teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


こんばんは

 投稿者:たまりん☆  投稿日:2016年12月13日(火)17時41分48秒
   佳代ちゃん、みなさん、こんにちは。

 東山動物園が鳥の病気のせいで一時休園になったらしい。
 来年は鳥年(酉年)のようで、今、スーパーで、鏡餅に鳥、ヒヨコ、のフィギュアがのってるのを売っている。
 つい手が出そうになったが…「ほしがっているのは誰?」と自問して
思いとどまった。

 頑張りすぎて疲れちゃった(もう頑張れない)って感じかな?

 佳代ちゃんの周囲の人たちが善意だと思うけど
いろいろ言ってきたことは、おそらくまだ佳代ちゃんの心に
住み込んでいると思います。

 チェックして、自信喪失の原因になりそうな言葉(信念、思考など)は
ゴミに出してよいと思います。空間が広がってスッキリすると
(そのままで大丈夫という安心感を豊かにしてくれる)新しい言葉を取り込めるニャン。

 佳代ちゃんの今までの頑張りの物語(生育歴)、思考というか記憶は、それはそれとして、
佳代ちゃん(の存在)とは別物だよね?

 体は動けるほうが便利だけれど、心は時々、止まれる(静止できる)といいですね。






 
 

私は

 投稿者:佳代ちゃん  投稿日:2016年12月13日(火)08時24分0秒
  小学校、中学と苛められていてみんなと同じように動けないので障害児なのだなって分かっていました。親は「頑張ればみんなと同じようにできる」というのですが出来るのは勉強だけで成績が良いと親に褒められるので頑張って勉強していました。
高校はいじめられるのが嫌で私立の女子高に入れてもらいはじめて虐めの無い学校生活を送れて勉強も頑張って常にトップクラスに入っていました。体育などは動けないけど審判役とかできることをやらせてくれて成績もまあまあでした。
精神病になったのは結婚して息子にてんかんが見つかってからです。逐一育て方に文句を言われて自信喪失して自殺未遂をしていました。
 

おはよう

 投稿者:たまりん☆  投稿日:2016年12月12日(月)09時29分3秒
   佳代ちゃん、みなさん、こんにちは。
 霜焼け注意ですね(^^)

>> 身体障碍者で精神病の私に

 言葉はレッテル、概念ですから、実体はないです。

 佳代ちゃんの存在自体は
そういう言葉や概念(説明、思考)では置き換えられないし、

 他者とは比較できないほど尊いということでしょうね。

 佳代ちゃんの心に
子どもの頃から身体障碍者や病気は良くない、価値がない…
というイメージ、条件付け、判断を刷り込んだ人たちがいたという
ことかな? そういう所謂、(現実とは異なった)
取り付いた思考(基準)が佳代ちゃんを苦しめている感じ?

 そういうのは、元々はなかったとしたら…






 
 

親友のすごさ

 投稿者:佳代ちゃん  投稿日:2016年12月11日(日)08時38分47秒
  たまりんさん、親友のすごさに気づいてくださりありがとうございます。
身体障碍者で精神病の私に他の友達と比較することなく接してくれるのだから凄いですよね。
私にはこの親友だけしか友達はいないけど1人いれば充分です。
 

佳代ちゃんは佳代ちゃんです…

 投稿者:たまりん☆  投稿日:2016年12月10日(土)19時01分16秒
   佳代ちゃん、みなさん、こんにちは。
 きょうは寒くなりそうです。

>> 親友は私の病気を知っているけど「佳代ちゃんは佳代ちゃんでしょ」と言ってくれて普通に接してくれます。

 素晴らしいと思います。

 たまりん☆も、
相手の外見や生育歴や物語や能力、性格、優劣など、目に見える(比較できる、変化してしまう)ことも
それなりに大切だけど、
 その背後にある、不変の(大きな)いのちそのもの…を直感的に感じながら
人と接することが大切だな…と意識しています。

 いのちそのものとは、
向上させるとか、努力するとかを超えて、
そこにある(ずっとそこにいつもあった)…その暖かさや静けさに気づけさえすれば、
もうそれだけで大丈夫の世界だよね?

 大切なものは目に見えない(星の王子さまの言葉)
 大切なものは説明もできない…

 自分を説明(証明)しよう、もっとこうなろう、何とかしよう…というのが小さい頃からの
習性になってしまったたまりん☆。静止することが課題ニャン。すると、
見えない存在に生かされていると気づけるかも…





 

こんにちは

 投稿者:佳代ちゃん  投稿日:2016年12月10日(土)09時17分34秒
  たまりんさん、HPが無くなって寂しいですがこの掲示板だけでも残ってくれて私は嬉しいです。今、携帯で親友と妹とメールをしています。親友は私の病気を知っているけど「佳代ちゃんは佳代ちゃんでしょ」と言ってくれて普通に接してくれます。お互い家庭を持ち、子供も1人いるので同じような悩みもあって一緒に悩んだり楽しいときは笑いあったりしています。高校時代からの付き合いですので16歳から50歳まで付き合っていますし今後も続くと思います。友達は少ないですが親友が一人いれば寂しくないです。  

HPがなくなった…

 投稿者:たまりん☆  投稿日:2016年12月 3日(土)10時10分14秒
   佳代ちゃん、みなさん、こんにちは。

 最近になってホームページがなくなりました。
 移転(引っ越し)するように会社からはおすすめをいただいたのですが、
昔の文章は今の自分とは隔たりがあるので、そのまま消失させることにしました。

 ホームページを転送するソフトもパソコンの関係で使えなくなってしまったし、
かつてはあんなに膨大な文章をよく書いたな…と今では思います。
 大切なことは目に見えない…というか、大切なことは文章ではなかなか伝わらないし、
(返って)誤解を生じるかもしれません。






 

私に父は

 投稿者:佳代ちゃん  投稿日:2016年12月 1日(木)02時13分54秒
  とにかく健常者と同じように動けるようにと特訓したんです。学生時代は
成績が良いと喜んでくれるので必死で勉強して常にトップクラスにいました。
社会に出て難しくなり結婚は25歳にしたけど同居時代は姑さんにうるさく言われて自信を失いました。
父は認知症を患い、施設に入っています。
 

寒くなりました…

 投稿者:たまりん☆  投稿日:2016年11月29日(火)09時20分56秒
編集済
   佳代ちゃん、みなさん、こんにちは。
 お書き込みからいつも、良い人、佳代ちゃんが伝わってきます。
 ありがとうございます。

 思い出した。「風と共に去りぬ」のスカーレットは、
人(周囲)の思惑なんて気にしない、自分は自分らしく生きてゆきたい…って感じの女性らしいです。
 そういう強気のスカーレットも、背が高く、髭をはやした、やや荒っぽいレット・バトラーは怖いようです。
 レット・バトラーは、悪漢風で怖い人だったけど、いざという時は頼りになったのであった。
 怖いって感情は自分を危険から守ってくれるってあるよね。
 ともあれ、どんな感情も(もし)それらを感じることができれば、感情自体に善悪はないそうです。

 近くに居れば気になるし、居ないと(どうしているか)心配になってくるし、
どっちにせよ問題は付いて回るけれど、
問題があるから生きていることを感じられる(生きてゆける)って面もあるかな?

 息子さんの荒っぽさ(いつもニヤニヤしている女性的な息子さんでも困るよね)から引き出される怖さは
厳しいお父さんの前で子どもの頃に味わった怖さと同じ怖さかな?
 お父さんは厳しかったけど、佳代ちゃんに厳しく指導すれば佳代ちゃんが立派に育つと
思っていたんだと思います。それが裏目に出たわけだけど…逆にあんまり過保護に甘やかされていても
問題が生じたかもしれないし…両極端にならないちょうど良い加減ってむつかしいのだ。

 純粋な感情(心の運動)は個人的なものじゃなく、
ただ感情がある…って感じで、その都度に
(思考しないで)観察していられると多少はラクになれるコツらしいです。
 私はまだよくわかりませんが…
 もちろん、(感情でなく)見ている(いるも変わらぬ)意識のほうが佳代ちゃんの実体です。

 怖さや嬉しい、ワクワク、安心のような感情(反応)って、
思考や命名(言葉の当てはめ)をしないで、ただ
感じられること自体に意味がある…どんな感情も生まれたり消えたりしている…

 そういう中でいつか、思考や感情とは別の自分の存在に気づくかもしれない。
 それでいいんだよね?
 佳代ちゃんは(もし家庭が自由な雰囲気だったとしたら)
小さい頃に(本当は)何が(どう過ご)したかったのかな?
 

(無題)

 投稿者:佳代ちゃん  投稿日:2016年11月29日(火)02時43分44秒
  いい子を演じてきました。今でもそれは変わりません。
ただ、若いころは厳格な父が怖くて犯行なんてできなかったけど認知症になり、柔和な人になったそうです。
私はずっとあっていないのでわかりませんがまたの機会に会いに行きたいです。。
 

昨日も

 投稿者:佳代ちゃん  投稿日:2016年11月29日(火)02時35分27秒
  私は2階の自分の部屋でテレビを見ていて営業の人が来られても気づかず、息子が「営業の人がきてるぞ」と叱り飛ばすような言い方で言われて怖かったです。
私は自分で反抗期を経験していないので余計に怖いのかもしれません。
私は反抗なんてしたら生きていけないと思っていていい子
 

寒くなった…

 投稿者:たまりん☆  投稿日:2016年11月28日(月)09時55分47秒
   佳代ちゃん、みなさん、こんにちは。
 お書き込み、ありがとうございます。

>> 息子も大人になれば威圧感を感じることはなくなるかしら?と思います。

 変化はあるでしょうね…(^^)
 感じ方、考え方を含めて、何事もいつまでも同じということはないです。

 息子さんが赤ちゃんの頃は佳代ちゃんの心に威圧感というか、
そういうエネルギーの動きは感じられなかったんじゃないかな?

 威圧感というか、存在感というか、頼もしさというか、表現はともあれ、
何らかの心の動きの発生、増大、減少、変化、消滅などを
(佳代ちゃんの心の中に)あるがままに逐一、観察されていることが素晴らしいと思います。



 
 

当直

 投稿者:佳代ちゃん  投稿日:2016年11月28日(月)05時29分8秒
  今夜は息子が当直なので夕方から出勤します。それまでは家にいるので気を使いますが、出勤したら1人だし、2時間後には主人が帰ってきます。夫婦だけで夕食なので嬉しいです。  

息子は

 投稿者:佳代ちゃん  投稿日:2016年11月27日(日)09時36分32秒
  10歳のころから反抗的になり、いま25歳で反抗は収まりましたが言葉遣いが荒いのでちょっと怖いです。でも成長するうえで必要な時期だと思うのでなるべく普通に接しています。
身長が180㌢近くあり、私は156㌢なので威圧感もありますが、主人も180㌢ですが威圧感は無いので息子も大人になれば威圧感を感じることはなくなるかしら?と思います。
先生に「よくやってるね」と言われたり、主人に「よくやってくれてありがとう」と言われたりすると嬉しいので「また頑張ろう」という気になります。時には体調が悪くて動けない時もあるのですが無理はせずに動けるときに動いていると主人も辛いときには「辛いときは無理するな」と言ってくれます。
たまりんさんが聞いてくれるのも嬉しいです。ありがとうございます。
 

きちんとされている…

 投稿者:たまりん☆  投稿日:2016年11月26日(土)08時51分31秒
編集済
   佳代ちゃん、みなさん、こんにちは。
 佳代ちゃんの日々のご報告から教えや元気をいただけて感謝です。

 お医者さんの「よくやってるね」というお言葉を
心に素直に受け止めて(その言葉を)大切にされている佳代ちゃんはすごいと思います。
(褒め言葉を受け取ることに抵抗したり、すぐに忘れちゃう人もいます(^^;)
 よくやろうとされている(ずっとそうされてきた)とたまりん☆も感じました。

>> 夕食は息子と2人でおでんを食べます。息子とはうまくいかないので不安です。

 息子さんのその時々の言動は気になりま(心が動く)すよね?
 関係をより良くできたいいいな…と願っておられることが素晴らしいですし、
大切な息子さんへの佳代ちゃんの愛情が伝わってきます。
 男の子は、一般論ですが、愛想がないというか、無口というか、気持ちや感謝を
表情や言葉で相手に伝えることがうまくできないのかもしれません。
 反抗的になるのは自立しようということで、一種の成長なのかも…

 心の中で(水の流れや生じる泡のように)絶えず通り過ぎてゆく不安や心配、
失望や傷つきや様々な思いや願望や喜びなどが…何もないところに生じては消えてゆく、
そのあたりを観察できるようになると、それもまた楽しみになるかもしれません。



 
 

送別会

 投稿者:佳代ちゃん  投稿日:2016年11月26日(土)08時35分55秒
  主人が今夜は会社の人が退職するので送別会があるそうです。
帰りを待とうか?と聞くと「待たずに寝てくれたらいいよ」と言われて抱きしめてくれました。
いつも朝と夜に抱きしめてくれているので朝のうちに2回抱きしめてくれました。嬉しいです。
夕食は息子と2人でおでんを食べます。息子とはうまくいかないので不安です。
 

病院では

 投稿者:佳代ちゃん  投稿日:2016年11月25日(金)05時47分18秒
  話しもよく聞いてくれて私が必死に毎日を過ご
してるのを「よくやってるね」と言ってくれます。
薬もいろいろ飲んでいるけど睡眠薬の精神安定剤が少し減らされました。でもいつも通りに眠れました。良かったです。
 

刷り込みはなかなか変わらないね…

 投稿者:たまりん☆  投稿日:2016年11月23日(水)21時49分42秒
編集済
   佳代ちゃん、みなさん、こんにちは。
 お辛い中、わかりやすい文章をありがとうございます。

 いろいろな刷り込み(頭の中の声、固定的な思考)に支配されるのではなく、
それらの延々と繰り返す古い刷り込みを観察されている佳代ちゃんが伝わってきます。

 頭の中の声は強力なのでなかなか思うようにコントロールできませんよね?
 私はできませんので、あるがままでいいや…と思っています。

 明日病院に行かれるそうですが、
何か佳代ちゃんにアドバイスをしてくださるのかな。話を聴いてお薬を処方してくださるのかな?



 

子供時代に

 投稿者:佳代ちゃん  投稿日:2016年11月23日(水)11時21分8秒
  私は子供時代に健常児の学校に入学して苛められていても何も出来ずにただ「頑張ればみんなと同じようにできるから」と親に言われ健常児と同じように出来るという刷り込みがなされて、社会人になり今までのようには行かなくなり障碍者の就職に必要な訓練を受けて就職するけど毎日残業が続き、朝になって歩くのにふらついていて「もういい。やめろ」と言われやめたり、障碍者の作業所に通ったり色々紆余曲折があり、主人と出会い、結婚、妊娠、出産と育児で色々意地悪を言われ、自信喪失して主人は休みには一緒に過ごしてくれるけど姑さんのいうことを私が辛いというと「親の悪口は言うな」と言われ辛かったです。でも家を建てて別居して母親として自信を取り戻させてほしいと私の親が言ってくると主人は「分かりました」と言って家を建てました。家を建ててすぐに息子がけいれんを起こし、病院に連れて行くと「てんかんかもしれないから脳波検査を受けるように」と言われ、連れて行き、結果はてんかんでした。私もてんかんがあるから「私のせいだわ」と泣き崩れると「違いますよ。」と言い、慰めてくれるけど涙は止まらず、主人が「親に僕が話すから」と言われ隣の部屋で聞いていると「母親が母親だからねえ。可愛そうに」と言われ「もう無理だ。死ぬしかない」と思い鞄1つもって歩いていると主人が追いかけてきて「親子で新居に帰ろうな」と言われ、帰ったけど突然流れる涙をどうすることも出来ず辛かったです。今は息子も25歳。老人ホームで働いています。てんかんは脳波がまだ少し乱れているそうで服薬していますがそれ以外は健康そのものです。
私も明日病院に行くのですが薬を1つ減らすと言われています。
私の場合は「頑張れば健常者のようにできる」という刷り込みが心の中にあって障碍者の自分を受け止められず適応障害になったのだろうと思います。
 

二人の私…

 投稿者:たまりん☆  投稿日:2016年11月23日(水)08時05分44秒
   佳代ちゃん、みなさん、こんにちは。
 きょうもお辛いですか。

 たまりん☆も一時期ですが、頭の声に苦しめられていたことがあります。
 頭の中の声は、定期的に突然やってきて(心の中で強く起こってきて)
これをしろ、あれをしろ(あれがしたい)と促すのですが、
その要求、願望が実現困難なのでした。葛藤というか、
しようとしても、完全に、もう一人の願い(頭の声のほうの私?)を納得(満足)させることは
できないようでした。頭の声は子どもの私のようで、状況(時の流れ)を総合的に
(大人のように、理性的に)理解することができないようでした。

 頭の声にできるだけ気づいて、それを聞き流すようにするのも
当時は大変でした。声のほうが強すぎた(声と自分が一体化していた)のかもしれません。

 たまりん☆も適応障害だったのかなあ?

 
 

レンタル掲示板
/94