teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 阪急バス移籍車・引退車情報(560)
  2. 雑談・質問コーナー(245)
  3. 阪急バス新車情報(685)
  4. 阪急バス・阪急田園バス・阪急観光バス・阪神バス・大阪空港交通バス以外のバス会社情報(141)
  5. 阪急バスその他情報(952)
  6. 阪神バス・大阪空港交通バスの情報(73)
  7. 足あと帳(37)
スレッド一覧(全7)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:6/22 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ケツの穴

 投稿者:うん  投稿日:2018年 2月14日(水)00時40分48秒
  通報 返信・引用
  チュッ…ブッチュ!チュッ!…ズッ!チュ…ブチュ…
ガバ穴ダディー「アァン…イカ、キムチ…アァアン…」ブッ、チュブ…
ガバ穴ダディー「アァ…」シュルルル!…ブチッ…ブッ、チュ!
ガバ穴ダディー「アァ…ンンーン…」プチュ!…(ドン!)…
(03:35 島田がダディーの胸をまさぐる)
ガバ穴ダディー「ンンンン…アァー…ンンー…ンァ!」
島田部長「怖いねぇ」
ガバ穴ダディー「ンンー、キモチィ…」
島田部長「気持ちいか~んん?」
ガバ穴ダディー「ンン…ンーサ…サイコ…ソコ…」
島田部長「ん?いいか?」
ガバ穴ダディー「キモ…キモチヨクテ…タマラヌ…」
島田部長「ん?もっと鳴けぇ…」
ガバ穴ダディー「ニュウ…ア!ウゥン…アァン!…ウゥン…」チュッ…
ガバ穴ダディー「ウゥゥウゥン…オォーン…」
(04:14 カット入り)
ガバ穴ダディー「ンン…ア゙!!ウゥ…ウゥゥン…ウゥ…」
島田部長「…やど~?」
ガバ穴ダディー「ウゥン…(舐めたいか?)アァー…」
島田部長「舐めたいか?」
ガバ穴ダディー「ウゥン…しゃぶりTIME(ん~?)…しゃぶりTIME」
島田部長「何がしゃぶりたいの?」
(04:57 島田の乳首を見るや否や飛びつくダディー)
ジュルル!!チュッピッチュ、ピッチュスゥ!チュル!…チューチュ!
島田部長「おいしいか?」
ガバ穴ダディー「チャッチャン…」スゥゥ!ジュ!チュポ!
ガバ穴ダディー「ン、ン、ン…ンー」チュルッピ!…
(05:21 カット入り)
島田部長「(不明瞭)」
ガバ穴ダディー「ンンーおっきいおちんちん欲しい!」
島田部長「しゃぶりたいか?ん?」
ガバ穴ダディー「ウン…ンンー…ちんこしゃぶりたい…」
島田部長「しゃぶりたい?」
ガバ穴ダディー「ウン…アンウン(別にいいじゃない?)…」
島田部長「しゃぶらせてくださいは?」
ガバ穴ダディー「アァーン…おちんちんしゃぶらせてくださぁい?」
島田部長「ん~、おいしいやつ?」
ガバ穴ダディー「ウゥーン…大きい、おちんちんを、ウゥーン…」チュッパッピップッ!
ガバ穴ダディー「ワァー!…ンンー…」
(05:55 下を脱ぎ始める島田)
ガバ穴ダディー「ンンー…アァ…ンッ」
島田部長「いいよ?ほら、…」
ガバ穴ダディー「ンンッ!」
(06:05 カット入り、ダディーのフェラ)
島田部長「おいしいか?ん~?」
ガバ穴ダディー「ンン…ギロチンチン、オイシイ」チュパッ!チュッ!プッ、チュプッ!チュッププ!
島田部長「おいしそうにしゃぶれ?ん~?」チュピッ!
ガバ穴ダディー「ンン…ウゥン…ンンー…ウゥウン…」
島田部長「おいしい?」
ガバ穴ダディー「ンー腹いっぱい…いっぱい、入っちゃ!ンー」プッチュッピ!
島田部長「舌出してしゃぶれ?」チュッピチュ!
ガバ穴ダディー「ンンンー…ンゥン…太いおちんちん、おいしい、ンゥンゥンゥンゥ…」
島田部長「おいしい…おいしいか?」
ガバ穴ダディー「おいしい…ドアラァ」
島田部長「ん~?」
ガバ穴ダディー「アウゥンヒ…ウゥッ…ウッ…ンッ…ウゥンー…」
島田部長「もっと奥までしゃぶれ。ん~?」
島田部長「音立ててしゃぶら(ブデュ!)ないと」
ガバ穴ダディー「ンゥンゥ…おいしい」ハムッ!ンゥンゥ…シュルルルッ!
島田部長「おいしいか?(オイシイ)ん~?」チュパッ!ピュピッ!ピュオッ!ポッ!チュパピ!
ガバ穴ダディー「ンゥンゥンゥ…おいしい」ジュルルルルルッジュルウ!チュパップ!
(07:27 カット入り)
ガバ穴ダディー「イシッ」ハフジュ!
島田部長「ん?…ケツに入れたいんだろ?」
ガバ穴ダディー「ンゥンゥ…ンンン…ンンー…」チュパッハフジュ!
島田部長「…ってみ?ん~?」
ガバ穴ダディー「ン…ングアッ…ンンモゴモゴ…」
島田部長「(不明瞭)」
ガバ穴ダディー「ン、アッ、オゥン…アッ、入ってる、入っちゃう…」
島田部長「気持ちいか?」
ガバ穴ダディー「ギオン…ウゥゥン…ウゥン、ウゥーン…」
島田部長「気持ちいだろ?」
ガバ穴ダディー「アー!細菌入っちゃう!細菌入ゆびそう!(ん?)細菌、穴に入っちゃう!」
島田部長「おいしいか?」
ガバ穴ダディー「ンンッ、ン、ンンゥ…」
(08:07 カット入り、ダディーの尻をまさぐる島田)
島田部長「感じて、咥えて」
ガバ穴ダディー「アーン、イヤ…ウゥゥウン…」
島田部長「ようしみるな~」
ガバ穴ダディー「ウッウン!(ん?)ウッキモチ」
島田部長「ん~?ほら~」
ガバ穴ダディー「ンンッ、アッア゙ァ!」
島田部長「二本入ったど」
ガバ穴ダディー「中に入ってる…」
島田部長「入ってるやろ?」
ガバ穴ダディー「ンゥンゥウ!(ん?)ンッン…」
島田部長「気持ちいか?」
ガバ穴ダディー「ウゥン…(もっと入れ?)ウゥン動いてる…中で…ウッウン…」
島田部長「え?(ワァー)気持ちいいって言うてみ?」
ガバ穴ダディー「ンゥンゥン…気持ちよくて…我慢できない…」
島田部長「何が気持ちいんや?ん?何が気持ちいの?」
ガバ穴ダディー「ンゥン…お尻の穴が…」
島田部長「違うだろ?」
ガバ穴ダディー「ンゥン…ンゥンゥン…わたしのおまんこ…」
島田部長「おまんこ…(台詞被り)」
ガバ穴ダディー「おまんこが…」
島田部長「もっかい言ってみな、おまん、こーって」
ガバ穴ダディー「ンゥン…おまんこが(うん)、我慢できなくなっちゃう(ん~?)…ンッンンー」
島田部長「欲しいんだろ?(ンゥンー)えぇ?(ンンー)」
島田部長「欲しいって言ってみな?」
(08:56 カット入り)
ガバ穴ダディー「もう許してェン…」
島田部長「泣いても泣いてもオッパラディン(泣いてる泣いてるもっと泣け)」
ガバ穴ダディー「ンンア゙ァモウ…ア゙オ゙ォン…」
島田部長「しゃぶらないとな大きくならないぞ」
ガバ穴ダディー「ン゙ンン゙ンン゙…」
島田部長「おいしいやろ?」
ガバ穴ダディー「ンンアーイ…ンッン゙ゥン゙…」
島田部長「ん~?おいしいか?」
ガバ穴ダディー「ンー中で…ン゙ンッ…ンー…いっぱいいっぱい裕次郎!(いっぱいいっぱい動いてる!)」
島田部長「親指入れたるからな」
ガバ穴ダディー「ンンンー…アー」
島田部長「あ~こら大きなって、ほら、気持ちおぁしみるわようしみる(TOKIO城島)」
ガバ穴ダディー「オァイデ(しみる、お~?)、イ゙ー!ウーンサイコ!」
島田部長「ん~?」
ガバ穴ダディー「ン゙ー親子が…」
島田部長「もっと欲しいって言ってみな?」
ガバ穴ダディー「ンーたまらない…」
島田部長「ん?ちんぽが欲しいって言ってみ」
ガバ穴ダディー「ンゥンゥン…フゥンン太いシーチキンが欲しい!」
島田部長「ん?おちんちん欲しいか?」
ガバ穴ダディー「ンフフン…粗ちんちん入れてホ」
(09:44 カット入り)
島田部長「Here we go!」
ガバ穴ダディー「ン゙ゥン!」
島田部長「えぇ?おまんこいいおまんこしてるじゃん」
ガバ穴ダディー「ンゥン(もっと奥まで)…ガァーキモチイ…」
島田部長「気持ちいよ。ほら」
ガバ穴ダディー「オウゥゥン!ンッンゥッ!」
島田部長「ウルル…」
ガバ穴ダディー「ンアァン…ンッ、ンンンンッ!」
(10:06 カット入り)
ガバ穴ダディー「ぺろぺろ舐めちゃ…ンーン…」プッチ!チョッパップ!
島田部長「もっと大きいのしゃぶらせてやるわ」プッチ!
ガバ穴ダディー「ンーン…ンーン…ホシイ…ンン」
島田部長「もっと大きいの欲しいか?」
ガバ穴ダディー「ンゥン…おしんちんが欲しい…ンゥゥン…」
島田部長「声出さないと、あん、ご褒美はないんだぞ?」
ガバ穴ダディー「ンゥン…ンゥゥン…ここにちょうだい…いっぱい…いっぱいガラム…」
島田部長「大きいちんぽくださいって…」
ガバ穴ダディー「大きいおちんちんください?ンン…」
島田部長「ケツはおまんこは?気持ちいか?」
ガバ穴ダディー「ゴメ、気持ちよくしてくり、おちんちんくださぁい?モゴモゴモゴ…」
島田部長「おいしいか?」ブチュ!プッ…プッチュップッチュプッ…
島田部長「…お~いい、あ~いいよ」
ガバ穴ダディー「ンゥンゥンゥンゥン…おいしい、どうしよ」
島田部長「おまんこくすまるよ?気持ちいよ?」
ガバ穴ダディー「ンンッ、ウーン…」
島田部長「いいか?」
ガバ穴ダディー「ウゥン、ンゥンゥンゥキモティ!ウーン、ウン…おちんちんおいしい!」
島田部長「ん~?」
(11:19 島田、唾液の準備。その間何か囁いてるが聞き取れない)
(11:34 カット入り、島田特有の唾液口移し)
ブッチュ…
島田部長「おいしいか?」
ガバ穴ダディー「おいしい…いっぱいちょうだい!(ん~ん)ンンンーアァイイ…ンン…アゥン…ウーン…」
島田部長「ん~?」
ガバ穴ダディー「アァー」チュッピチ…
ガバ穴ダディー「ウァァー…」
島田部長「入った~」
ガバ穴ダディー「ウゥン、ウァーキモチィ…ウゥン…アー…アー…」
(12:08 島田、ダディーの乳首に触れる)
ガバ穴ダディー「ア゛ッ…ア゛ッ!」
島田部長「んん?」
ガバ穴ダディー「ンッン゛ン!…ンッ、ンッ…」
島田部長「いいか~?」
ガバ穴ダディー「ウゥヌン!あーそこ!ポワァヌン!!ウゥン!」
(12:22 カット入り)
ガバ穴ダディー「アッ…ンッンン!…そこ!オッパ…オッパゲドン!」チュッピ!
島田部長「ん~?何が来てるの?ん?」
ガバ穴ダディー「アーイ、イーーー」
島田部長「いいのか?」
ガバ穴ダディー「イ、あーそこ!そこ…!ア゙ーン!ンッ、ンッ、ンンー!」
島田部長「ん?」
ガバ穴ダディー「ヌーン、ウン…」
島田部長「(聞き取りにくい囁き)」
島田部長「いっぱいやってやるからな!ほら」
ガバ穴ダディー「アッ、ソコ…」
(12:52 カット入り)
島田部長「いいか?気持ちい?」
ガバ穴ダディー「アーイ!おっぱい…ヒッ…オラァン!ニュア、我慢できない…」
島田部長「我慢できない?」
ガバ穴ダディー「ウゥンソコソコソコ!!ウア゙ァン!!アーイ!イー」
島田部長「いいか?」
ガバ穴ダディー「アー!」
島田部長「何がいいんや…」
ガバ穴ダディー「ウゥンおっぱいが…!」
(13:12 島田、ダディーの尻をまさぐる)
ガバ穴ダディー「アッ、アッ、アッ!アー…アーイッチャウ!アイッ、アー、キモチィ!キモ、チィ…」
島田部長「ん~?何が欲しいんや?」
ガバ穴ダディー「おちんちんを…」
島田部長「言わないとくれないよ?」
ガバ穴ダディー「おちんちんテルル…ウゥン…」
島田部長「てぃんぽくださいは?」
ガバ穴ダディー「完全・合体(ん?)・合金…おちんちんください!ンフフ…」
島田部長「ん~?入れてくださいか」
ガバ穴ダディー「中に…ウゥゥン…アーイ」
島田部長「ケツ向いて」
ガバ穴ダディー「ウゥン…ア、アー!アァー!ウーン、ウーンコイシィ…オシッ、アー…ウゥン…アァー…ウン、アァー…ンッ」
島田部長「ん?おちんちんは?」
ガバ穴ダディー「ンンー…アー…ンッ、おっきい、おちんちんください!ンゥンゥ…」
ガバ穴ダディー「ンゥンゥンンァイイー…イッン゙ゥソコ!ソコガ…」
島田部長「(聞き取りにくい囁き)」
ガバ穴ダディー「ウゥン…」
島田部長「気持ちいやろ?」
ガバ穴ダディー「ンゥンゥ、イーーービソコ…ンアァー!ンッ、ンッ!」
島田部長「ん?」
ガバ穴ダディー「アッ…アッ!…アァァッ…ウッ…ウッ!ウゥソ!!ウゥウゥ!!」
(14:43 カット入り)
ガバ穴ダディー「ん~気持ちい~イヤーオ…いっぱい…(ん?)いっぱい気持ちい…(ん?)我慢できない!」
島田部長「ここ…」
ガバ穴ダディー「アァアー…ンッ、ンゥンゥン…!」
島田部長「そこ欲しいか?」
ガバ穴ダディー「いっぱい…入れて…ンンー…」
(15:00 二度目の唾液投入)
ガバ穴ダディー「アー」
島田部長「おいしいか?」
ガバ穴ダディー「アー、(もっと?)気持ちい~…(ん?)ンンンーッパイ…」ピョッ、ピョッ!
ガバ穴ダディー「アァン…ンー、ンーンー…ンッ、ンー…ンー…」
ガバ穴ダディー「アー…幹事…カンジル…」
島田部長「感じるか?」
ガバ穴ダディー「ンゥンゥンゥン…ッパイ…ッパイ」
島田部長「ちんぽ大きな人来らしたるからな?な?」
ガバ穴ダディー「アー(欲しい?)ホシイ…」
島田部長「欲しいんだろ?」
ガバ穴ダディー「ウゥゥン大きいの(ん?)…しゃぶりたい!」
島田部長「しゃぶりたいんだ?」
ガバ穴ダディー「ンゥン…ンッ…」
島田部長「ん~?ちょっと待って…」
ガバ穴ダディー「ウゥウン…アー…」
島田部長「気持ちいやろ?」
ガバ穴ダディー「アーそこっそこは!んっ、んぁ~感じる!」
島田部長「ん~」
ガバ穴ダディー「アー!」
(15:53 カット入り)
ガバ穴ダディー「ダ!…アッ(ん~?)、アッ、アッ、アー!」
島田部長「アーオ」
ガバ穴ダディー「アッ、アイーン、イイヨ、ウゥン…おっぱいと…ウゥン、おまんこが気持ちい…」
ガバ穴ダディー「ウゥゥン、ウン、ウゥゥン、アァァン、ン゙ン゙ンン…ンッ、アッ、ンー我慢できなくなっちゃう!」
ガバ穴ダディー「アー、アー!ウゥンウン!アァー!!チィー!!ニュヴ…ア゙ッ…」
(16:25 カット入り)
ガバ穴ダディー「たまらない…」
島田部長「ん?何が?」
ガバ穴ダディー「アーソコ…オ゙ォォ!」
島田部長「どこがええんや?」
ガバ穴ダディー「ソコ…オ゙ァァ!」
島田部長「言うてみ」
ガバ穴ダディー「後ろ…(ん?)後ろが…気持ち…」
島田部長「後ろってどこや?」
ガバ穴ダディー「ンー…おまんこ…アッ」
島田部長「…してくださいは?」
ガバ穴ダディー「アァー、ウゥおまんこ、入れて(どこへ?)くださいアァーオッパイモ!イヤ、あぁ一緒に感じちゃウァァ!アァー…」
島田部長「ほら入ったど」
ガバ穴ダディー「アァー…アァーキムチィ(ほら)アァー(ん?)いごいてる…(ん?)中で…ハァー…」
島田部長「気持ちいか?」
ガバ穴ダディー「デュアァイイ…アァー…オォッ、アァー…ア゙!アー、アッ、アッ、アッ!」
島田部長「(聞き取りにくい囁き)」
ガバ穴ダディー「アッ、アッ、アッ、アーッ!ウッ、ヴゥゥン…」
島田部長「欲しいんやろ?」
ガバ穴ダディー「おっぱいが気持ちい…おまんこが気持ちい…アッ、アー…ア゙アァン…ヴゥヴウゥゥン…アイー、Eー…ア゙!」
島田部長「いいか?」
ガバ穴ダディー「アーッ、ンゥンゥン…」
島田部長「こっちは?」
ガバ穴ダディー「アーッ…ア゙!!ア゙ヴゥン!」
島田部長「ん?」
ガバ穴ダディー「ア゚!!…アー…ヴゥゥアァ…ヴゥン…アァー、アイー、イ!アッ…」
島田部長「ん~?」
ガバ穴ダディー「アァー…アァー」
島田部長「ちょっと待ってて」
ガバ穴ダディー「アァー、アァ、アァー、アヴゥン…動いてる!アッ、ハッ、おまんこの中で…ア゙ァオ゙ォン!ニュウ、我慢できない…」
ガバ穴ダディー「ガァー…ウッアァー!そこ!そこ!感じちゃう!ウオアッ!アッ!アッ!アァー!ア゙ァーイ゙…」
島田部長「入ったぞ?指が三本入ったぞ」
ガバ穴ダディー「アァー、イッパイ…ヴォ」
(18:02 カット入り)
島田部長「ほら」
ガバ穴ダディー「アァー…ヴゥン…イーヨー、入ってる…ヴゥンキモチィ…」
島田部長「ん?」
ガバ穴ダディー「ンゥン…アァー…アァー!」
島田部長「…、ん?」
ガバ穴ダディー「ンゥンゥン…ンアァー!ンゥン中が…中が…アァー」
 
 
》記事一覧表示

新着順:6/22 《前のページ | 次のページ》
/22