teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


10月14日連絡事項

 投稿者:大谷耕平  投稿日:2017年10月16日(月)14時34分52秒
返信・引用
  ●今日は、次の曲を練習しました。
 〇花は咲く(無伴奏男声合唱のための)(本日楽譜配付)
 〇多田武彦/組曲「雨」からⅥ.雨

●渉内が、セカンドテナーの後藤さんからバリトンの和田さんに変わりました。(岡崎さんは変わりません)

●次回練習は、10月21日(土)13:30からルーテル教会です。新しい楽譜が配付される予定です。なお、愛唱歌集を持参ください。

 
 

<一筆投稿その8> オペラ『魔笛』にでてきました。

 投稿者:baritono /y  投稿日:2017年 8月30日(水)20時06分29秒
返信・引用
    去る8月20日(日)市民会館小ホールにて、和歌山市民オペラ協会第22回定期公演、モーツァルトのオペラ『魔笛』に合唱の一員(僧侶役)として出演してきた。「ほえーる」からは、ワタクシ以外にbaritonoのKmさん・Wさん、basso:Krさんの4名が参加。

  演出は岩田達宗さん。ワタクシはまったく知らなかったのですが、この方、現在人気沸騰中で“行列ができる演出家”と言われているそうな。岩田さんの指導に接してみて、演技指導はもちろん作品の背景や本質的なところまで熱っぽくかつわかりやすく教えていただき、その“行列ができる”たる所以の凄さを実感させられた。特にソリストの方にはかなりの厳しい指導があり、ワタシたち合唱メンバー全員その緊張にビンビンした次第だ。

『魔笛』について、どうのこうのと言うつもりはないが、パパゲーノ役の晴 雅彦さん(大阪音楽大学教授)、声はいいし、芝居は上手だし、この方の歌と演技を見るだけでも値打ちがあると思わせるほど、エンターテイナーが板についていた。それもそのはず、パパゲーノ役でドイツデビューしてから何回となく同役をこなしているとのことだ。それから、夜の女王役をされたお馴染みの久保美雪さん、「いょっ!コロラトゥーラっ!」と思わず口に出てしまいそうなほど抜群の存在感を客席の隅から隅まで発散していた。いやはや貫禄、貫禄。

  ハナシは変わるが、2幕第20場、和訳で「おおイシスとオシリスの神よ、なんという喜び!」という歌詞で始まる『神官たちの合唱』がある。これは男声合唱でなんとも良い。歌っていて胸にグッと来る。どうだろう。「ほえーる」の定演で取り上げてみては如何か。もし取り上げるとすれば、オペラの男声合唱曲を集めたステージを設けてみるのも面白いと思うが。この手の歌は、歌っていて気持ちがいいし、聴き手も耳にしているメロディなので喜んでもらえること請け合いだ。ちなみに、以下の曲がワタクシのお勧め。

・ワーグナー『タンホイザー』より「巡礼の合唱」
・ヴェルディ『ナブッコ』より「行け、わが思いよ、金色の翼に乗って」
・ヴェルディ『アイーダ』より「凱旋の合唱」
・ヴェルディ『トロヴァト‐レ』より「鍛冶屋の合唱」
・ヴェルディ『ドン・カルロ』より「民衆と僧侶たちの合唱」
・ウェーバー『魔弾の射手』より「狩人の合唱」
・モーツァルト『魔笛』より「神官たちの合唱」

  話があっちこっちと飛んで申し訳ないが、練習はどうだった、と言うと、8月に入ってから本番の20日までお休みは3日だけでかなりきつかったが、何と言っても、歌詞がドイツ語なので、「ほえーる」でもそうだが、暗譜がなかなかできず、これが一番しんどかった。ハイ。
  それから、オペラの場合は、合唱要員といってもそれなりの動きとフリをしなくちゃならないので、若干以上の戸惑いがあり、結構おもしろくもあり、そこそこ癖になりそう、になる。
  それにしても、Wさん、なかなかの役者。恐れ入る。その役者ぶりはつぎのURL(「わかやま新報」の記事)をご覧になれば納得すること間違いなし。
http://www.wakayamashimpo.co.jp/2017/08/20170821_71929.html

  で、参加してどうだった、聞かれた場合「お蔭さまで、しんどくて、面倒臭くて、楽しくて、充実したひとときを過ごすことができました」と答えることにする。  ≪完≫



 

8月19日連絡事項

 投稿者:大谷耕平  投稿日:2017年 8月19日(土)19時59分46秒
返信・引用 編集済
  ●今日は、第13回演奏会曲目すべて練習しました。

●次回は「わがふるき日のうた」他を練習します。(26日(土)13:30~16:30音楽文化堂)

●9月10日(日)13:30~17:30 ルーテル教会で、特別練習を行います。

●次回練習26日(土)、楽しい歌声の会「懇親会」会費2,500円を集金します。(申込者のみ)

●練習欠席の際は、必ずパートマネージャーに連絡してください。

●和歌山大学付属小中学校駐車場利用(ほえーる練習時)について
 ・知らない人が利用しているとの声が大学に寄せられたとのことです。
 ・遠慮しながら使用してください。
 ・大学では、門に、鍵(文字合わせ錠)を付けることを検討中とのことです。
 ・鍵が付いたときは、番号を教えてくださいと大学にお願いしています。番号が分かったら、パートマネージャーに連絡します。
 

甃のうへ

 投稿者:T2輪嶋  投稿日:2017年 6月11日(日)20時47分18秒
返信・引用 編集済
  「甃のうへ」をモチーフに、輪嶋が知り合いの画家に依頼して描いてもらいました。
詩と解釈を渡し、演奏も聴いてもらいました。

歌うときは曲のイメージを持つことが大切です。
この絵はあくまでも輪嶋のイメージであって、皆さんそれぞれにイメージをお持ちのことと存じますが、参考にしていただければとアップします。
 

6/10練習日誌

 投稿者:T2輪嶋  投稿日:2017年 6月10日(土)22時51分13秒
返信・引用
  楽譜を見ないことのメリットは、聴くことに集中できることです。


わがふるき日のうた 1番~6番までを練習しました。
●甃のうへ
・トップ 3~4小節 流れに乗って歌ってください。
     7小節   裏拍を精確にお願いします。

・10小節の最後はセカンドが8分音符を歌っています。それを聴いてタイミングを合わせて次の小節を揃えましょう。

・「ひさしひさしにふうたくの」は、言葉を読みましょう。タテを揃えましょう。

●湖水
・言葉を大事にしようとし過ぎて、力んでしまっています。楽に、語るようにお願いします。
・2ページ目のmeno mosso と piu mosso の違いを明確に、piu mosso をもっと大胆にテンポ変えましょう。
・29小節 トップ 「だれかがーそれを」はガツンッと明瞭に入ってください。

●アンファンスフィニ
・「oo」のパートは、音の変わり目をはっきりさせてください。硬めに歌いましょう。
・22小節 piu mosso はもっと前向きにお願いします。

●木兎
・5小節 トップ 「ききなれた」の入りが遅れています。ツッコミ気味にお願いします。
・10小節トップ 「わたしはみやこにかえってきたのだ」の入りは、直前のバリトンから引き継いで。
・言葉を意識しすぎていて、声が小さくなってしまっています。声を出したうえでの言葉の意識をお願いします。

●郷愁
・クリニックを受けただけあって、いい出来栄えです。

●鐘鳴りぬ
・聴く音楽をしましょう。全体を聴く、音色、リズム、バランス、キメの音などの要所要所で。
・フォルテが弱い。もっとフォルテが欲しいですね。

〇愛唱曲 「希望の島」

〇次回練習曲
・「雪はふる」を含めて、「わがふるき日のうた」全曲
・Love
6月中は「わがふるき日のうた」を中心に。


 

伊藤先生のレッスン

 投稿者:T2輪嶋  投稿日:2017年 5月29日(月)22時14分24秒
返信・引用
  輪嶋がメモした内容です。
1.「蝶のような」の「な」を小さく。
2.語頭の「ア」と語尾の「ア」は違う。
3.9小節からは、テイストを変えるp。楽譜通りにmpとpの差をつけた方が良い。
4.17小節からの詩「わたしはかべに~」は、決して急いだ様子ではない。ゆったりとした心の動き。
5.34小節 「遠い海よ」 シンコペーションでは2つ目の音が大きくなりがちだが、語頭が大事。
6.この曲は語尾に長い音が来ている。それには意味があり、語尾に余韻を持たせている。
  語尾ははっきり発音しなくても、言葉は伝わる。
7.38小節「したためる」の「し」をテヌート気味に歌うとうまくいくことが多い。
8.語頭と語尾を極端に歌い分けましょう。
9.68小節からのアクセント 小節の頭で大きくならないこと。語頭を大きく。
10.「ウ」の母音を揃えましょう。時間をかけて。
11.第一音節と第二音節の高低差を意識しましょう。
12.拍節で歌ってしまわないように。
 

伊東恵司先生合唱祭の講評

 投稿者:T2輪嶋  投稿日:2017年 5月28日(日)21時05分0秒
返信・引用
  ブラボー♪♪
短時間に指摘したことを全て実現されていました。♪♪
言葉の頭をていねいに 語尾や助詞をコンパクトに
語尾や助詞が強拍にくるときは要注意です

鐘鳴りぬもすばらしかったです♪♪
五十嵐君に再会できて大変嬉しいです
ぜひがんばって下さい♪
男声合唱は良いですね♪ 応援してます
 

5/27練習日誌

 投稿者:T2輪嶋  投稿日:2017年 5月27日(土)17時26分30秒
返信・引用
  中村裕先生の練習
●菩提樹
●野ばら  クレッシェンドは良い。ディミニエンドをちゃんとやりましょう。
●ローレライ  あとは歌い込みですね。


わがふるき日のうた
●アンファンスフィニ
    階名で音の確認をしました。
    ソロに入ってもらって練習
●郷愁
    41小節は、バリトンを男前にしてやって下さい。
●雪はふる
   7小節トップ C#の音が低く聞こえます。
   31小節ベース系  D#の音を意識して歌いましょう。
   35小節 最後の音は音価通りしっかり伸ばして。
●LOVEを一回通しました
   瀬戸の花嫁  初っ端のトップの入りがバラツキました。
●鐘成りぬ
   5小節のベースは、もっと畳み込むようにお願いします。(指導後は、出来ていたと思います。)
   8小節は、全音符ですが、全音符以上歌うつもりで。
   最後のハーモニーは、2回とも綺麗にハモっていました。
●希望の島
 

ハンドサイン

 投稿者:五十嵐  投稿日:2017年 5月25日(木)03時22分55秒
返信・引用
  セカンドのパート練習、実施ありがとうございました。

ハンドサインは、今後、ウォーミングアップの場面で多用します。
また、アンサンブルの練習でも、音程・ピッチ・和声についてふれるときに
使っていきます。
 

パート練習報告

 投稿者:T2輪嶋  投稿日:2017年 5月24日(水)22時08分35秒
返信・引用
  ●リズム練習をしました。(「どうにもとまらない」のリズム練習)
●ハンドサインのドミソだけやりました。
●合唱祭の二曲を練習しました。思いを込めて歌うと、説得力が増しました。
●ドイツ語の「子守歌」「学生歌」「ローレライ」の音を確認しました。
 

レンタル掲示板
/51