teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


甃のうへ

 投稿者:T2輪嶋  投稿日:2017年 6月11日(日)20時47分18秒
返信・引用 編集済
  「甃のうへ」をモチーフに、輪嶋が知り合いの画家に依頼して描いてもらいました。
詩と解釈を渡し、演奏も聴いてもらいました。

歌うときは曲のイメージを持つことが大切です。
この絵はあくまでも輪嶋のイメージであって、皆さんそれぞれにイメージをお持ちのことと存じますが、参考にしていただければとアップします。
 
 

6/10練習日誌

 投稿者:T2輪嶋  投稿日:2017年 6月10日(土)22時51分13秒
返信・引用
  楽譜を見ないことのメリットは、聴くことに集中できることです。


わがふるき日のうた 1番~6番までを練習しました。
●甃のうへ
・トップ 3~4小節 流れに乗って歌ってください。
     7小節   裏拍を精確にお願いします。

・10小節の最後はセカンドが8分音符を歌っています。それを聴いてタイミングを合わせて次の小節を揃えましょう。

・「ひさしひさしにふうたくの」は、言葉を読みましょう。タテを揃えましょう。

●湖水
・言葉を大事にしようとし過ぎて、力んでしまっています。楽に、語るようにお願いします。
・2ページ目のmeno mosso と piu mosso の違いを明確に、piu mosso をもっと大胆にテンポ変えましょう。
・29小節 トップ 「だれかがーそれを」はガツンッと明瞭に入ってください。

●アンファンスフィニ
・「oo」のパートは、音の変わり目をはっきりさせてください。硬めに歌いましょう。
・22小節 piu mosso はもっと前向きにお願いします。

●木兎
・5小節 トップ 「ききなれた」の入りが遅れています。ツッコミ気味にお願いします。
・10小節トップ 「わたしはみやこにかえってきたのだ」の入りは、直前のバリトンから引き継いで。
・言葉を意識しすぎていて、声が小さくなってしまっています。声を出したうえでの言葉の意識をお願いします。

●郷愁
・クリニックを受けただけあって、いい出来栄えです。

●鐘鳴りぬ
・聴く音楽をしましょう。全体を聴く、音色、リズム、バランス、キメの音などの要所要所で。
・フォルテが弱い。もっとフォルテが欲しいですね。

〇愛唱曲 「希望の島」

〇次回練習曲
・「雪はふる」を含めて、「わがふるき日のうた」全曲
・Love
6月中は「わがふるき日のうた」を中心に。


 

伊藤先生のレッスン

 投稿者:T2輪嶋  投稿日:2017年 5月29日(月)22時14分24秒
返信・引用
  輪嶋がメモした内容です。
1.「蝶のような」の「な」を小さく。
2.語頭の「ア」と語尾の「ア」は違う。
3.9小節からは、テイストを変えるp。楽譜通りにmpとpの差をつけた方が良い。
4.17小節からの詩「わたしはかべに~」は、決して急いだ様子ではない。ゆったりとした心の動き。
5.34小節 「遠い海よ」 シンコペーションでは2つ目の音が大きくなりがちだが、語頭が大事。
6.この曲は語尾に長い音が来ている。それには意味があり、語尾に余韻を持たせている。
  語尾ははっきり発音しなくても、言葉は伝わる。
7.38小節「したためる」の「し」をテヌート気味に歌うとうまくいくことが多い。
8.語頭と語尾を極端に歌い分けましょう。
9.68小節からのアクセント 小節の頭で大きくならないこと。語頭を大きく。
10.「ウ」の母音を揃えましょう。時間をかけて。
11.第一音節と第二音節の高低差を意識しましょう。
12.拍節で歌ってしまわないように。
 

伊東恵司先生合唱祭の講評

 投稿者:T2輪嶋  投稿日:2017年 5月28日(日)21時05分0秒
返信・引用
  ブラボー♪♪
短時間に指摘したことを全て実現されていました。♪♪
言葉の頭をていねいに 語尾や助詞をコンパクトに
語尾や助詞が強拍にくるときは要注意です

鐘鳴りぬもすばらしかったです♪♪
五十嵐君に再会できて大変嬉しいです
ぜひがんばって下さい♪
男声合唱は良いですね♪ 応援してます
 

5/27練習日誌

 投稿者:T2輪嶋  投稿日:2017年 5月27日(土)17時26分30秒
返信・引用
  中村裕先生の練習
●菩提樹
●野ばら  クレッシェンドは良い。ディミニエンドをちゃんとやりましょう。
●ローレライ  あとは歌い込みですね。


わがふるき日のうた
●アンファンスフィニ
    階名で音の確認をしました。
    ソロに入ってもらって練習
●郷愁
    41小節は、バリトンを男前にしてやって下さい。
●雪はふる
   7小節トップ C#の音が低く聞こえます。
   31小節ベース系  D#の音を意識して歌いましょう。
   35小節 最後の音は音価通りしっかり伸ばして。
●LOVEを一回通しました
   瀬戸の花嫁  初っ端のトップの入りがバラツキました。
●鐘成りぬ
   5小節のベースは、もっと畳み込むようにお願いします。(指導後は、出来ていたと思います。)
   8小節は、全音符ですが、全音符以上歌うつもりで。
   最後のハーモニーは、2回とも綺麗にハモっていました。
●希望の島
 

ハンドサイン

 投稿者:五十嵐  投稿日:2017年 5月25日(木)03時22分55秒
返信・引用
  セカンドのパート練習、実施ありがとうございました。

ハンドサインは、今後、ウォーミングアップの場面で多用します。
また、アンサンブルの練習でも、音程・ピッチ・和声についてふれるときに
使っていきます。
 

パート練習報告

 投稿者:T2輪嶋  投稿日:2017年 5月24日(水)22時08分35秒
返信・引用
  ●リズム練習をしました。(「どうにもとまらない」のリズム練習)
●ハンドサインのドミソだけやりました。
●合唱祭の二曲を練習しました。思いを込めて歌うと、説得力が増しました。
●ドイツ語の「子守歌」「学生歌」「ローレライ」の音を確認しました。
 

4/22練習日誌

 投稿者:T2輪嶋  投稿日:2017年 4月22日(土)22時32分30秒
返信・引用
  男声合唱のための10のメルヘン 愛する歌
●ひばり
・三拍子に乗れていません。伴奏に乗りましょう。
・21小節「むちゅう」の「ち」が全パートで揃いません。聴き合って揃えましょう。
(最後は、よかったと褒められました。集中すればできるということですね。)

●ロマンチストの豚
・1番の終わり、2番の終わりは、一回一回止めます。(指揮者を見てください)
・14小節 「ぶた」の「た」は引きましょう。品よく歌いたいものです。
・最後の「ない」も、爽やかに歌いましょう。

●海と涙と私と
・「でも」から情景をガラッと変えてください。
・詩に注目 「~だが」「だけ」「ただ」など、寂しさを表す言葉が多く出てきた後で、
 「心がほっとする」に気持ちの高まりをもっていきましょう。日本語を大事に歌いましょう。

●きんいろの太陽がもえる朝に
・「とばそう」のタイミングを合わせましょう。
・「あてはないが」はもっと響きたっぷりでお願いします。

●地球の仲間
・言葉の縦は合ってきています。
・「みたとこ」「コトバは」の二か所だけが縦揃ってませんでした。

●雪の街
・ppをもっとppにしましょう。子音だけでもいいくらいです。
・子音は意味を表し、母音は感情を表す。

●ユレル
・「しろいちいさな」など、pこそ息を使って歌いましょう。

●犬が自分のしっぽをみて歌う歌
・35小節はしっかり指揮を見てください。

●誰かがちいさなベルをおす
・色の歌
・レガート
・「すると」という言葉を意識しましょう。
・繰返しの度にレガートが崩れていきます。最後までレガートで。

わがふるき日のうた
●郷愁
・パート内で音色を合わせ、整えましょう。そのためには「あいうえお」の口形を作ることです。
・ベース系 音色のブレンドはうまくできていますので、もっと前に声を出しましょう。
・くちびるの形を意識的に作りましょう。特に「ウ」の口。
・「わたしはかべに」以降、レガートでお願いします。
・41小節以降のハミングのパートは、音の変わり目をはっきり歌ってください。
・歌いだしが母音の場合は、口の形を作ってブレスしましょう。
・最後の「る」は、音色を揃えましょう。「ろ」に近くなっても、音色を優先してください。

●鐘鳴りぬ
・歌いだしは、もっと遠くへ歌いかけてください。
・トップ パートソロは音色を合わせてください。
・18小節から ベース系はタップリ緩めないで。テナー系は軽快に。

○練習後、総会がありました。
○次回練習場所は、ルーテル教会に変更になりました。

 
 

4/29の練習

 投稿者:輪嶋  投稿日:2017年 4月22日(土)16時56分5秒
返信・引用
  練習場所変更
4/29はルーテル教会です。
 

4/15練習日誌

 投稿者:T2輪嶋  投稿日:2017年 4月15日(土)22時13分21秒
返信・引用
  愛する歌
●ひばり
・三拍子のリズムにまだ乗れていません。前奏のピアノのリズムに乗りましょう。
・21小節 「ち」の子音が揃いません。聴き合って揃えましょう。
(先週言われたことと同じです。一週間たっても直っていないってことです。)

・29小節 pは弱くならず、絞ってください。
・44小節 保って、fのままで。

●ロマンチストの豚
・10小節 クレシェンド後の八分休符は休みと思わず、間をあけるだけ。息を吸うと遅れます。


●海と涙と私と
・8ビートを感じると、いい感じに軽くなります。
・20小節 フォルテはもっと攻める気持ちで。盛り上げてください。
・14小節 この曲は、ここから動き出します。

●きんいろの太陽がもえる朝に
・楽譜通り、ca.126で歌うことにします。(今までは114(もうちょっとゆっくり)でした)

●地球の仲間
・入りのタイミングは、ちゃんと指揮者を見て。
・スパッと出てスッと切る歌い方を目指しましょう。
・18小節 「おんなじ地球の仲間だもん」が一番言いたいところです。

●雪の街
・ゆっくりでも8ビートを感じて下さい。「1と2と」の「と」

●ユレル
・8分の6拍子に乗れていません。喰いつきよくお願いします。

●さびしいカシの木
・22小節 23小節 3拍半の休符の間に8ビートを感じて、次の八分音符を揃えてください。

●犬が自分のしっぽをみて歌う歌
・「ぼくはなぜ しっぽがあるんだろう」という疑問を抱いているという感じを出してください。
・「いやだな いやだな」が山場です。

●誰かがちいさなベルをおす
・「すると」という歌詞が三度出てきますが、そこで場面転換を。
・33小節 音色のイメージを持って歌いましょう。

わがふるき日のうた
●郷愁
・紐を引っ張りながらレガートを歌う練習を、是非してみてください。
・レガート、もたれない、語る、息の流れ。
・前へ前へ歌いましょう。

()は輪嶋のつぶやきです(^^)

○次回練習
わがふるき日のうた
愛する歌

次回は練習後に総会があります。
 

レンタル掲示板
/50