に充分で在る。故に王族を見ても敬ったりはしない。王族で在るが故に太陽などは微塵の影響も無い。あるとすれば少し苛立たせる程度か。水も上記に同じで在り、十字架やにんにくなど論外である。唯一吸血鬼に対して有効な武具、銀ですら意味を為さない。

 



【存在】きっかけは些細な事だった。キョウが己の護りたい者を心の底から護りたいと強く願い 手段を選ばなかった。彼はそんなキョウに興味を持って、その魂に入り込んだ。元は肉体が存在しなかったようで。カガミに変わると見た目、肉体 全てがカガミになるらしい。多重人格とはまた別なようで。

 



【武器】十六夜。見た目は紅。黒い柄に刀身は血のように紅く。刀身の長さは自身の身長程で在る、彼はこの長さの刀を自在に振るう。刀にはキョウの時と同じく特性が在り、十六夜の場合は...刀に受けた衝撃、威力を全て刀の中に留め、いつでも任意の方向に吐き出すことが出来る。留められる上限は使用者のカガミですら未だに見たことが無いらしい。上限が存在するのかどうかも曖昧だが。

 

 



【強さ】キョウとは違い完全な王族の吸血鬼で在る彼。其の上に更に天賦の才、そして努力が重なった。身体能力は計り知れない。以前は巨大な建物の場所を移す為に片手で建物ごと持ち上げたと言う逸話も在る。

 



【異能】

封印中。

 



『斬れる者なら斬って見ろ。 【幾多の勇ある人間が挑み、敗れて行った鬼退治。貴様如きに成し遂げられるか?】 』

『さあ、選べよ、 弱者。このまま逃げて全てから解放されるか、俺に立ち向かい自らの意志で全ての理不尽に立ち向かうのか。』

『もういい、黙れよ。お前の声も、存在も、その全てが癇に障る。俺の友人を傷つけ、穢した罪、その命だけでは足りないくらい。もう、戸惑わないさ。二度と奴の前に戻れなくとも構わない。俺の全てを賭して...貴様を討つ。』



上がキョウ、下がカガミのイメージ。
 

『Are you OK?』

 投稿者:淀島 礪臀  投稿日:2013年 5月 6日(月)01時11分30秒
返信・引用
  [設定]
名前・ヨドジマ レシリ
所属・F.D.
身長・171
性別・♂
体重・?
種族・鏡の世界の住人
容姿・輪郭は普通の形をしていて眼は普通の眼。
眼色・青色と赤色のオッドアイ。自身は赤色の方をカラコンで青色の眼色に戻している
年齢・18
性格・自身の人見知りと言う性格のせいでクラスでは孤立を強いられている。話を振られると振り向いたり
性格・相槌を打って話に応じる事は一応出来るらしい。然し、戦闘や血を見ると自我を失って
性格・誰構わず攻撃を仕掛ける。好みの場所は図書室。

[戦闘時]
様子:カラコンを外して自身の紅眼を出現させる。紅眼は視力ならびに動体視力が普通の人間の20倍。
様子:カラコンをしている理由は見えにくくする為だった。戦闘パターンは主に分けると能力攻撃、武器攻撃の
様子:二つである。

武器:刀、刃渡りは1m。切れ味→何でも斬れる
  :銃、普通の銃。初速は秒速320m

能力
[反射設定]
反射を好きに設定して反射をさせる事の出来る能力。
攻撃、異能、能力、身体に対して発動を行う事が出来る


[多重人格]
別の人格がいくつもある能力。人格が変わると違う人間が身体をのっとる。
更に能力も全て変わる。人格は今まで発見された5人。但し"反射設定"は残る

複合される事もある

1人目
無口な人格
能力[移動する切断]
どこでも指定無しに切断をする事の出来る異能。結界人体個体気体液体死体異次元異世界を切断できる。
また、確定された出来事も断ち切る事が出来て非常に便利だとか。
そして、地球の法則を断ち切る事も出来る。

2人目
短気な人格、牛乳は飲まない主義
能力[飛んでいく力]
固体気体液体惑星太陽地球人間異能神天神悪魔能力無効+αに"飛んでいく力"を付ける事が出来る能力
"飛んでいく力"を付けられた者[物]には身の回りの物が飛んでいって圧縮される。
360°からの攻撃。飛んでいく物の重さ、速度、大きさ、移動は自由自在に変換できる。

3人目
意識が無い人格。言葉は"あ゛~"としか言えない
能力[中心&中間]
物を自分と元にあった場所の中間に置いたり,中間で区切ったり中間に移動したり
天井と地面の中間に移動したり。話の中心に入ったり、中心をずらしたり出来る
因みに移動=消える。
攻撃面では敵を中間で区切って腹から上と下に分ける事もできたり
できる謎が多い能力

4人目 残酷な事が好きな性格

[ただの変化]
触れている部分の物質を別の物質へ変える能力
部分指定も出来る。触れている物質が続いているのであればの場合だが。兎に角使えない残念な能力

5人目
[永遠]
絶対的な"永遠"と言う物を使ったり付けたりする事が出来る。
ただし、自分以外の人には付ける事が出来ない[物には出来る]主にこれでする事は、異能殺しを永遠に
発動する事が出来るを付けたりする事が出来る。
自分に永遠の死を与えたり永遠の記憶喪失を与える事も出来る。唯一、厄介な人格

遺伝
[鏡の世界の住人]
鏡の世界へ(一瞬で)移動する事の出来る昔からの遺伝。何時でも何処でも行く事が出来るので
大変便利なのだが、ある掟があり、其れを守らずに移動すると死刑になる。
ある掟は1.拳を握って上に上げる。2.それから胸に当てる 3.前に突き出す の
以上で、これを3秒以内でやらないといけない。途中で間違えたりできなかったりしても死刑になる。

備考
鏡の世界からこっちへ来て住み着いて3年後に多重人格は現れた。
多重人格というのを知ったのが友達の証言だった。それ以来、多重人格にコンプレックスを持っていて
物凄く嫌な気持ちになるらしい。
 

【 不運少女 】

 投稿者:和 葵  投稿日:2013年 5月 6日(月)00時29分46秒
返信・引用
  ――――――――――――――――――――――【悪の美学】――――――――――――――――――――――

【名前】:和 葵  【所属】:F.D.  【性別】:牝
【年齢】:17才  【種族】:人間 【身長】:167.3㎝  【体重】:――――kg
【髪型】:艶の有る黒髪のショートカット 【双眸】:薄く暗い青色をした切れ長で涼しげな一重の眼
【服装】:常に長袖の黒いブレザーと膝より少し上くらいのスカート、その下には胸元までの全身タイツ

――――――――――――――――――――――≪異常≫――――――――――――――――――――――
【装備】
・スカートの裏に小太刀を3本、両太腿のホルダーには装弾数25発のハンドガン
・刀の柄の底と靴の先端に即効性麻痺毒を塗った針を10本

【体質】:『 魔人 』
少女が持つ常時発動の所謂特殊能力であり内容は大きく分けて3つとされている。
1つ目は人体の強制再生であり、ヘイフリック限界を無視した再生を可能とし身体を消し切らなければ意味が無い。
2つ目はあらゆる環境下に対する適応と其処に合わせて活動を可能にするように進化していく進化能力。
3つ目は少女の認識可能不可関らず、戦闘相手は先ず異能を使うことが出来なくなる所謂ブラックボックス
原因は解らないが、発動さえ不可能であり戦闘前から発動していたとしても理由なく其れは消えることと成る。
但し其れが他者に干渉若しくは影響を与えない物で有れば何の問題も無く、至極普通に活動できると言う。


【道具】:『 現人 』
現実に有る性質と耐性等、此の世界での技術を凝縮し、1つに集めたタイツ
また一定条件を満たした場合此の道具は使用者の全身を覆い、周囲の存在総てを自動排除し始める
覆われた部分の内部では特殊な電波とナノマシンが散布され、神経伝達速度や筋肉使用限界を最大化したり
自身の肉、骨を砕き圧縮することで自身の強制形状変化が可能であり核が有る限り身体は再生する。
亦能力の類はほぼ応対的自動発動形式に移行し、自身に対する非物理干渉は総て不浄とされ強制停止する。

【科学】:『水銀』 通称≪流体金属≫

◇【基本】
非使用時は唯の腕輪と成っており、この状態でも一部を除きすべての特質の使役が可能
亦全金属の性質に銜え、この世界では知られぬ異常性を含んでいる非現実の顕現存在である

◇【才能】
之と接続することによって存在が誰しも持つ才能を開花させる

―『身体の暴走』
生体電気に因る限界解放と共に筋肉組織の過剰化、亦流体金属による骨格の強化を用いた確信的身体強化能力。
纏った場合速度は音を越え、無限生成可能なエネルギーに因り理論上では光速移動すら可能。

―『知識の異常』
金属に因り生成される副脳、を用いることで他者に対する知識の過剰化、演算や処理速度の極限化
亦脳の電気信号から思考や記憶を読むなどの行動も可能であり、副次的に反射速度等も過剰化される。

―『進化の系譜』
流体金属と身体を合成することで引き起こす遺伝子内に刻まれたあらゆる可能性を本体のみ引き出す力
其れは他人の体質等もそうだが龍殺し等の逸話や伝説の再現、亦様々な生物の特性を発動させる。

◇【特質】

-『根底構成』
世界に有る秩序や真理等より優先される【事実】を以て形成された≪水銀≫に宿る特質。
先ず水銀を介することで保存、遮断、増幅、変化、吸収、加工、放出と言った技巧を行うことが出来
尚水銀の有る範囲では世界が歪んでいる為因果関係に囚われず結果を示す力と例から外れる力を持つ。
そして【事実】を用いて水銀自体を変化させることで異常性を持った素粒子、暗黒物質の生成が可能
生成された粒子等は水銀の持つ技巧と力の他に対象の再設計、再構築、分解能力を共通して保有する。

【装具】:オリジナルで作成された武装類

―≪ 渓谷の蜘蛛 ≫
大変な強度としなやかさ、及び長さを誇る土蜘蛛の絃。純粋に【捕縛】と言う呪いを持つ。
但し主は其方ではなくこれを展開することに因って発生する【固有世界創造】の魔術であり
展開された場合は数多の土蜘蛛が潜み、深く暗い谷を現界させ、対象と共に閉じ込めると言う。
範囲内では使用者以外の能力値の低下と対象の衰弱と言う呪詛が発生している他、無制限で絃が発生

―≪ 水天宮天叢 ≫
日本国の三種の神器の1つであり、八岐大蛇の尻尾から形成された1m50㎝程の太刀。
川・雲――水と空気を司る神の化身から作られた物だけ有り使用者に液体及び気体の使役能力を付加
柄に手を乗せることで半径1㎞以内に濃霧を発生させることが出来る他霧の発生中は少女の意思次第で
対異常性の粒子を霧の中に散布できる上、蛇を発生させる事が出来ると言う。
天に向ければ雲を操り、地面に突き刺せば水を発生させ其れを自在に操ると言われている。

【弱点】
・日の光、掌の核
 

【 世界最弱 】

 投稿者:高守 幽麻  投稿日:2013年 3月29日(金)21時36分34秒
返信・引用 編集済
  ――――――――――――――――――――――【世界最弱】――――――――――――――――――――――

【名前】:高守 幽麻 / タカモリ ユウマ
【性別】:牡
【年齢】:不詳
【種族】:人間
【所属】:学園高等部第1学年
【髪型】:艶のある黒髪、但し乱雑に伸ばされている。
【双眸】:多色が混じった様な黒色の三白眼、稀に赤色が浮き出ることも。
【服装】:漆黒の長袖スーツに加え、黒のネクタイと黒のネクタイピンを付けている。
     また常に黒い手袋と黒い革靴を使用しており、黒い指輪を右手の中指に付けている。
【身長】:186.7㎝
【体重】:71.8kg
【名状】:一人称→俺、僕 二人称→君、御前、苗字 三人称→彼(彼女)、あの子、

【最弱】
この青年はいつの時から無自覚で何かと置いて自分のことを最弱と形容する。
ただそれは謙遜等ではないらしく、全ては事実に置いて他ならないと言う。
しかし其れを自称する理由は他にもあるらしいが其処は本人に聞かねば解らない

―――――――――――――――――≪以下は異常な世界のお話≫―――――――――――――――――

【装備】
―≪新月≫
左腰に吊下げている刀。外観は1m50㎝程で黒い鞘と柄、鍔で構成されており装飾等は一切ない
其の実、刃は隕石鋼で形成されており密度、重量、強度は通常の金属と非類に為らない一品

―≪鬼灯≫
右腰のホルスターに入れられている自動式拳銃。外観は装飾無し黒一色で構成されている
其の実、装弾数30+1、単射と三点射の切換え、非常に短い連射サイクルを持つ独自科学の結晶体

―≪五月雨≫
衣服の裾や縫い目、また靴の先端等に仕込まれている多種多様の黒い鉄針と其の射出機構
其の実、見えない程細い物や極々短い物が有り中でも一部には即効性の麻痺毒が塗布されている。

【道具】:≪ 悪戯な我が世 ≫
世界を一旦白紙化し、再形成する力を内包した黒い指輪。
其の場に有る能力の効果や状態などを一旦全て強制リセット、叉周囲の空間を白く塗潰し無効化する効力
その後青年の意思によって其の範囲が再形成される他、可能性が交わることで異常を引き越す。

【体質】:≪ 進化の可能性 ≫
青年と言う存在に宿る異常性であり体質と言う常時発動の存在。
内容は簡単に分けて二つであり、あらゆる可能性の保持と自律しての進化である。
前者は現実とは違う、あらゆる可能性を自身及び自身の保有物と成った物に発現させる性質。
後者は自身が困難に直面した時に反射的に尚且つ必要に応じて自身を進化させ発展させていく特質。

【応用】
―≪特異的進化≫
常に進化し続ける事の中に芽生えた特異性の一つであり、対象を一例として其処から外れると言う
別ベクトルの進化、或いはそれを超えると言う超越的進化を行うことで対象外化すると言う物。
一例とすれば無効化能力と衝突しようとも無効化能力の対象外、若しくは通用しない例外と成る。

【異常】:≪ 化け物 ≫
上に記入してある異常性の3つを併用することにより発動する特殊因子、其れが原因で起る青年の変化。
先ず衣服と皮膚が同化し、通常の皮膚も黒い装甲化し是より起される事象総てが不可逆の元の成る。
亦状況に応じて背から翼が生え、尻には尻尾、各部に針の様な皮膚の隆起装甲、額からは角等が発生する事もある。
またこういう状態故に≪事実≫と≪戦術兵装≫と言う能力の応用が発動可能と成る。

【応用】:≪ 事実 ≫ 及び ≪ 戦術兵装 ≫
≪ 事実 ≫は通常の現実と異能が絡んだ非日常的現実の両者共の例外に位置する地点顕現し、
その上で青年が持つ可能性を発動させることで異能≪理論≫を無視した可能性を顕現、適応する力。
≪ 戦術兵装 ≫は青年の身体を兵装と見立て、可能性と進化を複合して使用する事で形状を変化させ
必要に応じて切断や破壊、貫通と言った現象を半強制的に引き起こさせる戦闘技術の結晶体。

【遍歴】
一種の化け物と化していた青年も、とある学園の事件に巻き込まれることで一変人間へと成った現状
感性等は発達を始めたが未だ不安定であり、味覚等も普通には成りつつある、外見に似合わず子供じみている。
 

(無題)

 投稿者:デリット・ファブロ  投稿日:2013年 3月24日(日)23時25分52秒
返信・引用 編集済
  名前 delitto・fabbro(デリット・ファブロ

性別 女
年齢 18
容姿 イメ画参照 168cm

武器 自分が作った武器群
   ビームサーベル、任意爆破可能グレネードランチャー、ホーミングレーザーガン
   など真面目なものからお遊びまで広い

能力 Sé la regola
   自分が気に食わない、異能、魔法、理を力ずくで壊す。
   自分に力ずくで壊すための力を付与する。
   万能ではないが正面切って戦わない限りかなり有効。

     Noncuranza
    相手による全てを無視する。
   痛みも音も光も相手がおこす何もかもを無視する
    ダメージはあるが目的を達するまで無視する
     また目的が達成できない状態にはならない

性格 雑、荒っぽい、めんどくさがりと基本ダメな人
   メカニックとしての腕は超一流、天才と何かは裏と表とはこの事
 

フィーニス・インサニアについて

 投稿者:『インサニア』  投稿日:2013年 3月24日(日)22時55分0秒
返信・引用 編集済
  名前:フィーニス・インサニア

容姿:身体は夏河紗銀のものを丸パクリしている為、実際の年齢や身長、性別は不明。

情報:紗銀の取り込んだ力から性格を、紗銀自身から容姿をコピーした謎の存在。
その正体は夏河紗銀に宿る『狂気』であり、フィーニス自身に本体は無い。強いて言うならば『狂気』と呼ばれる大きな一つ、それが本体であり、フィーニスはその中の一である。
ちなみに性格もコピーしたものを基準としているが、根元にはきちんと『狂気』がある。つまり性悪。

立ち位置としては紗銀、歪観に続く三人目の人格であり、普段は力を貸す程度であまり表には出てこない。
のだが、今回は紗銀と歪観が諸事情で留守にしており、その間の紗銀及び歪観代理として出て来た。らしい。

『チート身体能力』
紗銀や歪観の持つ身体をコピーした事で擬似的なチート身体能力が再現されたもの。

『現実権限』
現実を捻じ曲げる能力。フィーニス特有の『狂気』としての力。

『大罪の管理者』
七つの属性を司る能力。

『傲慢』
属性は炎。

『嫉妬』
属性は風。

『憤怒』
属性は金。

『怠惰』
属性は雷。

『強欲』
属性は影。

『暴食』
属性は水。

『色欲』
属性は光。

『歪めて縊れ』
詳細不明。

『沈めて捻れ』
詳細不明。

『愚かならば全てを壊せ』
詳細不明。

『賢いならば全てを殺せ』
詳細不明。

『考えなくていい、僕が与えよう』
詳細不明。

『これが僕だ(アンチ・ヒーロー)』
詳細不明。
 

レンタル掲示板
/7