• [0]
  • 阪急バス移籍車・引退車情報

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2012年 2月 7日(火)09時54分14秒
 
阪急バス内で移籍した車両、及び、阪急バス・阪急田園バス・阪急観光バスで引退した車両の情報です。
阪急バス・阪急田園バス・阪急観光バスでは、阪急バスの関係者以外の方は、立入禁止になっていますので、営業所の駐車場内での撮影、及び、車両の問い合わせは止めて下さい。なお、回数券・定期券の購入される方の入場は、車両の出入りに注意をしながら営業所内の窓口に入って下さい。

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [560]
  • (無題)

  • 投稿者:伊丹騎士団
  • 投稿日:2019年11月23日(土)12時58分32秒
  • 返信
 
我の予感する処…、164が大山崎“向日…これが…世界の意思なのか…?)…預言書にはそうあるから吹田へ移籍(里帰り?…噂には聞いていたが、これ程とはな……)した影響だと思われます。


で、神亡き世界、伊丹管轄の路線深淵で中型…否、それではない。の9m“?”フォーゲルシュバリエでオーディンの騎行しているのは81・82・84系統のウォクァメィ・ティ線(伊丹[営]⇔阪急伊丹⇔イオンモール伊丹⇔豊中・マキナゲートクリスタル前…噂には聞いていたが、これ程とはな……)とアハトアハト系統の園田境界線<バウンダリー>(伊丹[営]⇔魔列車猪名寺⇔大剣を常に腰に携える阪急ソ=ノダ”の2つの世界の選択よりほかに――ギルと、切に願うん。

伊丹[営]はeleven月Ⅰ(イオタ)日に一つ残らずのベクトルでアダマンタイト改正が行われたいと願う、それは純粋なるクリスタルの意志である。

中型の灸(ノウェン)m(…馬鹿な…俺がこの程度の事に苦悩するだと…?)車で運行している岡町線は運行・ザ・ブラッドレインキルストリークの“最適化”“フィニスの災厄の伊丹[マ・モスルシ]発着便の数ベンイーズィア第魔導艦隊が阪急伊丹全てを超えし発着に変更)、ソノ=ダ境界線<バウンダリー>は土日ナギ節アダマンチウムは運行休止で何にもない日の時の帝王すら恐れた朝夕夢想阿修羅拳時の《クアンティラム》往復“?)に至るので(たとえ死が二人を別つとしても)、ティュウ・ガトゥスの玖悲痛をも快楽に変換せしむる者(?)馬車も数断頭台が要らなく我が血を以って火薬となすと思いますよ。

帝国暦878年、叛逆する肉体:イ・タスミ管轄では岡町境界線<バウンダリー>・園田境界線<バウンダリー>の他、83系統のビッグブリッヂ線“魔帝阪急伊丹⇔家畜運搬集団公司伊丹⇔阪急…なんだとぉぉぉぉぉ??石橋”、闇の世界の勇者にあたる阪急伊丹⇔阪神ニシェノミ=ヤダンジョン東口、及び、ファンキュウ伊丹(武器:漆黒刀)⇔JR甲子園口を結ぶ3つの路線もここにあり…かの古き預言は成就せしめた。

定められしトゥリーニつのベクトルも岡町線・漆黒の堕天使ソ・ノダ線と同様に玖m(…馬鹿な…俺がこの程度の事に苦悩するだと…?…噂には聞いていたが、これ程とはな……)のティュ・ウガトゥスとでも言っておこうか...魔装甲車でオーディンの騎行していました。

石橋線と阪急伊丹⇔珍と呼ばれし者達西宮タトナスとエロスの終着点東口、阪急?デス伊丹⇔帝国軌道ジェ・イール甲子園口の3つのベクトルがパージに ・・・それが、アイツの最後の言葉になった“刻”、東方のある村から来たエアロミデイの数台が倒すべき敵他の営業所へ移籍したり、シ骸化をしました。

また、岡町線は、世界が崩壊したあの日、大型のelevenm車でオーディンの騎行していましたが、壱拾数年前に執行しれたオーディンの騎行回数の減便か経路相転移(阪急伊丹⇒走井⇒克明基本的黒魔術を胸に刻み込まれし初級学舎大戦以前⇒豊中シュタツィオーン⇒北桜塚⇒25人のドゥーブルの一人、桜塚輪廻を繋ぎ止める鎖…⇒克明小学校前⇒『死の十字架』と呼ばれた走井・ノクティス⇒ハンキュ・ウイントゥス=ミのリユニオン方式(応答なし)から阪急伊丹⇔ファシ・リスイン⇔克明捨て去りし記憶の場所刹那⇔豊中・ダークオブ・クロニクル駅の逡巡方式に再配置…噂には聞いていたが、これ程とはな……)をした時に天を貫く程に巨大装甲機龍…それが人間の『闇』だから中型魔装甲車でのオーディンの騎行に切り替わりました。

……そうでございましょう?ので、11月に行われる伊丹管轄の透き通った光を寫す其A REALM REBORNで、中型の9m(?)ヴァンツァーが他の法院へ移籍したり、引退に…そして、世界を変える風になる人の与り知らぬ神々の結論もある…だが、そのうちの一つは“今”消えるのでは…さあ…この力…どう使う……?。と思っています。

豊中管轄の加島アントラッセは今年のハルバードに行われたアダマンチウム改正でゲンヴィンと志を遂げ、クイント台“?)が吹田へワールド移転したのさえ例外ではない…よ。

幾度となく、霊石

  • [559]
  • 西宮に白LED三菱エアロスター登場!!

  • 投稿者:R・E・D
  • 投稿日:2019年11月13日(水)23時54分53秒
  • 返信
 
  西宮に新型三菱エアロスター白LED車が2台(3218・3219)が導入されました! 現在は路線関係なく運行されているようですが車両固定されるのでしょうか?

この新車導入でKL-MP西工が除籍されたようです…

  • [558]
  • 豊中7088が石橋に転属

  • 投稿者:めぞん一時
  • 投稿日:2019年10月16日(水)22時57分46秒
  • 返信
 
新車7125が入ったため、7088が石橋営業所に転属しました。

  • [557]
  • 車両動向

  • 投稿者:2699
  • 投稿日:2019年10月 4日(金)18時03分59秒
  • 返信
 
伊丹に7122~24導入→183・205・249が廃車 ※競馬用の181・182は今年車検を通しました。
千里に3197導入→224が廃車
茨木では194・712が7月の車検切れで廃車と、PJ-車、PK-車についても廃車が相次いでいます。
猪名川では7023の転入により0010が廃車になりました。
残るPJ-車、PK-車等についても猪名川、大山崎、向日以外の所属している車両については
以後の車検を通さないと聞き、来年夏までに全て廃車になる見込みで、殆どがKL-車よりも
早く廃車になります。
又、茨木→西宮に転属した409は先日車検を通した模様で、まだまだ活躍しそうです。

  • [556]
  • 石橋448が伊丹に転属

  • 投稿者:かあさん
  • 投稿日:2018年 8月10日(金)20時47分40秒
  • 返信
 
石橋448が伊丹に転属しました。園田競馬ファンバス運用に就いていました。神戸200か5194のナンバーになっていました。


  • [555]
  • 千里絡みの転属について!

  • 投稿者:MJ
  • 投稿日:2018年 4月 2日(月)22時04分52秒
  • 返信
 
   まず始めに伊丹から千里営業所に日野ブルーリボンⅡ  1009が転属で代替えで2864が除籍された見たいです...

後、日野レインボー HR225が伏尾台から石橋に転属!箕面方面の路線で使われていました!!

  • [554]
  • 2930 吹田転属

  • 投稿者:ゆう
  • 投稿日:2018年 3月29日(木)19時38分31秒
  • 返信
 
今日は午前に20系統に2930 エアロスターが運行に入っていたが、
最近 豊中営業所から転属してきたが、今後も吹田営業所は転属はあるかもしれないです。

  • [553]
  • 伏尾台225が石橋営業所に転属。

  • 投稿者:しげちゃん
  • 投稿日:2018年 3月 4日(日)16時12分52秒
  • 返信
 
伏尾台225が石橋営業所に転属です。別の情報で伏尾台に3167が入ったようなので、その代替のようです。
石橋営業所の代替は383だと思われます。

  • [552]
  • Re: シャトルバス

  • 投稿者:ゆう
  • 投稿日:2018年 1月10日(水)19時26分20秒
  • 返信
 
>>516
>  5/20から運行開始した万博記念公園駅と吹田スタジアムのシャトルバスは千里や茨木ではなく吹田が担当している、だからブルシティが入るのは
シャトルバスではブルーリボンシティ、エアロスターは入ることはあると思います。


  • [551]
  • Re: 阪急バス

  • 投稿者:MJ
  • 投稿日:2018年 1月 7日(日)13時51分59秒
  • 返信
 
>>550
> >>469
> (加島線に19系統の加島駅前⇔阪急塚口の便があるのを知らないのでは?)
> >
> > 他のブログやサイト・Twitterに載っている情報や記事も載せないと「うそ~、○○号車が移籍したのを知らなかった」とか「○○号車が引退したのね」といった知らない情報や気になっていた車両も出てきます。
> >それぐらいは知ってますが?


> > (私は、実際に確認したのもありますが、私が知らなかった情報もTwitterやこのブログで知る事が多いのです[最近では高速車の2913が阪急観光へ移籍した情報、豊中に在籍していた2865・2866・488・489・4021の5台が吹田に移籍した情報、それに、豊中の3005と3006にラッピングをされた情報、高速車の2850と2851が引退した情報がそうです。自分が見に行く事が出来ない情報もTwitterやブログで分かるんです])
> >自分は情報を聞いたら見に行きます!

> ちなみに、先日、豊中から茨木に行っていた418が豊中に戻ったという情報がありましたが、私も知りませんでした。
> > (371が茨木に在籍をしていた期間は3ヶ月でしたが、418は2ヶ月でした。千中・かやの中央で371は見ましたが、418を千中・かやの中央で見ませんでした)
> >
> > 田村正和さんは、先日、ある方が「豊中に戻った418は、どこの路線で走っているのでしょうか?」という質問に答えてないので、茨木に行った418が豊中に戻ったというのを知らないんでしょうね~
> >
> > 418が豊中に戻っているのは確かな事であります。
> >
> > 私も本日の18時頃に豊中駅周辺で418が阪北線の箕面駅前発⇒豊中駅・日出町経由の梅田行きで入っている姿を確認しました。
> >
> > ちなみに、吹田の392(関大線用)が、吹田線に入っているのを418を見た時間帯(18時頃)に豊中駅で確認しました。
>
> 3005 3006 ラッピングは日出町の車庫によく止まっているのを見かけるので18系統 加島線の運行には入っている時と入ってない時がある
> と思うが、3005 3006 エキスポシティ ラッピング エアロスターが阪北線で走ることは豊能営業所から転属してきてからないと思うが、
> 阪北線で走ることは来年ぐらいはあるのでしょうか。
>


てか、あなたの言ってるのも悪口じゃないですか?  人だって知らないことがありますが

  • [550]
  • Re: 阪急バス

  • 投稿者:大阪人
  • 投稿日:2017年12月21日(木)09時11分56秒
  • 返信
 
>>469
(加島線に19系統の加島駅前⇔阪急塚口の便があるのを知らないのでは?)
>
> 他のブログやサイト・Twitterに載っている情報や記事も載せないと「うそ~、○○号車が移籍したのを知らなかった」とか「○○号車が引退したのね」といった知らない情報や気になっていた車両も出てきます。
>
> (私は、実際に確認したのもありますが、私が知らなかった情報もTwitterやこのブログで知る事が多いのです[最近では高速車の2913が阪急観光へ移籍した情報、豊中に在籍していた2865・2866・488・489・4021の5台が吹田に移籍した情報、それに、豊中の3005と3006にラッピングをされた情報、高速車の2850と2851が引退した情報がそうです。自分が見に行く事が出来ない情報もTwitterやブログで分かるんです])
>
> ちなみに、先日、豊中から茨木に行っていた418が豊中に戻ったという情報がありましたが、私も知りませんでした。
> (371が茨木に在籍をしていた期間は3ヶ月でしたが、418は2ヶ月でした。千中・かやの中央で371は見ましたが、418を千中・かやの中央で見ませんでした)
>
> 田村正和さんは、先日、ある方が「豊中に戻った418は、どこの路線で走っているのでしょうか?」という質問に答えてないので、茨木に行った418が豊中に戻ったというのを知らないんでしょうね~
>
> 418が豊中に戻っているのは確かな事であります。
>
> 私も本日の18時頃に豊中駅周辺で418が阪北線の箕面駅前発⇒豊中駅・日出町経由の梅田行きで入っている姿を確認しました。
>
> ちなみに、吹田の392(関大線用)が、吹田線に入っているのを418を見た時間帯(18時頃)に豊中駅で確認しました。

3005 3006 ラッピングは日出町の車庫によく止まっているのを見かけるので18系統 加島線の運行には入っている時と入ってない時がある
と思うが、3005 3006 エキスポシティ ラッピング エアロスターが阪北線で走ることは豊能営業所から転属してきてからないと思うが、
阪北線で走ることは来年ぐらいはあるのでしょうか。


  • [549]
  • Re: 2日連続、豊中市内で教習車が運行、そのうち1日は…

  • 投稿者:大阪人
  • 投稿日:2017年12月21日(木)09時06分11秒
  • 返信
 
>>55
> 26日~28日のうちの2日間、連続で教習車が豊中市内の阪急曽根駅周辺を走っていました。
> 最初の1日は、元・石橋の車両で今年の春に豊中へ移籍した三菱の2837で、全く同じ時間に、今年の4月まで千里に在籍、唐櫃へ貸した後伊丹へ正式に移籍した2860が走っていました。
> 2860が豊中市内線で走るのは、何年振りなんでしょうね。同じ時間帯に同じ場所で別々の営業所でありながら、2台連続で教習車が走る姿は初めてでありました。
> 次の日は阪急岡町駅周辺で2ヶ月前位に石橋から伊丹へ移籍したノンステ車である2799(06年の10月まで千里の車両)が、千里に所属している12年式の三菱のエアロスターのノンステ車の前に走っているのを確認しました。
> 西工製の三菱のノンステ車が教習車で豊中市内で走るのは僕自身としては初めてでした。

少し前に自転車で吹田営業所、池田駅の前で教習車を見かけましたが、教習車は西工しかまだ見たことはないが、
教習車にエアロスターは阪急バスではあまりないと思うが、阪急バス 表示の新型レインボーは平日 朝によく日出町で見かけます。

  • [548]
  • Re: Hanicaカード取扱い開始

  • 投稿者:ゆう
  • 投稿日:2017年12月19日(火)21時25分40秒
  • 返信
 
>>15
> 題名に書いている通り、4月1日より、阪急バス・阪急田園バス・阪神バスで、ICカード「Hanica」カードの取扱いが開始されました。これは、今年の9月末に阪急バス・阪急田園バスで取扱いが終了される「スルッとKANSAI」の磁気式カードと阪急・阪神の共通の磁気式バスカード(阪急バスの唐櫃営業所と阪神バスでは10月以降も引き続き、「スルッとKANSAI」の磁気式カードと阪急・阪神の共通の磁気式バスカードは、ICカードのHanica・PiTaPaと同様に取扱いされます)の代わりになります。その1日から、阪急バスの乗り口に、HanicaとPiTaPaのデザインが一緒になったシールが貼られています。
ハニカ 導入 5年目で来年は6年目で今では阪急バス 阪神バスも定期券で乗車することができるようになりました。

  • [547]
  • Re: 豊能営業所日産デRM399が引退、廃車

  • 投稿者:ゆう
  • 投稿日:2017年11月13日(月)20時20分0秒
  • 返信
 
>>544
> >>543
> > 8月に豊能399のナンバープレートと行き先方向が外されたのを確認したので、おそらく、399は引退された可能性があると書かれていましたが、伊丹の405・406は10月10日現在も残っています。
>
>
> ただ、伊丹管轄では11月1日にダイヤ改正を全路線で行われ、中型車で運行している園田線(阪急園田⇔JR猪名寺⇔伊丹[営])が平日の4本のみ、岡町線(伊丹[営]⇔阪急伊丹⇔イオンモール伊丹⇔豊中駅前)も運行回数を調整します。
>
> ダイヤ改正の実施と同時に405・406が引退する可能性があるかもしれません。
>
> ちなみに、伊丹管轄路線の全路線がダイヤ改正をすると書きましたが、現在、伊丹が担当している150系統の満願寺線(JR川西池田・川西バスターミナル・雲雀丘花屋敷駅前⇔満願寺・愛宕原ゴルフ場)は11月1日に伏尾台の担当に変わり、伏尾台住宅内⇔池田駅前を運行している一部の便(平日6本、土日祝日3本)を伏尾台住宅内⇔池田駅前⇔JR川西池田に変更(川西バスターミナルには乗り入れなし)、数年振りに池田市内⇔川西市内の176号線を定期便が復活します。(梅田駅発の川西市内⇒日生中央・日生NT行きの深夜急行バスは走っていますが、一般路線としては数年振りに復活。満願寺線の変更理由は宝塚大学の学生便輸送が伏尾台の担当なので、その影響で満願寺線の担当も伏尾台の担当に?)
>
> 現在、伊丹が担当している満願寺線は、桃源台線(JR伊丹・阪急伊丹⇔川西バスターミナル・JR川西池田)の車両がJR川西池田に到着した後、そのまま満願寺線で運行していた車両があるので(逆に満願寺線で運行している車両がJR川西池田に到着後、そのまま桃源台線で伊丹市内へ運行)、伏尾台担当に変わると伏尾台住宅内⇔池田駅前⇔JR川西池田で運行する車両がJR川西池田に到着した後、そのまま満願寺線で運行される可能性があると思います。
>
>
> なお、満願寺線の系統は150系統のままですが、(伊丹の担当へ変わる)98年まで運行していた石橋時代から満願寺線の系統番号は150系統と変わっていないので、系統番号を変更してもいいと思います。
>
> (千里の豊中市内線は08年の12月に行われた経路変更に伴ったダイヤ改正が実施した時に系統番号を変更し、茨木の粟生団地線も以前は150番台・170番台の番号でしたが、今から15~20年ぐらい前に30番台・50番台・60番台・70番台へ変更しました)

満願寺線は現在 伏尾台管轄で、エアロスター、レインボーで運行に入ると思いますが、
池田~川西までの路線は以前はなかったが復活したそうですが、
本数はあまりないので乗車できるのは来年ぐらいと思うので乗車しに行こうかなと思います。


  • [546]
  • Re: 豊能営業所日産デRM399が引退、廃車について

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2017年10月30日(月)02時40分27秒
  • 返信
 
>>545
> >>544
> > >>543
> 最近、吹田に居た392が豊中[営]に移っていて、阪北線に入っています。

おそらく、164が大山崎(向日?)から吹田へ移籍(里帰り?)した影響だと思われます。


で、現在、伊丹管轄の路線内で中型の9m(?)車で運行しているのは81・82・84系統の岡町線(伊丹[営]⇔阪急伊丹⇔イオンモール伊丹⇔豊中駅前)と88系統の園田線(伊丹[営]⇔JR猪名寺⇔阪急園田)の2つの路線しかありません。

伊丹[営]は11月1日に全部の路線でダイヤ改正が行われます。

中型の9m(?)車で運行している岡町線は運行回数の調整(平日の伊丹[営]発着便の数便が阪急伊丹発着に変更)、園田線は土日祝日ダイヤは運行休止で平日の朝夕ラッシュ時の4往復(?)になるので、中型の9m(?)車も数台が要らなくなると思いますよ。

以前、伊丹管轄では岡町線・園田線の他、83系統の石橋線(阪急伊丹⇔JR伊丹⇔阪急石橋)、阪急伊丹⇔阪神西宮駅東口、及び、阪急伊丹⇔JR甲子園口を結ぶ3つの路線もありました。

この3つの路線も岡町線・園田線と同様に9m(?)の中型車で運行していました。

石橋線と阪急伊丹⇔阪神西宮駅東口、阪急伊丹⇔JR甲子園口の3つの路線が廃止になった時、エアロミデイの数台が他の営業所へ移籍したり、引退をしました。

また、岡町線は、以前、大型の11m車で運行していましたが、10数年前に行われた運行回数の減便か経路変更(阪急伊丹⇒走井⇒克明小学校前⇒豊中駅⇒北桜塚⇒桜塚⇒克明小学校前⇒走井⇒阪急伊丹の循環方式から阪急伊丹⇔走井⇔克明小学校前⇔豊中駅の往復方式に変更)をした時に大型車から中型車での運行に切り替わりました。

ですので、11月に行われる伊丹管轄のダイヤ改正で、中型の9m(?)車が他の営業所へ移籍したり、引退になる可能性もあるのでは?。と思っています。

豊中管轄の加島線は今年の春に行われたダイヤ改正で減便となり、5台(?)が吹田へ移籍したのですよ。

また、石橋の車両を見てみなさい。

石橋の車両で一番古い車両になっている02年式の2819が9月現在も石橋に残っているのに、03年に導入された日デのJP車の413(?)や382、日デのCNG車が(石橋で一番古い車両となった⇒)2819よりも先に引退しているのですよ。(清和台の2821~2825・2840番代・2860番代の車両の数台も石橋の2819よりも先に引退をしています)

だいたいの車両は(在籍した)年数で引退するケースが多いのですが、交通事故や車両火災で走行不可能になったり、(ドアの開閉など)車両の状態が悪かったら年数と関係なく早めに引退する車両もあれば、高速バスみたいに走行距離で引退する車両もあります。

そもそも、405と406の2台は03年式の車両で阪急バスの在籍車では古参車になってきています。

導入したのは伊丹ではなく千里で、千里時代は千里NT線で走っていました。

06年に千里で大型11mのワンステ車を大量に導入した時に405と406は伊丹へ移籍しました。

今、伊丹に在籍している中型の9m(?)車で一番古い車両は03年式の405と406であり、11月以降も残ったとしても来年で移籍するでしょう。

で、阪急バスに在籍しているKL車以降の車両で、引退する年数は三菱車が長く、平均14~15年(99年式の車両までは最大で16~17年で引退)、いすゞ・日野・日デ車は導入して13~14年で引退する車両が多くなっています。

ちなみに、>>545のコメントを書いた「真の阪急バスファン」さんは、>>544の情報は「クロネコヤマト」さん(が書いた)と思われていますが、「名無し」さんで投稿していますよ~

きちんと、記事を書いた名前を見て!!


ほんで、このサイトは討論会では無いんやから、人を疑うのを止めろ!!

  • [545]
  • Re: 豊能営業所日産デRM399が引退、廃車について

  • 投稿者:真の阪急バスファン
  • 投稿日:2017年10月27日(金)22時40分39秒
  • 返信
 
>>544
> >>543
8月に豊能399のナンバープレートと行き先方向が外されたのを確認したので、おそらく、399は引退された可能性があると書かれていました
が、伊丹の405・406は10月10日現在も残っています。

> >  それはナンバーがきっていたら間違えなく除籍ですね、てか日デ西工RMは伊丹の他にも吹田や森町にもいますよ? 伊丹だけではないことをお伝えしておきます!


それと、ダイヤ改正関連ですがわかりもしないのに憶測だけでの車両運用は言わないほうが良いと思いますよ、クロネコヤマトくん!!

  • [544]
  • Re: 豊能営業所日産デRM399が引退、廃車

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2017年10月21日(土)12時34分33秒
  • 返信
 
>>543
> 8月に豊能399のナンバープレートと行き先方向が外されたのを確認したので、おそらく、399は引退された可能性があると書かれていましたが、伊丹の405・406は10月10日現在も残っています。


ただ、伊丹管轄では11月1日にダイヤ改正を全路線で行われ、中型車で運行している園田線(阪急園田⇔JR猪名寺⇔伊丹[営])が平日の4本のみ、岡町線(伊丹[営]⇔阪急伊丹⇔イオンモール伊丹⇔豊中駅前)も運行回数を調整します。

ダイヤ改正の実施と同時に405・406が引退する可能性があるかもしれません。

ちなみに、伊丹管轄路線の全路線がダイヤ改正をすると書きましたが、現在、伊丹が担当している150系統の満願寺線(JR川西池田・川西バスターミナル・雲雀丘花屋敷駅前⇔満願寺・愛宕原ゴルフ場)は11月1日に伏尾台の担当に変わり、伏尾台住宅内⇔池田駅前を運行している一部の便(平日6本、土日祝日3本)を伏尾台住宅内⇔池田駅前⇔JR川西池田に変更(川西バスターミナルには乗り入れなし)、数年振りに池田市内⇔川西市内の176号線を定期便が復活します。(梅田駅発の川西市内⇒日生中央・日生NT行きの深夜急行バスは走っていますが、一般路線としては数年振りに復活。満願寺線の変更理由は宝塚大学の学生便輸送が伏尾台の担当なので、その影響で満願寺線の担当も伏尾台の担当に?)

現在、伊丹が担当している満願寺線は、桃源台線(JR伊丹・阪急伊丹⇔川西バスターミナル・JR川西池田)の車両がJR川西池田に到着した後、そのまま満願寺線で運行していた車両があるので(逆に満願寺線で運行している車両がJR川西池田に到着後、そのまま桃源台線で伊丹市内へ運行)、伏尾台担当に変わると伏尾台住宅内⇔池田駅前⇔JR川西池田で運行する車両がJR川西池田に到着した後、そのまま満願寺線で運行される可能性があると思います。


なお、満願寺線の系統は150系統のままですが、(伊丹の担当へ変わる)98年まで運行していた石橋時代から満願寺線の系統番号は150系統と変わっていないので、系統番号を変更してもいいと思います。

(千里の豊中市内線は08年の12月に行われた経路変更に伴ったダイヤ改正が実施した時に系統番号を変更し、茨木の粟生団地線も以前は150番台・170番台の番号でしたが、今から15~20年ぐらい前に30番台・50番台・60番台・70番台へ変更しました)

  • [543]
  • 豊能営業所日産デRM399が引退、廃車

  • 投稿者:シショウ
  • 投稿日:2017年 8月 8日(火)19時26分57秒
  • 返信
 
今日阪急バス豊能営業所を通った時に日産デRM399がナンバープレートが外してあって、前の行き先方向が白であったのが見てたので、日産デRM399が引退、廃車になったそうです。たぶん豊能営業所にTKG代の新型エアロミディ(車番はわからない)が導入されたので、その置き換えになったのでしょう。

  • [542]
  • 日産デJP361ノンステが引退

  • 投稿者:シショウ
  • 投稿日:2017年 7月31日(月)21時55分6秒
  • 返信
 
箕面森町出張所で予備車として活躍していた日産デJP361ノンステが引退したそうです。

  • [541]
  • 千里174.175.176が石橋に転属

  • 投稿者:ロートン
  • 投稿日:2017年 7月12日(水)19時31分7秒
  • 返信
 
千里174.175.176が石橋に転属しました。営業所表記も石橋に変わっていました。

  • [540]
  • (無題)

  • 投稿者:いのちゃん
  • 投稿日:2017年 6月15日(木)00時24分14秒
  • 返信
 
野獣「24歳です」
インタビュアー「じゃあもう社会人?」
野獣「学生です」
――「学生さん…」
テロップ「バビロン27・フェチ3 出演」
――「え~、身長体重ってのは?」
野獣「身長は170センチ」
――「うん」
野獣「体重は74キロです」
――「74キロ、はい。じゃあ、え~、まずTシャツの方脱いでくださ~い」
――「人前で裸になるってのはどう?抵抗ある?」
野獣「水泳とかするんで、そんなに抵抗はないですね」
――「あ、ふ~ん。じゃあウェイトトレーニングとかもやってるの?」
野獣「はい、やってます」
――「ふ~ん」
野獣「服はここでいいですか?」
――「はいOKで~す」
――「すごい結構、すごい体してますね」
野獣「ん~まあ普通に健康目的ですけど」
――「ほ~。もう何年ぐらいトレーニングはやってます?」
野獣「そうですね~、5年ぐらい」
――「5年ぐらい?」
野獣「はい」
※パンツ一丁になる野獣
――「え~~、自分でモノの大きさってのは測ったことあります?」
野獣「あります」
――「その時は何センチぐらいでした?」
野獣「13センチぐらい」
――「ふ~ん」
――「結構足もトレーニングしてます?」
野獣「足もしてます。バランスよくやらないと」
※頭の後ろで腕を組む野獣(ドリル先輩)
――「ふ~ん」
――「じゃあちょっとそのままで。大体いつもブリーフ?」
野獣「え~とそうですね。あの、伸縮性のある、ボクサー型の、っていうんですかね。ちょっとスパッツに近い感じ…」
――「うん…。やっぱりブリーフの方がこう、なんていうか…はきやすいっていうか」
野獣「そうですね。う~ん…。ブリーフ、ブリーフも多いんですけど、ふたいたいはボクサー型の」
――「あ、ボクサー型の」
野獣「うん…」
――「今セックスって大体週どれぐらいやってる?」
野獣「1か2ぐらいですね」
――「1か2ぐらい」
野獣「はい」
※パンツを脱ぐ野獣
――「今ちょっと少し反応っていうか…ちょっとしてます?」
野獣「はい」
――「うん」
――「オナニーっていうのは週今どれぐらいやってます?」
野獣「結構頻繁ですね。そんな1日にそんな回数はないんですけど、でも毎日やってますね」
――「あ~やっぱ毎日」
野獣「はい」
――「最近はいつ抜いたの?」
野獣「今朝ですねぇ!(平然)」
――「今朝ぁ!?」
野獣「はぁい」
――「フフッw」
――「ちょっとお尻の方見るんで」
※野獣の肛門をまさぐるインタビュアー
――「性感マッサージとかって行ったことある?」
野獣「性(ry、ありますあります」
――「あります?」
野獣「はい」
――「その時、こう、指とかは入れられなかった?もし…」
野獣「あ、試してみたことはありますよ」
――「本当?どうだった?」
野獣「全然気持ち良くなかった」
――「全然w」
野獣「アレは、ダメみたいですね(冷静)」
――「ダメみたい?」
野獣「はい」
――「ふ~ん…」
※ノンケAVを見ながらインタビュアーにシコられる野獣
野獣「硬くなってるでしょ?」
――「うん」
野獣「イキますよ」
――「うん」
※事後
――「どうだった?人前でオナニーっていうか、イッた感じは。そう抵抗ない?」
野獣「抵抗はないですよ」
――「うん大丈夫?は~い…」

DISCOVERY 第六号 リアルショック!!青年TYPHOON[編集]
[閲覧] [編集] [履歴表示]
※『ザ・フェチ Vol.3 フェチシリーズ初心者編』と同一の自己紹介から始まる
(略)
野獣「特にはやってないんすけど、トゥレーニングはし、やってます」
~~『ザ・フェチ』映像終わり~~~
インタビュアー「彼女とかいる?今」
野獣「今はいないです」
──「今はいない?いつまでいたの?」
野獣「こ…去年ですねぇ」
──「去年?」
野獣「はい」
──「ふーん」
──「風俗とかは行くの?」
野獣「行ったことありますよ」
──「どういう系統が好きなの?」
野獣「そぉ~ですね…やっぱり僕は、王道を征く、ソープ系、ですか」
──「ああソープ?高いでしょでもソープ」
野獣「ピンキリですよねでもね」
──「ふーん」
野獣「うん」
──「じゃあオナニーとかっていうのは?」
野獣「やりますねぇ!(大声)」
──「やるんだ」
野獣「やりますやります」
──「ふーん」
──「週何回とか、そういうのはある?」
野獣「シュー(週)…うーん…何回っていう感じじゃない、でも頻繁に、やってますね」
──「やってる?」
野獣「はい」
──「じゃあ…えー…最近いつ抜いたの?」
野獣「最近は…3…日前」
──「3日前、ふーん」
(カメラがズームして行き、なぜか野獣の右の二の腕を大写しする)
(カメラ元に戻り、Tシャツを脱ぎ出す野獣)
──「それだけ体…鍛えてれば自信あるでしょ」
野獣「いやーそうでもないですよ」
──「うそ?」
野獣「服とか結構困りますよね」
──「ああー」
野獣「サイズ合わなくて」
──「サイズ合わなくて?」
(短パンを脱ぎ出す野獣)
野獣「うん」
──「どうこれ見られて、どう?恥ずかしくない?」
野獣「いや全然」
──「全然大丈夫?」
(野獣、パンツも脱ぎ全裸になる)
──「結構水着の跡が、ついてるね」
野獣「そうなんですよ」
──「うん」
野獣「行ったばっかりなんで」
──「そうなんだ」
(野獣、オレンジ色の競パンに履き替える)
──「結構、じゃあ海…こう日焼けとかする時は」
野獣「はい」
──「あのー…そういう競泳用の…水着とか、着る?」
野獣「焼くときは!(大声)」
──「焼くときは」
野獣「普通に海遊びに行くときは、普通…に海パン…海パンですね」
──「海パンで」
カシャン!(シャッター音)
──「ちょっと腕に力入れてみよっか、うん」
野獣「こういう感じでいいですか」
──「うん」
(野獣、競パンを脱いで白のブリーフに履き替える)
(場面変わって、ソファに腰掛けてAVを鑑賞する野獣)
──「どう?こういうレズ物とかってのは別に嫌いではないの?」
野獣「はい」
カシャン!(シャッター音)
──「結構反応してきたね」
野獣「してますね」
──「結構勃ちやすい方なの?」
野獣「勃ちやすいですよ」
──「ちょっとチンチン意識的にこう動かせる?」
──「じゃあそのまま脱いでみよっか」
(ブリーフを脱ぎ、再び全裸になる野獣)
(アンニュイな表情の野獣のクローズアップ、カメラはそのまま足先まで下がる)
(バットマン登場、野獣を愛撫し始める)
野獣「もうイッちゃいそうなんですけど」
──「もうイッちゃいそうなの!?」
野獣「うん」
野獣「あっ出ちゃう出ちゃう出ちゃう、出ちゃう」
──「ホント?」
──「あちょっと我慢して、もうちょっと我慢してね」
野獣「あっもう」
──「もうちょっと我慢、我慢して」
(場面変わって、M字開脚の野獣)
──「性感マッサージで、こう女の子に指とか入れられたことってある?」
野獣「あります」
──「どう?結構感じた?」
野獣「まあそう…よく分かんなかったですね、そんときは全然良くなかったです」
──「本当?」
──「じゃあね指の方入れてみるから」
──「やっぱバイブは痛い?」
野獣「痛いですねぇ…これは痛い」
野獣「イキそう…イクっ!」
AV「はぁ…はぁ…んんっ…んはぁ…」
──「大丈夫だった?男の手にイカされたけど」
野獣「大丈夫です」
──「やっぱり自分の手でやるのとは違った?」
野獣「んにゃぴ(んー…やっぱ)、やっぱり自分…の方が一番良いですよね、とりあえず」
──「ああ、イキやすいってこと?」
野獣「そうですね」

  • [539]
  • (無題)

  • 投稿者:いのちゃん
  • 投稿日:2017年 6月15日(木)00時23分58秒
  • 返信
 
野獣「24歳です」
インタビュアー「じゃあもう社会人?」
野獣「学生です」
――「学生さん…」
テロップ「バビロン27・フェチ3 出演」
――「え~、身長体重ってのは?」
野獣「身長は170センチ」
――「うん」
野獣「体重は74キロです」
――「74キロ、はい。じゃあ、え~、まずTシャツの方脱いでくださ~い」
――「人前で裸になるってのはどう?抵抗ある?」
野獣「水泳とかするんで、そんなに抵抗はないですね」
――「あ、ふ~ん。じゃあウェイトトレーニングとかもやってるの?」
野獣「はい、やってます」
――「ふ~ん」
野獣「服はここでいいですか?」
――「はいOKで~す」
――「すごい結構、すごい体してますね」
野獣「ん~まあ普通に健康目的ですけど」
――「ほ~。もう何年ぐらいトレーニングはやってます?」
野獣「そうですね~、5年ぐらい」
――「5年ぐらい?」
野獣「はい」
※パンツ一丁になる野獣
――「え~~、自分でモノの大きさってのは測ったことあります?」
野獣「あります」
――「その時は何センチぐらいでした?」
野獣「13センチぐらい」
――「ふ~ん」
――「結構足もトレーニングしてます?」
野獣「足もしてます。バランスよくやらないと」
※頭の後ろで腕を組む野獣(ドリル先輩)
――「ふ~ん」
――「じゃあちょっとそのままで。大体いつもブリーフ?」
野獣「え~とそうですね。あの、伸縮性のある、ボクサー型の、っていうんですかね。ちょっとスパッツに近い感じ…」
――「うん…。やっぱりブリーフの方がこう、なんていうか…はきやすいっていうか」
野獣「そうですね。う~ん…。ブリーフ、ブリーフも多いんですけど、ふたいたいはボクサー型の」
――「あ、ボクサー型の」
野獣「うん…」
――「今セックスって大体週どれぐらいやってる?」
野獣「1か2ぐらいですね」
――「1か2ぐらい」
野獣「はい」
※パンツを脱ぐ野獣
――「今ちょっと少し反応っていうか…ちょっとしてます?」
野獣「はい」
――「うん」
――「オナニーっていうのは週今どれぐらいやってます?」
野獣「結構頻繁ですね。そんな1日にそんな回数はないんですけど、でも毎日やってますね」
――「あ~やっぱ毎日」
野獣「はい」
――「最近はいつ抜いたの?」
野獣「今朝ですねぇ!(平然)」
――「今朝ぁ!?」
野獣「はぁい」
――「フフッw」
――「ちょっとお尻の方見るんで」
※野獣の肛門をまさぐるインタビュアー
――「性感マッサージとかって行ったことある?」
野獣「性(ry、ありますあります」
――「あります?」
野獣「はい」
――「その時、こう、指とかは入れられなかった?もし…」
野獣「あ、試してみたことはありますよ」
――「本当?どうだった?」
野獣「全然気持ち良くなかった」
――「全然w」
野獣「アレは、ダメみたいですね(冷静)」
――「ダメみたい?」
野獣「はい」
――「ふ~ん…」
※ノンケAVを見ながらインタビュアーにシコられる野獣
野獣「硬くなってるでしょ?」
――「うん」
野獣「イキますよ」
――「うん」
※事後
――「どうだった?人前でオナニーっていうか、イッた感じは。そう抵抗ない?」
野獣「抵抗はないですよ」
――「うん大丈夫?は~い…」

DISCOVERY 第六号 リアルショック!!青年TYPHOON[編集]
[閲覧] [編集] [履歴表示]
※『ザ・フェチ Vol.3 フェチシリーズ初心者編』と同一の自己紹介から始まる
(略)
野獣「特にはやってないんすけど、トゥレーニングはし、やってます」
~~~『ザ・フェチ』映像終わり~~~
インタビュアー「彼女とかいる?今」
野獣「今はいないです」
──「今はいない?いつまでいたの?」
野獣「こ…去年ですねぇ」
──「去年?」
野獣「はい」
──「ふーん」
──「風俗とかは行くの?」
野獣「行ったことありますよ」
──「どういう系統が好きなの?」
野獣「そぉ~ですね…やっぱり僕は、王道を征く、ソープ系、ですか」
──「ああソープ?高いでしょでもソープ」
野獣「ピンキリですよねでもね」
──「ふーん」
野獣「うん」
──「じゃあオナニーとかっていうのは?」
野獣「やりますねぇ!(大声)」
──「やるんだ」
野獣「やりますやります」
──「ふーん」
──「週何回とか、そういうのはある?」
野獣「シュー(週)…うーん…何回っていう感じじゃない、でも頻繁に、やってますね」
──「やってる?」
野獣「はい」
──「じゃあ…えー…最近いつ抜いたの?」
野獣「最近は…3…日前」
──「3日前、ふーん」
(カメラがズームして行き、なぜか野獣の右の二の腕を大写しする)
(カメラ元に戻り、Tシャツを脱ぎ出す野獣)
──「それだけ体…鍛えてれば自信あるでしょ」
野獣「いやーそうでもないですよ」
──「うそ?」
野獣「服とか結構困りますよね」
──「ああー」
野獣「サイズ合わなくて」
──「サイズ合わなくて?」
(短パンを脱ぎ出す野獣)
野獣「うん」
──「どうこれ見られて、どう?恥ずかしくない?」
野獣「いや全然」
──「全然大丈夫?」
(野獣、パンツも脱ぎ全裸になる)
──「結構水着の跡が、ついてるね」
野獣「そうなんですよ」
──「うん」
野獣「行ったばっかりなんで」
──「そうなんだ」
(野獣、オレンジ色の競パンに履き替える)
──「結構、じゃあ海…こう日焼けとかする時は」
野獣「はい」
──「あのー…そういう競泳用の…水着とか、着る?」
野獣「焼くときは!(大声)」
──「焼くときは」
野獣「普通に海遊びに行くときは、普通…に海パン…海パンですね」
──「海パンで」
カシャン!(シャッター音)
──「ちょっと腕に力入れてみよっか、うん」
野獣「こういう感じでいいですか」
──「うん」
(野獣、競パンを脱いで白のブリーフに履き替える)
(場面変わって、ソファに腰掛けてAVを鑑賞する野獣)
──「どう?こういうレズ物とかってのは別に嫌いではないの?」
野獣「はい」
カシャン!(シャッター音)
──「結構反応してきたね」
野獣「してますね」
──「結構勃ちやすい方なの?」
野獣「勃ちやすいですよ」
──「ちょっとチンチン意識的にこう動かせる?」
──「じゃあそのまま脱いでみよっか」
(ブリーフを脱ぎ、再び全裸になる野獣)
(アンニュイな表情の野獣のクローズアップ、カメラはそのまま足先まで下がる)
(バットマン登場、野獣を愛撫し始める)
野獣「もうイッちゃいそうなんですけど」
──「もうイッちゃいそうなの!?」
野獣「うん」
野獣「あっ出ちゃう出ちゃう出ちゃう、出ちゃう」
──「ホント?」
──「あちょっと我慢して、もうちょっと我慢してね」
野獣「あっもう」
──「もうちょっと我慢、我慢して」
(場面変わって、M字開脚の野獣)
──「性感マッサージで、こう女の子に指とか入れられたことってある?」
野獣「あります」
──「どう?結構感じた?」
野獣「まあそう…よく分かんなかったですね、そんときは全然良くなかったです」
──「本当?」
──「じゃあね指の方入れてみるから」
──「やっぱバイブは痛い?」
野獣「痛いですねぇ…これは痛い」
野獣「イキそう…イクっ!」
AV「はぁ…はぁ…んんっ…んはぁ…」
──「大丈夫だった?男の手にイカされたけど」
野獣「大丈夫です」
──「やっぱり自分の手でやるのとは違った?」
野獣「んにゃぴ(んー…やっぱ)、やっぱり自分…の方が一番良いですよね、とりあえず」
──「ああ、イキやすいってこと?」
野獣「そうですね」

  • [538]
  • (無題)

  • 投稿者:いのちゃん
  • 投稿日:2017年 6月15日(木)00時23分50秒
  • 返信
 
野獣「24歳です」
インタビュアー「じゃあもう社会人?」
野獣「学生です」
――「学生さん…」
テロップ「バビロン27・フェチ3 出演」
――「え~、身長体重ってのは?」
野獣「身長は170センチ」
――「うん」
野獣「体重は74キロです」
――「74キロ、はい。じゃあ、え~、まずTシャツの方脱いでくださ~い」
――「人前で裸になるってのはどう?抵抗ある?」
野獣「水泳とかするんで、そんなに抵抗はないですね」
――「あ、ふ~ん。じゃあウェイトトレーニングとかもやってるの?」
野獣「はい、やってます」
――「ふ~ん」
野獣「服はここでいいですか?」
――「はいOKで~す」
――「すごい結構、すごい体してますね」
野獣「ん~まあ普通に健康目的ですけど」
――「ほ~。もう何年ぐらいトレーニングはやってます?」
野獣「そうですね~、5年ぐらい」
――「5年ぐらい?」
野獣「はい」
※パンツ一丁になる野獣
――「え~~、自分でモノの大きさってのは測ったことあります?」
野獣「あります」
――「その時は何センチぐらいでした?」
野獣「13センチぐらい」
――「ふ~ん」
――「結構足もトレーニングしてます?」
野獣「足もしてます。バランスよくやらないと」
※頭の後ろで腕を組む野獣(ドリル先輩)
――「ふ~ん」
――「じゃあちょっとそのままで。大体いつもブリーフ?」
野獣「え~とそうですね。あの、伸縮性のある、ボクサー型の、っていうんですかね。ちょっとスパッツに近い感じ…」
――「うん…。やっぱりブリーフの方がこう、なんていうか…はきやすいっていうか」
野獣「そうですね。う~ん…。ブリーフ、ブリーフも多いんですけど、ふたいたいはボクサー型の」
――「あ、ボクサー型の」
野獣「うん…」
――「今セックスって大体週どれぐらいやってる?」
野獣「1か2ぐらいですね」
――「1か2ぐらい」
野獣「はい」
※パンツを脱ぐ野獣
――「今ちょっと少し反応っていうか…ちょっとしてます?」
野獣「はい」
――「うん」
――「オナニーっていうのは週今どれぐらいやってます?」
野獣「結構頻繁ですね。そんな1日にそんな回数はないんですけど、でも毎日やってますね」
――「あ~やっぱ毎日」
野獣「はい」
――「最近はいつ抜いたの?」
野獣「今朝ですねぇ!(平然)」
――「今朝ぁ!?」
野獣「はぁい」
――「フフッw」
――「ちょっとお尻の方見るんで」
※野獣の肛門をまさぐるインタビュアー
――「性感マッサージとかって行ったことある?」
野獣「性(ry、ありますあります」
――「あります?」
野獣「はい」
――「その時、こう、指とかは入れられなかった?もし…」
野獣「あ、試してみたことはありますよ」
――「本当?どうだった?」
野獣「全然気持ち良くなかった」
――「全然w」
野獣「アレは、ダメみたいですね(冷静)」
――「ダメみたい?」
野獣「はい」
――「ふ~ん…」
※ノンケAVを見ながらインタビュアーにシコられる野獣
野獣「硬くなってるでしょ?」
――「うん」
野獣「イキますよ」
――「うん」
※事後
――「どうだった?人前でオナニーっていうか、イッた感じは。そう抵抗ない?」
野獣「抵抗はないですよ」
――「うん大丈夫?は~い…」

DISCOVERY 第六号 リアルショック!!青年TYPHOON[編集]
[閲覧] [編集] [履歴表示]
※『ザ・フェチ Vol.3 フェチシリーズ初心者編』と同一の自己紹介から始まる
(略)
野獣「特にはやってないんすけど、トゥレーニングはし、やってます」
~~~『ザ・フェチ』映像終わり~~
インタビュアー「彼女とかいる?今」
野獣「今はいないです」
──「今はいない?いつまでいたの?」
野獣「こ…去年ですねぇ」
──「去年?」
野獣「はい」
──「ふーん」
──「風俗とかは行くの?」
野獣「行ったことありますよ」
──「どういう系統が好きなの?」
野獣「そぉ~ですね…やっぱり僕は、王道を征く、ソープ系、ですか」
──「ああソープ?高いでしょでもソープ」
野獣「ピンキリですよねでもね」
──「ふーん」
野獣「うん」
──「じゃあオナニーとかっていうのは?」
野獣「やりますねぇ!(大声)」
──「やるんだ」
野獣「やりますやります」
──「ふーん」
──「週何回とか、そういうのはある?」
野獣「シュー(週)…うーん…何回っていう感じじゃない、でも頻繁に、やってますね」
──「やってる?」
野獣「はい」
──「じゃあ…えー…最近いつ抜いたの?」
野獣「最近は…3…日前」
──「3日前、ふーん」
(カメラがズームして行き、なぜか野獣の右の二の腕を大写しする)
(カメラ元に戻り、Tシャツを脱ぎ出す野獣)
──「それだけ体…鍛えてれば自信あるでしょ」
野獣「いやーそうでもないですよ」
──「うそ?」
野獣「服とか結構困りますよね」
──「ああー」
野獣「サイズ合わなくて」
──「サイズ合わなくて?」
(短パンを脱ぎ出す野獣)
野獣「うん」
──「どうこれ見られて、どう?恥ずかしくない?」
野獣「いや全然」
──「全然大丈夫?」
(野獣、パンツも脱ぎ全裸になる)
──「結構水着の跡が、ついてるね」
野獣「そうなんですよ」
──「うん」
野獣「行ったばっかりなんで」
──「そうなんだ」
(野獣、オレンジ色の競パンに履き替える)
──「結構、じゃあ海…こう日焼けとかする時は」
野獣「はい」
──「あのー…そういう競泳用の…水着とか、着る?」
野獣「焼くときは!(大声)」
──「焼くときは」
野獣「普通に海遊びに行くときは、普通…に海パン…海パンですね」
──「海パンで」
カシャン!(シャッター音)
──「ちょっと腕に力入れてみよっか、うん」
野獣「こういう感じでいいですか」
──「うん」
(野獣、競パンを脱いで白のブリーフに履き替える)
(場面変わって、ソファに腰掛けてAVを鑑賞する野獣)
──「どう?こういうレズ物とかってのは別に嫌いではないの?」
野獣「はい」
カシャン!(シャッター音)
──「結構反応してきたね」
野獣「してますね」
──「結構勃ちやすい方なの?」
野獣「勃ちやすいですよ」
──「ちょっとチンチン意識的にこう動かせる?」
──「じゃあそのまま脱いでみよっか」
(ブリーフを脱ぎ、再び全裸になる野獣)
(アンニュイな表情の野獣のクローズアップ、カメラはそのまま足先まで下がる)
(バットマン登場、野獣を愛撫し始める)
野獣「もうイッちゃいそうなんですけど」
──「もうイッちゃいそうなの!?」
野獣「うん」
野獣「あっ出ちゃう出ちゃう出ちゃう、出ちゃう」
──「ホント?」
──「あちょっと我慢して、もうちょっと我慢してね」
野獣「あっもう」
──「もうちょっと我慢、我慢して」
(場面変わって、M字開脚の野獣)
──「性感マッサージで、こう女の子に指とか入れられたことってある?」
野獣「あります」
──「どう?結構感じた?」
野獣「まあそう…よく分かんなかったですね、そんときは全然良くなかったです」
──「本当?」
──「じゃあね指の方入れてみるから」
──「やっぱバイブは痛い?」
野獣「痛いですねぇ…これは痛い」
野獣「イキそう…イクっ!」
AV「はぁ…はぁ…んんっ…んはぁ…」
──「大丈夫だった?男の手にイカされたけど」
野獣「大丈夫です」
──「やっぱり自分の手でやるのとは違った?」
野獣「んにゃぴ(んー…やっぱ)、やっぱり自分…の方が一番良いですよね、とりあえず」
──「ああ、イキやすいってこと?」
野獣「そうですね」

  • [537]
  • (無題)

  • 投稿者:いのちゃん
  • 投稿日:2017年 6月15日(木)00時22分50秒
  • 返信
 
野獣「24歳です」
インタビュアー「じゃあもう社会人?」
野獣「学生です」
――「学生さん…」
テロップ「バビロン27・フェチ3 出演」
――「え~、身長体重ってのは?」
野獣「身長は170センチ」
――「うん」
野獣「体重は74キロです」
――「74キロ、はい。じゃあ、え~、まずTシャツの方脱いでくださ~い」
――「人前で裸になるってのはどう?抵抗ある?」
野獣「水泳とかするんで、そんなに抵抗はないですね」
――「あ、ふ~ん。じゃあウェイトトレーニングとかもやってるの?」
野獣「はい、やってます」
――「ふ~ん」
野獣「服はここでいいですか?」
――「はいOKで~す」
――「すごい結構、すごい体してますね」
野獣「ん~まあ普通に健康目的ですけど」
――「ほ~。もう何年ぐらいトレーニングはやってます?」
野獣「そうですね~、5年ぐらい」
――「5年ぐらい?」
野獣「はい」
※パンツ一丁になる野獣
――「え~~、自分でモノの大きさってのは測ったことあります?」
野獣「あります」
――「その時は何センチぐらいでした?」
野獣「13センチぐらい」
――「ふ~ん」
――「結構足もトレーニングしてます?」
野獣「足もしてます。バランスよくやらないと」
※頭の後ろで腕を組む野獣(ドリル先輩)
――「ふ~ん」
――「じゃあちょっとそのままで。大体いつもブリーフ?」
野獣「え~とそうですね。あの、伸縮性のある、ボクサー型の、っていうんですかね。ちょっとスパッツに近い感じ…」
――「うん…。やっぱりブリーフの方がこう、なんていうか…はきやすいっていうか」
野獣「そうですね。う~ん…。ブリーフ、ブリーフも多いんですけど、ふたいたいはボクサー型の」
――「あ、ボクサー型の」
野獣「うん…」
――「今セックスって大体週どれぐらいやってる?」
野獣「1か2ぐらいですね」
――「1か2ぐらい」
野獣「はい」
※パンツを脱ぐ野獣
――「今ちょっと少し反応っていうか…ちょっとしてます?」
野獣「はい」
――「うん」
――「オナニーっていうのは週今どれぐらいやってます?」
野獣「結構頻繁ですね。そんな1日にそんな回数はないんですけど、でも毎日やってますね」
――「あ~やっぱ毎日」
野獣「はい」
――「最近はいつ抜いたの?」
野獣「今朝ですねぇ!(平然)」
――「今朝ぁ!?」
野獣「はぁい」
――「フフッw」
――「ちょっとお尻の方見るんで」
※野獣の肛門をまさぐるインタビュアー
――「性感マッサージとかって行ったことある?」
野獣「性(ry、ありますあります」
――「あります?」
野獣「はい」
――「その時、こう、指とかは入れられなかった?もし…」
野獣「あ、試してみたことはありますよ」
――「本当?どうだった?」
野獣「全然気持ち良くなかった」
――「全然w」
野獣「アレは、ダメみたいですね(冷静)」
――「ダメみたい?」
野獣「はい」
――「ふ~ん…」
※ノンケAVを見ながらインタビュアーにシコられる野獣
野獣「硬くなってるでしょ?」
――「うん」
野獣「イキますよ」
――「うん」
※事後
――「どうだった?人前でオナニーっていうか、イッた感じは。そう抵抗ない?」
野獣「抵抗はないですよ」
――「うん大丈夫?は~い…」

DISCOVERY 第六号 リアルショック!!青年TYPHOON[編集]
[閲覧] [編集] [履歴表示]
※『ザ・フェチ Vol.3 フェチシリーズ初心者編』と同一の自己紹介から始まる
(略)
野獣「特にはやってないんすけど、トゥレーニングはし、やってます」
~~~『ザ・フェチ』映像終わり~~~
インタビュアー「彼女とかいる?今」
野獣「今はいないです」
──「今はいない?いつまでいたの?」
野獣「こ…去年ですねぇ」
──「去年?」
野獣「はい」
──「ふーん」
──「風俗とかは行くの?」
野獣「行ったことありますよ」
──「どういう系統が好きなの?」
野獣「そぉ~ですね…やっぱり僕は、王道を征く、ソープ系、ですか」
──「ああソープ?高いでしょでもソープ」
野獣「ピンキリですよねでもね」
──「ふーん」
野獣「うん」
──「じゃあオナニーとかっていうのは?」
野獣「やりますねぇ!(大声)」
──「やるんだ」
野獣「やりますやります」
──「ふーん」
──「週何回とか、そういうのはある?」
野獣「シュー(週)…うーん…何回っていう感じじゃない、でも頻繁に、やってますね」
──「やってる?」
野獣「はい」
──「じゃあ…えー…最近いつ抜いたの?」
野獣「最近は…3…日前」
──「3日前、ふーん」
(カメラがズームして行き、なぜか野獣の右の二の腕を大写しする)
(カメラ元に戻り、Tシャツを脱ぎ出す野獣)
──「それだけ体…鍛えてれば自信あるでしょ」
野獣「いやーそうでもないですよ」
──「うそ?」
野獣「服とか結構困りますよね」
──「ああー」
野獣「サイズ合わなくて」
──「サイズ合わなくて?」
(短パンを脱ぎ出す野獣)
野獣「うん」
──「どうこれ見られて、どう?恥ずかしくない?」
野獣「いや全然」
──「全然大丈夫?」
(野獣、パンツも脱ぎ全裸になる)
──「結構水着の跡が、ついてるね」
野獣「そうなんですよ」
──「うん」
野獣「行ったばっかりなんで」
──「そうなんだ」
(野獣、オレンジ色の競パンに履き替える)
──「結構、じゃあ海…こう日焼けとかする時は」
野獣「はい」
──「あのー…そういう競泳用の…水着とか、着る?」
野獣「焼くときは!(大声)」
──「焼くときは」
野獣「普通に海遊びに行くときは、普通…に海パン…海パンですね」
──「海パンで」
カシャン!(シャッター音)
──「ちょっと腕に力入れてみよっか、うん」
野獣「こういう感じでいいですか」
──「うん」
(野獣、競パンを脱いで白のブリーフに履き替える)
(場面変わって、ソファに腰掛けてAVを鑑賞する野獣)
──「どう?こういうレズ物とかってのは別に嫌いではないの?」
野獣「はい」
カシャン!(シャッター音)
──「結構反応してきたね」
野獣「してますね」
──「結構勃ちやすい方なの?」
野獣「勃ちやすいですよ」
──「ちょっとチンチン意識的にこう動かせる?」
──「じゃあそのまま脱いでみよっか」
(ブリーフを脱ぎ、再び全裸になる野獣)
(アンニュイな表情の野獣のクローズアップ、カメラはそのまま足先まで下がる)
(バットマン登場、野獣を愛撫し始める)
野獣「もうイッちゃいそうなんですけど」
──「もうイッちゃいそうなの!?」
野獣「うん」
野獣「あっ出ちゃう出ちゃう出ちゃう、出ちゃう」
──「ホント?」
──「あちょっと我慢して、もうちょっと我慢してね」
野獣「あっもう」
──「もうちょっと我慢、我慢して」
(場面変わって、M字開脚の野獣)
──「性感マッサージで、こう女の子に指とか入れられたことってある?」
野獣「あります」
──「どう?結構感じた?」
野獣「まあそう…よく分かんなかったですね、そんときは全然良くなかったです」
──「本当?」
──「じゃあね指の方入れてみるから」
──「やっぱバイブは痛い?」
野獣「痛いですねぇ…これは痛い」
野獣「イキそう…イクっ!」
AV「はぁ…はぁ…んんっ…んはぁ…」
──「大丈夫だった?男の手にイカされたけど」
野獣「大丈夫です」
──「やっぱり自分の手でやるのとは違った?」
野獣「んにゃぴ(んー…やっぱ)、やっぱり自分…の方が一番良いですよね、とりあえず」
──「ああ、イキやすいってこと?」
野獣「そうですね」

  • [536]
  • (無題)

  • 投稿者:いのちゃん
  • 投稿日:2017年 6月15日(木)00時22分44秒
  • 返信
 
野獣「24歳です」
インタビュアー「じゃあもう社会人?」
野獣「学生です」
――「学生さん…」
テロップ「バビロン27・フェチ3 出演」
――「え~、身長体重ってのは?」
野獣「身長は170センチ」
――「うん」
野獣「体重は74キロです」
――「74キロ、はい。じゃあ、え~、まずTシャツの方脱いでくださ~い」
――「人前で裸になるってのはどう?抵抗ある?」
野獣「水泳とかするんで、そんなに抵抗はないですね」
――「あ、ふ~ん。じゃあウェイトトレーニングとかもやってるの?」
野獣「はい、やってます」
――「ふ~ん」
野獣「服はここでいいですか?」
――「はいOKで~す」
――「すごい結構、すごい体してますね」
野獣「ん~まあ普通に健康目的ですけど」
――「ほ~。もう何年ぐらいトレーニングはやってます?」
野獣「そうですね~、5年ぐらい」
――「5年ぐらい?」
野獣「はい」
※パンツ一丁になる野獣
――「え~~、自分でモノの大きさってのは測ったことあります?」
野獣「あります」
――「その時は何センチぐらいでした?」
野獣「13センチぐらい」
――「ふ~ん」
――「結構足もトレーニングしてます?」
野獣「足もしてます。バランスよくやらないと」
※頭の後ろで腕を組む野獣(ドリル先輩)
――「ふ~ん」
――「じゃあちょっとそのままで。大体いつもブリーフ?」
野獣「え~とそうですね。あの、伸縮性のある、ボクサー型の、っていうんですかね。ちょっとスパッツに近い感じ…」
――「うん…。やっぱりブリーフの方がこう、なんていうか…はきやすいっていうか」
野獣「そうですね。う~ん…。ブリーフ、ブリーフも多いんですけど、ふたいたいはボクサー型の」
――「あ、ボクサー型の」
野獣「うん…」
――「今セックスって大体週どれぐらいやってる?」
野獣「1か2ぐらいですね」
――「1か2ぐらい」
野獣「はい」
※パンツを脱ぐ野獣
――「今ちょっと少し反応っていうか…ちょっとしてます?」
野獣「はい」
――「うん」
――「オナニーっていうのは週今どれぐらいやってます?」
野獣「結構頻繁ですね。そんな1日にそんな回数はないんですけど、でも毎日やってますね」
――「あ~やっぱ毎日」
野獣「はい」
――「最近はいつ抜いたの?」
野獣「今朝ですねぇ!(平然)」
――「今朝ぁ!?」
野獣「はぁい」
――「フフッw」
――「ちょっとお尻の方見るんで」
※野獣の肛門をまさぐるインタビュアー
――「性感マッサージとかって行ったことある?」
野獣「性(ry、ありますあります」
――「あります?」
野獣「はい」
――「その時、こう、指とかは入れられなかった?もし…」
野獣「あ、試してみたことはありますよ」
――「本当?どうだった?」
野獣「全然気持ち良くなかった」
――「全然w」
野獣「アレは、ダメみたいですね(冷静)」
――「ダメみたい?」
野獣「はい」
――「ふ~ん…」
※ノンケAVを見ながらインタビュアーにシコられる野獣
野獣「硬くなってるでしょ?」
――「うん」
野獣「イキますよ」
――「うん」
※事後
――「どうだった?人前でオナニーっていうか、イッた感じは。そう抵抗ない?」
野獣「抵抗はないですよ」
――「うん大丈夫?は~い…」

DISCOVERY 第六号 リアルショック!!青年TYPHOON[編集]
[閲覧] [編集] [履歴表示]
※『ザ・フェチ Vol.3 フェチシリーズ初心者編』と同一の自己紹介から始まる
(略)
野獣「特にはやってないんすけど、トゥレーニングはし、やってます」
~~~『ザ・フェチ』映像終わり~~
インタビュアー「彼女とかいる?今」
野獣「今はいないです」
──「今はいない?いつまでいたの?」
野獣「こ…去年ですねぇ」
──「去年?」
野獣「はい」
──「ふーん」
──「風俗とかは行くの?」
野獣「行ったことありますよ」
──「どういう系統が好きなの?」
野獣「そぉ~ですね…やっぱり僕は、王道を征く、ソープ系、ですか」
──「ああソープ?高いでしょでもソープ」
野獣「ピンキリですよねでもね」
──「ふーん」
野獣「うん」
──「じゃあオナニーとかっていうのは?」
野獣「やりますねぇ!(大声)」
──「やるんだ」
野獣「やりますやります」
──「ふーん」
──「週何回とか、そういうのはある?」
野獣「シュー(週)…うーん…何回っていう感じじゃない、でも頻繁に、やってますね」
──「やってる?」
野獣「はい」
──「じゃあ…えー…最近いつ抜いたの?」
野獣「最近は…3…日前」
──「3日前、ふーん」
(カメラがズームして行き、なぜか野獣の右の二の腕を大写しする)
(カメラ元に戻り、Tシャツを脱ぎ出す野獣)
──「それだけ体…鍛えてれば自信あるでしょ」
野獣「いやーそうでもないですよ」
──「うそ?」
野獣「服とか結構困りますよね」
──「ああー」
野獣「サイズ合わなくて」
──「サイズ合わなくて?」
(短パンを脱ぎ出す野獣)
野獣「うん」
──「どうこれ見られて、どう?恥ずかしくない?」
野獣「いや全然」
──「全然大丈夫?」
(野獣、パンツも脱ぎ全裸になる)
──「結構水着の跡が、ついてるね」
野獣「そうなんですよ」
──「うん」
野獣「行ったばっかりなんで」
──「そうなんだ」
(野獣、オレンジ色の競パンに履き替える)
──「結構、じゃあ海…こう日焼けとかする時は」
野獣「はい」
──「あのー…そういう競泳用の…水着とか、着る?」
野獣「焼くときは!(大声)」
──「焼くときは」
野獣「普通に海遊びに行くときは、普通…に海パン…海パンですね」
──「海パンで」
カシャン!(シャッター音)
──「ちょっと腕に力入れてみよっか、うん」
野獣「こういう感じでいいですか」
──「うん」
(野獣、競パンを脱いで白のブリーフに履き替える)
(場面変わって、ソファに腰掛けてAVを鑑賞する野獣)
──「どう?こういうレズ物とかってのは別に嫌いではないの?」
野獣「はい」
カシャン!(シャッター音)
──「結構反応してきたね」
野獣「してますね」
──「結構勃ちやすい方なの?」
野獣「勃ちやすいですよ」
──「ちょっとチンチン意識的にこう動かせる?」
──「じゃあそのまま脱いでみよっか」
(ブリーフを脱ぎ、再び全裸になる野獣)
(アンニュイな表情の野獣のクローズアップ、カメラはそのまま足先まで下がる)
(バットマン登場、野獣を愛撫し始める)
野獣「もうイッちゃいそうなんですけど」
──「もうイッちゃいそうなの!?」
野獣「うん」
野獣「あっ出ちゃう出ちゃう出ちゃう、出ちゃう」
──「ホント?」
──「あちょっと我慢して、もうちょっと我慢してね」
野獣「あっもう」
──「もうちょっと我慢、我慢して」
(場面変わって、M字開脚の野獣)
──「性感マッサージで、こう女の子に指とか入れられたことってある?」
野獣「あります」
──「どう?結構感じた?」
野獣「まあそう…よく分かんなかったですね、そんときは全然良くなかったです」
──「本当?」
──「じゃあね指の方入れてみるから」
──「やっぱバイブは痛い?」
野獣「痛いですねぇ…これは痛い」
野獣「イキそう…イクっ!」
AV「はぁ…はぁ…んんっ…んはぁ…」
──「大丈夫だった?男の手にイカされたけど」
野獣「大丈夫です」
──「やっぱり自分の手でやるのとは違った?」
野獣「んにゃぴ(んー…やっぱ)、やっぱり自分…の方が一番良いですよね、とりあえず」
──「ああ、イキやすいってこと?」
野獣「そうですね」

  • [535]
  • (無題)

  • 投稿者:いのちゃん
  • 投稿日:2017年 6月15日(木)00時22分33秒
  • 返信
 
野獣「24歳です」
インタビュアー「じゃあもう社会人?」
野獣「学生です」
――「学生さん…」
テロップ「バビロン27・フェチ3 出演」
――「え~、身長体重ってのは?」
野獣「身長は170センチ」
――「うん」
野獣「体重は74キロです」
――「74キロ、はい。じゃあ、え~、まずTシャツの方脱いでくださ~い」
――「人前で裸になるってのはどう?抵抗ある?」
野獣「水泳とかするんで、そんなに抵抗はないですね」
――「あ、ふ~ん。じゃあウェイトトレーニングとかもやってるの?」
野獣「はい、やってます」
――「ふ~ん」
野獣「服はここでいいですか?」
――「はいOKで~す」
――「すごい結構、すごい体してますね」
野獣「ん~まあ普通に健康目的ですけど」
――「ほ~。もう何年ぐらいトレーニングはやってます?」
野獣「そうですね~、5年ぐらい」
――「5年ぐらい?」
野獣「はい」
※パンツ一丁になる野獣
――「え~~、自分でモノの大きさってのは測ったことあります?」
野獣「あります」
――「その時は何センチぐらいでした?」
野獣「13センチぐらい」
――「ふ~ん」
――「結構足もトレーニングしてます?」
野獣「足もしてます。バランスよくやらないと」
※頭の後ろで腕を組む野獣(ドリル先輩)
――「ふ~ん」
――「じゃあちょっとそのままで。大体いつもブリーフ?」
野獣「え~とそうですね。あの、伸縮性のある、ボクサー型の、っていうんですかね。ちょっとスパッツに近い感じ…」
――「うん…。やっぱりブリーフの方がこう、なんていうか…はきやすいっていうか」
野獣「そうですね。う~ん…。ブリーフ、ブリーフも多いんですけど、ふたいたいはボクサー型の」
――「あ、ボクサー型の」
野獣「うん…」
――「今セックスって大体週どれぐらいやってる?」
野獣「1か2ぐらいですね」
――「1か2ぐらい」
野獣「はい」
※パンツを脱ぐ野獣
――「今ちょっと少し反応っていうか…ちょっとしてます?」
野獣「はい」
――「うん」
――「オナニーっていうのは週今どれぐらいやってます?」
野獣「結構頻繁ですね。そんな1日にそんな回数はないんですけど、でも毎日やってますね」
――「あ~やっぱ毎日」
野獣「はい」
――「最近はいつ抜いたの?」
野獣「今朝ですねぇ!(平然)」
――「今朝ぁ!?」
野獣「はぁい」
――「フフッw」
――「ちょっとお尻の方見るんで」
※野獣の肛門をまさぐるインタビュアー
――「性感マッサージとかって行ったことある?」
野獣「性(ry、ありますあります」
――「あります?」
野獣「はい」
――「その時、こう、指とかは入れられなかった?もし…」
野獣「あ、試してみたことはありますよ」
――「本当?どうだった?」
野獣「全然気持ち良くなかった」
――「全然w」
野獣「アレは、ダメみたいですね(冷静)」
――「ダメみたい?」
野獣「はい」
――「ふ~ん…」
※ノンケAVを見ながらインタビュアーにシコられる野獣
野獣「硬くなってるでしょ?」
――「うん」
野獣「イキますよ」
――「うん」
※事後
――「どうだった?人前でオナニーっていうか、イッた感じは。そう抵抗ない?」
野獣「抵抗はないですよ」
――「うん大丈夫?は~い…」

DISCOVERY 第六号 リアルショック!!青年TYPHOON[編集]
[閲覧] [編集] [履歴表示]
※『ザ・フェチ Vol.3 フェチシリーズ初心者編』と同一の自己紹介から始まる
(略)
野獣「特にはやってないんすけど、トゥレーニングはし、やってます」
~~~『ザ・フェチ』映像終わり~~~
インタビュアー「彼女とかいる?今」
野獣「今はいないです」
──「今はいない?いつまでいたの?」
野獣「こ…去年ですねぇ」
──「去年?」
野獣「はい」
──「ふーん」
──「風俗とかは行くの?」
野獣「行ったことありますよ」
──「どういう系統が好きなの?」
野獣「そぉ~ですね…やっぱり僕は、王道を征く、ソープ系、ですか」
──「ああソープ?高いでしょでもソープ」
野獣「ピンキリですよねでもね」
──「ふーん」
野獣「うん」
──「じゃあオナニーとかっていうのは?」
野獣「やりますねぇ!(大声)」
──「やるんだ」
野獣「やりますやります」
──「ふーん」
──「週何回とか、そういうのはある?」
野獣「シュー(週)…うーん…何回っていう感じじゃない、でも頻繁に、やってますね」
──「やってる?」
野獣「はい」
──「じゃあ…えー…最近いつ抜いたの?」
野獣「最近は…3…日前」
──「3日前、ふーん」
(カメラがズームして行き、なぜか野獣の右の二の腕を大写しする)
(カメラ元に戻り、Tシャツを脱ぎ出す野獣)
──「それだけ体…鍛えてれば自信あるでしょ」
野獣「いやーそうでもないですよ」
──「うそ?」
野獣「服とか結構困りますよね」
──「ああー」
野獣「サイズ合わなくて」
──「サイズ合わなくて?」
(短パンを脱ぎ出す野獣)
野獣「うん」
──「どうこれ見られて、どう?恥ずかしくない?」
野獣「いや全然」
──「全然大丈夫?」
(野獣、パンツも脱ぎ全裸になる)
──「結構水着の跡が、ついてるね」
野獣「そうなんですよ」
──「うん」
野獣「行ったばっかりなんで」
──「そうなんだ」
(野獣、オレンジ色の競パンに履き替える)
──「結構、じゃあ海…こう日焼けとかする時は」
野獣「はい」
──「あのー…そういう競泳用の…水着とか、着る?」
野獣「焼くときは!(大声)」
──「焼くときは」
野獣「普通に海遊びに行くときは、普通…に海パン…海パンですね」
──「海パンで」
カシャン!(シャッター音)
──「ちょっと腕に力入れてみよっか、うん」
野獣「こういう感じでいいですか」
──「うん」
(野獣、競パンを脱いで白のブリーフに履き替える)
(場面変わって、ソファに腰掛けてAVを鑑賞する野獣)
──「どう?こういうレズ物とかってのは別に嫌いではないの?」
野獣「はい」
カシャン!(シャッター音)
──「結構反応してきたね」
野獣「してますね」
──「結構勃ちやすい方なの?」
野獣「勃ちやすいですよ」
──「ちょっとチンチン意識的にこう動かせる?」
──「じゃあそのまま脱いでみよっか」
(ブリーフを脱ぎ、再び全裸になる野獣)
(アンニュイな表情の野獣のクローズアップ、カメラはそのまま足先まで下がる)
(バットマン登場、野獣を愛撫し始める)
野獣「もうイッちゃいそうなんですけど」
──「もうイッちゃいそうなの!?」
野獣「うん」
野獣「あっ出ちゃう出ちゃう出ちゃう、出ちゃう」
──「ホント?」
──「あちょっと我慢して、もうちょっと我慢してね」
野獣「あっもう」
──「もうちょっと我慢、我慢して」
(場面変わって、M字開脚の野獣)
──「性感マッサージで、こう女の子に指とか入れられたことってある?」
野獣「あります」
──「どう?結構感じた?」
野獣「まあそう…よく分かんなかったですね、そんときは全然良くなかったです」
──「本当?」
──「じゃあね指の方入れてみるから」
──「やっぱバイブは痛い?」
野獣「痛いですねぇ…これは痛い」
野獣「イキそう…イクっ!」
AV「はぁ…はぁ…んんっ…んはぁ…」
──「大丈夫だった?男の手にイカされたけど」
野獣「大丈夫です」
──「やっぱり自分の手でやるのとは違った?」
野獣「んにゃぴ(んー…やっぱ)、やっぱり自分…の方が一番良いですよね、とりあえず」
──「ああ、イキやすいってこと?」
野獣「そうですね」

  • [534]
  • (無題)

  • 投稿者:いのちゃん
  • 投稿日:2017年 6月15日(木)00時22分26秒
  • 返信
 
野獣「24歳です」
インタビュアー「じゃあもう社会人?」
野獣「学生です」
――「学生さん…」
テロップ「バビロン27・フェチ3 出演」
――「え~、身長体重ってのは?」
野獣「身長は170センチ」
――「うん」
野獣「体重は74キロです」
――「74キロ、はい。じゃあ、え~、まずTシャツの方脱いでくださ~い」
――「人前で裸になるってのはどう?抵抗ある?」
野獣「水泳とかするんで、そんなに抵抗はないですね」
――「あ、ふ~ん。じゃあウェイトトレーニングとかもやってるの?」
野獣「はい、やってます」
――「ふ~ん」
野獣「服はここでいいですか?」
――「はいOKで~す」
――「すごい結構、すごい体してますね」
野獣「ん~まあ普通に健康目的ですけど」
――「ほ~。もう何年ぐらいトレーニングはやってます?」
野獣「そうですね~、5年ぐらい」
――「5年ぐらい?」
野獣「はい」
※パンツ一丁になる野獣
――「え~~、自分でモノの大きさってのは測ったことあります?」
野獣「あります」
――「その時は何センチぐらいでした?」
野獣「13センチぐらい」
――「ふ~ん」
――「結構足もトレーニングしてます?」
野獣「足もしてます。バランスよくやらないと」
※頭の後ろで腕を組む野獣(ドリル先輩)
――「ふ~ん」
――「じゃあちょっとそのままで。大体いつもブリーフ?」
野獣「え~とそうですね。あの、伸縮性のある、ボクサー型の、っていうんですかね。ちょっとスパッツに近い感じ…」
――「うん…。やっぱりブリーフの方がこう、なんていうか…はきやすいっていうか」
野獣「そうですね。う~ん…。ブリーフ、ブリーフも多いんですけど、ふたいたいはボクサー型の」
――「あ、ボクサー型の」
野獣「うん…」
――「今セックスって大体週どれぐらいやってる?」
野獣「1か2ぐらいですね」
――「1か2ぐらい」
野獣「はい」
※パンツを脱ぐ野獣
――「今ちょっと少し反応っていうか…ちょっとしてます?」
野獣「はい」
――「うん」
――「オナニーっていうのは週今どれぐらいやってます?」
野獣「結構頻繁ですね。そんな1日にそんな回数はないんですけど、でも毎日やってますね」
――「あ~やっぱ毎日」
野獣「はい」
――「最近はいつ抜いたの?」
野獣「今朝ですねぇ!(平然)」
――「今朝ぁ!?」
野獣「はぁい」
――「フフッw」
――「ちょっとお尻の方見るんで」
※野獣の肛門をまさぐるインタビュアー
――「性感マッサージとかって行ったことある?」
野獣「性(ry、ありますあります」
――「あります?」
野獣「はい」
――「その時、こう、指とかは入れられなかった?もし…」
野獣「あ、試してみたことはありますよ」
――「本当?どうだった?」
野獣「全然気持ち良くなかった」
――「全然w」
野獣「アレは、ダメみたいですね(冷静)」
――「ダメみたい?」
野獣「はい」
――「ふ~ん…」
※ノンケAVを見ながらインタビュアーにシコられる野獣
野獣「硬くなってるでしょ?」
――「うん」
野獣「イキますよ」
――「うん」
※事後
――「どうだった?人前でオナニーっていうか、イッた感じは。そう抵抗ない?」
野獣「抵抗はないですよ」
――「うん大丈夫?は~い…」

DISCOVERY 第六号 リアルショック!!青年TYPHOON[編集]
[閲覧] [編集] [履歴表示]
※『ザ・フェチ Vol.3 フェチシリーズ初心者編』と同一の自己紹介から始まる
(略)
野獣「特にはやってないんすけど、トゥレーニングはし、やってます」
~~~『ザ・フェチ』映像終わり~~
インタビュアー「彼女とかいる?今」
野獣「今はいないです」
──「今はいない?いつまでいたの?」
野獣「こ…去年ですねぇ」
──「去年?」
野獣「はい」
──「ふーん」
──「風俗とかは行くの?」
野獣「行ったことありますよ」
──「どういう系統が好きなの?」
野獣「そぉ~ですね…やっぱり僕は、王道を征く、ソープ系、ですか」
──「ああソープ?高いでしょでもソープ」
野獣「ピンキリですよねでもね」
──「ふーん」
野獣「うん」
──「じゃあオナニーとかっていうのは?」
野獣「やりますねぇ!(大声)」
──「やるんだ」
野獣「やりますやります」
──「ふーん」
──「週何回とか、そういうのはある?」
野獣「シュー(週)…うーん…何回っていう感じじゃない、でも頻繁に、やってますね」
──「やってる?」
野獣「はい」
──「じゃあ…えー…最近いつ抜いたの?」
野獣「最近は…3…日前」
──「3日前、ふーん」
(カメラがズームして行き、なぜか野獣の右の二の腕を大写しする)
(カメラ元に戻り、Tシャツを脱ぎ出す野獣)
──「それだけ体…鍛えてれば自信あるでしょ」
野獣「いやーそうでもないですよ」
──「うそ?」
野獣「服とか結構困りますよね」
──「ああー」
野獣「サイズ合わなくて」
──「サイズ合わなくて?」
(短パンを脱ぎ出す野獣)
野獣「うん」
──「どうこれ見られて、どう?恥ずかしくない?」
野獣「いや全然」
──「全然大丈夫?」
(野獣、パンツも脱ぎ全裸になる)
──「結構水着の跡が、ついてるね」
野獣「そうなんですよ」
──「うん」
野獣「行ったばっかりなんで」
──「そうなんだ」
(野獣、オレンジ色の競パンに履き替える)
──「結構、じゃあ海…こう日焼けとかする時は」
野獣「はい」
──「あのー…そういう競泳用の…水着とか、着る?」
野獣「焼くときは!(大声)」
──「焼くときは」
野獣「普通に海遊びに行くときは、普通…に海パン…海パンですね」
──「海パンで」
カシャン!(シャッター音)
──「ちょっと腕に力入れてみよっか、うん」
野獣「こういう感じでいいですか」
──「うん」
(野獣、競パンを脱いで白のブリーフに履き替える)
(場面変わって、ソファに腰掛けてAVを鑑賞する野獣)
──「どう?こういうレズ物とかってのは別に嫌いではないの?」
野獣「はい」
カシャン!(シャッター音)
──「結構反応してきたね」
野獣「してますね」
──「結構勃ちやすい方なの?」
野獣「勃ちやすいですよ」
──「ちょっとチンチン意識的にこう動かせる?」
──「じゃあそのまま脱いでみよっか」
(ブリーフを脱ぎ、再び全裸になる野獣)
(アンニュイな表情の野獣のクローズアップ、カメラはそのまま足先まで下がる)
(バットマン登場、野獣を愛撫し始める)
野獣「もうイッちゃいそうなんですけど」
──「もうイッちゃいそうなの!?」
野獣「うん」
野獣「あっ出ちゃう出ちゃう出ちゃう、出ちゃう」
──「ホント?」
──「あちょっと我慢して、もうちょっと我慢してね」
野獣「あっもう」
──「もうちょっと我慢、我慢して」
(場面変わって、M字開脚の野獣)
──「性感マッサージで、こう女の子に指とか入れられたことってある?」
野獣「あります」
──「どう?結構感じた?」
野獣「まあそう…よく分かんなかったですね、そんときは全然良くなかったです」
──「本当?」
──「じゃあね指の方入れてみるから」
──「やっぱバイブは痛い?」
野獣「痛いですねぇ…これは痛い」
野獣「イキそう…イクっ!」
AV「はぁ…はぁ…んんっ…んはぁ…」
──「大丈夫だった?男の手にイカされたけど」
野獣「大丈夫です」
──「やっぱり自分の手でやるのとは違った?」
野獣「んにゃぴ(んー…やっぱ)、やっぱり自分…の方が一番良いですよね、とりあえず」
──「ああ、イキやすいってこと?」
野獣「そうですね」

  • [533]
  • (無題)

  • 投稿者:いのちゃん
  • 投稿日:2017年 6月15日(木)00時22分6秒
  • 返信
 
野獣「24歳です」
インタビュアー「じゃあもう社会人?」
野獣「学生です」
――「学生さん…」
テロップ「バビロン27・フェチ3 出演」
――「え~、身長体重ってのは?」
野獣「身長は170センチ」
――「うん」
野獣「体重は74キロです」
――「74キロ、はい。じゃあ、え~、まずTシャツの方脱いでくださ~い」
――「人前で裸になるってのはどう?抵抗ある?」
野獣「水泳とかするんで、そんなに抵抗はないですね」
――「あ、ふ~ん。じゃあウェイトトレーニングとかもやってるの?」
野獣「はい、やってます」
――「ふ~ん」
野獣「服はここでいいですか?」
――「はいOKで~す」
――「すごい結構、すごい体してますね」
野獣「ん~まあ普通に健康目的ですけど」
――「ほ~。もう何年ぐらいトレーニングはやってます?」
野獣「そうですね~、5年ぐらい」
――「5年ぐらい?」
野獣「はい」
※パンツ一丁になる野獣
――「え~~、自分でモノの大きさってのは測ったことあります?」
野獣「あります」
――「その時は何センチぐらいでした?」
野獣「13センチぐらい」
――「ふ~ん」
――「結構足もトレーニングしてます?」
野獣「足もしてます。バランスよくやらないと」
※頭の後ろで腕を組む野獣(ドリル先輩)
――「ふ~ん」
――「じゃあちょっとそのままで。大体いつもブリーフ?」
野獣「え~とそうですね。あの、伸縮性のある、ボクサー型の、っていうんですかね。ちょっとスパッツに近い感じ…」
――「うん…。やっぱりブリーフの方がこう、なんていうか…はきやすいっていうか」
野獣「そうですね。う~ん…。ブリーフ、ブリーフも多いんですけど、ふたいたいはボクサー型の」
――「あ、ボクサー型の」
野獣「うん…」
――「今セックスって大体週どれぐらいやってる?」
野獣「1か2ぐらいですね」
――「1か2ぐらい」
野獣「はい」
※パンツを脱ぐ野獣
――「今ちょっと少し反応っていうか…ちょっとしてます?」
野獣「はい」
――「うん」
――「オナニーっていうのは週今どれぐらいやってます?」
野獣「結構頻繁ですね。そんな1日にそんな回数はないんですけど、でも毎日やってますね」
――「あ~やっぱ毎日」
野獣「はい」
――「最近はいつ抜いたの?」
野獣「今朝ですねぇ!(平然)」
――「今朝ぁ!?」
野獣「はぁい」
――「フフッw」
――「ちょっとお尻の方見るんで」
※野獣の肛門をまさぐるインタビュアー
――「性感マッサージとかって行ったことある?」
野獣「性(ry、ありますあります」
――「あります?」
野獣「はい」
――「その時、こう、指とかは入れられなかった?もし…」
野獣「あ、試してみたことはありますよ」
――「本当?どうだった?」
野獣「全然気持ち良くなかった」
――「全然w」
野獣「アレは、ダメみたいですね(冷静)」
――「ダメみたい?」
野獣「はい」
――「ふ~ん…」
※ノンケAVを見ながらインタビュアーにシコられる野獣
野獣「硬くなってるでしょ?」
――「うん」
野獣「イキますよ」
――「うん」
※事後
――「どうだった?人前でオナニーっていうか、イッた感じは。そう抵抗ない?」
野獣「抵抗はないですよ」
――「うん大丈夫?は~い…」

DISCOVERY 第六号 リアルショック!!青年TYPHOON[編集]
[閲覧] [編集] [履歴表示]
※『ザ・フェチ Vol.3 フェチシリーズ初心者編』と同一の自己紹介から始まる
(略)
野獣「特にはやってないんすけど、トゥレーニングはし、やってます」
~~~『ザ・フェチ』映像終わり~~~
インタビュアー「彼女とかいる?今」
野獣「今はいないです」
──「今はいない?いつまでいたの?」
野獣「こ…去年ですねぇ」
──「去年?」
野獣「はい」
──「ふーん」
──「風俗とかは行くの?」
野獣「行ったことありますよ」
──「どういう系統が好きなの?」
野獣「そぉ~ですね…やっぱり僕は、王道を征く、ソープ系、ですか」
──「ああソープ?高いでしょでもソープ」
野獣「ピンキリですよねでもね」
──「ふーん」
野獣「うん」
──「じゃあオナニーとかっていうのは?」
野獣「やりますねぇ!(大声)」
──「やるんだ」
野獣「やりますやります」
──「ふーん」
──「週何回とか、そういうのはある?」
野獣「シュー(週)…うーん…何回っていう感じじゃない、でも頻繁に、やってますね」
──「やってる?」
野獣「はい」
──「じゃあ…えー…最近いつ抜いたの?」
野獣「最近は…3…日前」
──「3日前、ふーん」
(カメラがズームして行き、なぜか野獣の右の二の腕を大写しする)
(カメラ元に戻り、Tシャツを脱ぎ出す野獣)
──「それだけ体…鍛えてれば自信あるでしょ」
野獣「いやーそうでもないですよ」
──「うそ?」
野獣「服とか結構困りますよね」
──「ああー」
野獣「サイズ合わなくて」
──「サイズ合わなくて?」
(短パンを脱ぎ出す野獣)
野獣「うん」
──「どうこれ見られて、どう?恥ずかしくない?」
野獣「いや全然」
──「全然大丈夫?」
(野獣、パンツも脱ぎ全裸になる)
──「結構水着の跡が、ついてるね」
野獣「そうなんですよ」
──「うん」
野獣「行ったばっかりなんで」
──「そうなんだ」
(野獣、オレンジ色の競パンに履き替える)
──「結構、じゃあ海…こう日焼けとかする時は」
野獣「はい」
──「あのー…そういう競泳用の…水着とか、着る?」
野獣「焼くときは!(大声)」
──「焼くときは」
野獣「普通に海遊びに行くときは、普通…に海パン…海パンですね」
──「海パンで」
カシャン!(シャッター音)
──「ちょっと腕に力入れてみよっか、うん」
野獣「こういう感じでいいですか」
──「うん」
(野獣、競パンを脱いで白のブリーフに履き替える)
(場面変わって、ソファに腰掛けてAVを鑑賞する野獣)
──「どう?こういうレズ物とかってのは別に嫌いではないの?」
野獣「はい」
カシャン!(シャッター音)
──「結構反応してきたね」
野獣「してますね」
──「結構勃ちやすい方なの?」
野獣「勃ちやすいですよ」
──「ちょっとチンチン意識的にこう動かせる?」
──「じゃあそのまま脱いでみよっか」
(ブリーフを脱ぎ、再び全裸になる野獣)
(アンニュイな表情の野獣のクローズアップ、カメラはそのまま足先まで下がる)
(バットマン登場、野獣を愛撫し始める)
野獣「もうイッちゃいそうなんですけど」
──「もうイッちゃいそうなの!?」
野獣「うん」
野獣「あっ出ちゃう出ちゃう出ちゃう、出ちゃう」
──「ホント?」
──「あちょっと我慢して、もうちょっと我慢してね」
野獣「あっもう」
──「もうちょっと我慢、我慢して」
(場面変わって、M字開脚の野獣)
──「性感マッサージで、こう女の子に指とか入れられたことってある?」
野獣「あります」
──「どう?結構感じた?」
野獣「まあそう…よく分かんなかったですね、そんときは全然良くなかったです」
──「本当?」
──「じゃあね指の方入れてみるから」
──「やっぱバイブは痛い?」
野獣「痛いですねぇ…これは痛い」
野獣「イキそう…イクっ!」
AV「はぁ…はぁ…んんっ…んはぁ…」
──「大丈夫だった?男の手にイカされたけど」
野獣「大丈夫です」
──「やっぱり自分の手でやるのとは違った?」
野獣「んにゃぴ(んー…やっぱ)、やっぱり自分…の方が一番良いですよね、とりあえず」
──「ああ、イキやすいってこと?」
野獣「そうですね」

  • [532]
  • (無題)

  • 投稿者:いのちゃん
  • 投稿日:2017年 6月15日(木)00時21分58秒
  • 返信
 
野獣「24歳です」
インタビュアー「じゃあもう社会人?」
野獣「学生です」
――「学生さん…」
テロップ「バビロン27・フェチ3 出演」
――「え~、身長体重ってのは?」
野獣「身長は170センチ」
――「うん」
野獣「体重は74キロです」
――「74キロ、はい。じゃあ、え~、まずTシャツの方脱いでくださ~い」
――「人前で裸になるってのはどう?抵抗ある?」
野獣「水泳とかするんで、そんなに抵抗はないですね」
――「あ、ふ~ん。じゃあウェイトトレーニングとかもやってるの?」
野獣「はい、やってます」
――「ふ~ん」
野獣「服はここでいいですか?」
――「はいOKで~す」
――「すごい結構、すごい体してますね」
野獣「ん~まあ普通に健康目的ですけど」
――「ほ~。もう何年ぐらいトレーニングはやってます?」
野獣「そうですね~、5年ぐらい」
――「5年ぐらい?」
野獣「はい」
※パンツ一丁になる野獣
――「え~~、自分でモノの大きさってのは測ったことあります?」
野獣「あります」
――「その時は何センチぐらいでした?」
野獣「13センチぐらい」
――「ふ~ん」
――「結構足もトレーニングしてます?」
野獣「足もしてます。バランスよくやらないと」
※頭の後ろで腕を組む野獣(ドリル先輩)
――「ふ~ん」
――「じゃあちょっとそのままで。大体いつもブリーフ?」
野獣「え~とそうですね。あの、伸縮性のある、ボクサー型の、っていうんですかね。ちょっとスパッツに近い感じ…」
――「うん…。やっぱりブリーフの方がこう、なんていうか…はきやすいっていうか」
野獣「そうですね。う~ん…。ブリーフ、ブリーフも多いんですけど、ふたいたいはボクサー型の」
――「あ、ボクサー型の」
野獣「うん…」
――「今セックスって大体週どれぐらいやってる?」
野獣「1か2ぐらいですね」
――「1か2ぐらい」
野獣「はい」
※パンツを脱ぐ野獣
――「今ちょっと少し反応っていうか…ちょっとしてます?」
野獣「はい」
――「うん」
――「オナニーっていうのは週今どれぐらいやってます?」
野獣「結構頻繁ですね。そんな1日にそんな回数はないんですけど、でも毎日やってますね」
――「あ~やっぱ毎日」
野獣「はい」
――「最近はいつ抜いたの?」
野獣「今朝ですねぇ!(平然)」
――「今朝ぁ!?」
野獣「はぁい」
――「フフッw」
――「ちょっとお尻の方見るんで」
※野獣の肛門をまさぐるインタビュアー
――「性感マッサージとかって行ったことある?」
野獣「性(ry、ありますあります」
――「あります?」
野獣「はい」
――「その時、こう、指とかは入れられなかった?もし…」
野獣「あ、試してみたことはありますよ」
――「本当?どうだった?」
野獣「全然気持ち良くなかった」
――「全然w」
野獣「アレは、ダメみたいですね(冷静)」
――「ダメみたい?」
野獣「はい」
――「ふ~ん…」
※ノンケAVを見ながらインタビュアーにシコられる野獣
野獣「硬くなってるでしょ?」
――「うん」
野獣「イキますよ」
――「うん」
※事後
――「どうだった?人前でオナニーっていうか、イッた感じは。そう抵抗ない?」
野獣「抵抗はないですよ」
――「うん大丈夫?は~い…」

DISCOVERY 第六号 リアルショック!!青年TYPHOON[編集]
[閲覧] [編集] [履歴表]
※『ザ・フェチ Vol.3 フェチシリーズ初心者編』と同一の自己紹介から始まる
(略)
野獣「特にはやってないんすけど、トゥレーニングはし、やってます」
~~~『ザ・フェチ』映像終わり~~~
インタビュアー「彼女とかいる?今」
野獣「今はいないです」
──「今はいない?いつまでいたの?」
野獣「こ…去年ですねぇ」
──「去年?」
野獣「はい」
──「ふーん」
──「風俗とかは行くの?」
野獣「行ったことありますよ」
──「どういう系統が好きなの?」
野獣「そぉ~ですね…やっぱり僕は、王道を征く、ソープ系、ですか」
──「ああソープ?高いでしょでもソープ」
野獣「ピンキリですよねでもね」
──「ふーん」
野獣「うん」
──「じゃあオナニーとかっていうのは?」
野獣「やりますねぇ!(大声)」
──「やるんだ」
野獣「やりますやります」
──「ふーん」
──「週何回とか、そういうのはある?」
野獣「シュー(週)…うーん…何回っていう感じじゃない、でも頻繁に、やってますね」
──「やってる?」
野獣「はい」
──「じゃあ…えー…最近いつ抜いたの?」
野獣「最近は…3…日前」
──「3日前、ふーん」
(カメラがズームして行き、なぜか野獣の右の二の腕を大写しする)
(カメラ元に戻り、Tシャツを脱ぎ出す野獣)
──「それだけ体…鍛えてれば自信あるでしょ」
野獣「いやーそうでもないですよ」
──「うそ?」
野獣「服とか結構困りますよね」
──「ああー」
野獣「サイズ合わなくて」
──「サイズ合わなくて?」
(短パンを脱ぎ出す野獣)
野獣「うん」
──「どうこれ見られて、どう?恥ずかしくない?」
野獣「いや全然」
──「全然大丈夫?」
(野獣、パンツも脱ぎ全裸になる)
──「結構水着の跡が、ついてるね」
野獣「そうなんですよ」
──「うん」
野獣「行ったばっかりなんで」
──「そうなんだ」
(野獣、オレンジ色の競パンに履き替える)
──「結構、じゃあ海…こう日焼けとかする時は」
野獣「はい」
──「あのー…そういう競泳用の…水着とか、着る?」
野獣「焼くときは!(大声)」
──「焼くときは」
野獣「普通に海遊びに行くときは、普通…に海パン…海パンですね」
──「海パンで」
カシャン!(シャッター音)
──「ちょっと腕に力入れてみよっか、うん」
野獣「こういう感じでいいですか」
──「うん」
(野獣、競パンを脱いで白のブリーフに履き替える)
(場面変わって、ソファに腰掛けてAVを鑑賞する野獣)
──「どう?こういうレズ物とかってのは別に嫌いではないの?」
野獣「はい」
カシャン!(シャッター音)
──「結構反応してきたね」
野獣「してますね」
──「結構勃ちやすい方なの?」
野獣「勃ちやすいですよ」
──「ちょっとチンチン意識的にこう動かせる?」
──「じゃあそのまま脱いでみよっか」
(ブリーフを脱ぎ、再び全裸になる野獣)
(アンニュイな表情の野獣のクローズアップ、カメラはそのまま足先まで下がる)
(バットマン登場、野獣を愛撫し始める)
野獣「もうイッちゃいそうなんですけど」
──「もうイッちゃいそうなの!?」
野獣「うん」
野獣「あっ出ちゃう出ちゃう出ちゃう、出ちゃう」
──「ホント?」
──「あちょっと我慢して、もうちょっと我慢してね」
野獣「あっもう」
──「もうちょっと我慢、我慢して」
(場面変わって、M字開脚の野獣)
──「性感マッサージで、こう女の子に指とか入れられたことってある?」
野獣「あります」
──「どう?結構感じた?」
野獣「まあそう…よく分かんなかったですね、そんときは全然良くなかったです」
──「本当?」
──「じゃあね指の方入れてみるから」
──「やっぱバイブは痛い?」
野獣「痛いですねぇ…これは痛い」
野獣「イキそう…イクっ!」
AV「はぁ…はぁ…んんっ…んはぁ…」
──「大丈夫だった?男の手にイカされたけど」
野獣「大丈夫です」
──「やっぱり自分の手でやるのとは違った?」
野獣「んにゃぴ(んー…やっぱ)、やっぱり自分…の方が一番良いですよね、とりあえず」
──「ああ、イキやすいってこと?」
野獣「そうですね」

  • [531]
  • (無題)

  • 投稿者:いのちゃん
  • 投稿日:2017年 6月15日(木)00時21分37秒
  • 返信
 
野獣「24歳です」
インタビュアー「じゃあもう社会人?」
野獣「学生です」
――「学生さん…」
テロップ「バビロン27・フェチ3 出演」
――「え~、身長体重ってのは?」
野獣「身長は170センチ」
――「うん」
野獣「体重は74キロです」
――「74キロ、はい。じゃあ、え~、まずTシャツの方脱いでくださ~い」
――「人前で裸になるってのはどう?抵抗ある?」
野獣「水泳とかするんで、そんなに抵抗はないですね」
――「あ、ふ~ん。じゃあウェイトトレーニングとかもやってるの?」
野獣「はい、やってます」
――「ふ~ん」
野獣「服はここでいいですか?」
――「はいOKで~す」
――「すごい結構、すごい体してますね」
野獣「ん~まあ普通に健康目的ですけど」
――「ほ~。もう何年ぐらいトレーニングはやってます?」
野獣「そうですね~、5年ぐらい」
――「5年ぐらい?」
野獣「はい」
※パンツ一丁になる野獣
――「え~~、自分でモノの大きさってのは測ったことあります?」
野獣「あります」
――「その時は何センチぐらいでした?」
野獣「13センチぐらい」
――「ふ~ん」
――「結構足もトレーニングしてます?」
野獣「足もしてます。バランスよくやらないと」
※頭の後ろで腕を組む野獣(ドリル先輩)
――「ふ~ん」
――「じゃあちょっとそのままで。大体いつもブリーフ?」
野獣「え~とそうですね。あの、伸縮性のある、ボクサー型の、っていうんですかね。ちょっとスパッツに近い感じ…」
――「うん…。やっぱりブリーフの方がこう、なんていうか…はきやすいっていうか」
野獣「そうですね。う~ん…。ブリーフ、ブリーフも多いんですけど、ふたいたいはボクサー型の」
――「あ、ボクサー型の」
野獣「うん…」
――「今セックスって大体週どれぐらいやってる?」
野獣「1か2ぐらいですね」
――「1か2ぐらい」
野獣「はい」
※パンツを脱ぐ野獣
――「今ちょっと少し反応っていうか…ちょっとしてます?」
野獣「はい」
――「うん」
――「オナニーっていうのは週今どれぐらいやってます?」
野獣「結構頻繁ですね。そんな1日にそんな回数はないんですけど、でも毎日やってますね」
――「あ~やっぱ毎日」
野獣「はい」
――「最近はいつ抜いたの?」
野獣「今朝ですねぇ!(平然)」
――「今朝ぁ!?」
野獣「はぁい」
――「フフッw」
――「ちょっとお尻の方見るんで」
※野獣の肛門をまさぐるインタビュアー
――「性感マッサージとかって行ったことある?」
野獣「性(ry、ありますあります」
――「あります?」
野獣「はい」
――「その時、こう、指とかは入れられなかった?もし…」
野獣「あ、試してみたことはありますよ」
――「本当?どうだった?」
野獣「全然気持ち良くなかった」
――「全然w」
野獣「アレは、ダメみたいですね(冷静)」
――「ダメみたい?」
野獣「はい」
――「ふ~ん…」
※ノンケAVを見ながらインタビュアーにシコられる野獣
野獣「硬くなってるでしょ?」
――「うん」
野獣「イキますよ」
――「うん」
※事後
――「どうだった?人前でオナニーっていうか、イッた感じは。そう抵抗ない?」
野獣「抵抗はないですよ」
――「うん大丈夫?は~い…」

DISCOVERY 第六号 リアルショック!!青年TYPHOON[編集]
[閲覧] [編集] [履歴表示]
※『ザ・フェチ Vol.3 フェチシリーズ初心者編』と同一の自己紹介から始まる
(略)
野獣「特にはやってないんすけど、トゥレーニングはし、やってます」
~~~『ザ・フェチ』映像終わり~~~
インタビュアー「彼女とかいる?今」
野獣「今はいないです」
──「今はいない?いつまでいたの?」
野獣「こ…去年ですねぇ」
──「去年?」
野獣「はい」
──「ふーん」
──「風俗とかは行くの?」
野獣「行ったことありますよ」
──「どういう系統が好きなの?」
野獣「そぉ~ですね…やっぱり僕は、王道を征く、ソープ系、ですか」
──「ああソープ?高いでしょでもソープ」
野獣「ピンキリですよねでもね」
──「ふーん」
野獣「うん」
──「じゃあオナニーとかっていうのは?」
野獣「やりますねぇ!(大声)」
──「やるんだ」
野獣「やりますやります」
──「ふーん」
──「週何回とか、そういうのはある?」
野獣「シュー(週)…うーん…何回っていう感じじゃない、でも頻繁に、やってますね」
──「やってる?」
野獣「はい」
──「じゃあ…えー…最近いつ抜いたの?」
野獣「最近は…3…日前」
──「3日前、ふーん」
(カメラがズームして行き、なぜか野獣の右の二の腕を大写しする)
(カメラ元に戻り、Tシャツを脱ぎ出す野獣)
──「それだけ体…鍛えてれば自信あるでしょ」
野獣「いやーそうでもないですよ」
──「うそ?」
野獣「服とか結構困りますよね」
──「ああー」
野獣「サイズ合わなくて」
──「サイズ合わなくて?」
(短パンを脱ぎ出す野獣)
野獣「うん」
──「どうこれ見られて、どう?恥ずかしくない?」
野獣「いや全然」
──「全然大丈夫?」
(野獣、パンツも脱ぎ全裸になる)
──「結構水着の跡が、ついてるね」
野獣「そうなんですよ」
──「うん」
野獣「行ったばっかりなんで」
──「そうなんだ」
(野獣、オレンジ色の競パンに履き替える)
──「結構、じゃあ海…こう日焼けとかする時は」
野獣「はい」
──「あのー…そういう競泳用の…水着とか、着る?」
野獣「焼くときは!(大声)」
──「焼くときは」
野獣「普通に海遊びに行くときは、普通…に海パン…海パンですね」
──「海パンで」
カシャン!(シャッター音)
──「ちょっと腕に力入れてみよっか、うん」
野獣「こういう感じでいいですか」
──「うん」
(野獣、競パンを脱いで白のブリーフに履き替える)
(場面変わって、ソファに腰掛けてAVを鑑賞する野獣)
──「どう?こういうレズ物とかってのは別に嫌いではないの?」
野獣「はい」
カシャン!(シャッター音)
──「結構反応してきたね」
野獣「してますね」
──「結構勃ちやすい方なの?」
野獣「勃ちやすいですよ」
──「ちょっとチンチン意識的にこう動かせる?」
──「じゃあそのまま脱いでみよっか」
(ブリーフを脱ぎ、再び全裸になる野獣)
(アンニュイな表情の野獣のクローズアップ、カメラはそのまま足先まで下がる)
(バットマン登場、野獣を愛撫し始める)
野獣「もうイッちゃいそうなんですけど」
──「もうイッちゃいそうなの!?」
野獣「うん」
野獣「あっ出ちゃう出ちゃう出ちゃう、出ちゃう」
──「ホント?」
──「あちょっと我慢して、もうちょっと我慢してね」
野獣「あっもう」
──「もうちょっと我慢、我慢して」
(場面変わって、M字開脚の野獣)
──「性感マッサージで、こう女の子に指とか入れられたことってある?」
野獣「あります」
──「どう?結構感じた?」
野獣「まあそう…よく分かんなかったですね、そんときは全然良くなかったです」
──「本当?」
──「じゃあね指の方入れてみるから」
──「やっぱバイブは痛い?」
野獣「痛いですねぇ…これは痛い」
野獣「イキそう…イクっ!」
AV「はぁ…はぁ…んんっ…んはぁ…」
──「大丈夫だった?男の手にイカされたけど」
野獣「大丈夫です」
──「やっぱり自分の手でやるのとは違った?」
野獣「んにゃぴ(んー…やっぱ)、やっぱり自分…の方が一番良いですよね、とりあえず」
──「ああ、イキやすいってこと?」
野獣「そうですね」

  • [530]
  • (無題)

  • 投稿者:いのちゃん
  • 投稿日:2017年 6月15日(木)00時21分29秒
  • 返信
 
野獣「24歳です」
インタビュアー「じゃあもう社会人?」
野獣「学生です」
――「学生さん…」
テロップ「バビロン27・フェチ3 出演」
――「え~、身長体重ってのは?」
野獣「身長は170センチ」
――「うん」
野獣「体重は74キロです」
――「74キロ、はい。じゃあ、え~、まずTシャツの方脱いでくださ~い」
――「人前で裸になるってのはどう?抵抗ある?」
野獣「水泳とかするんで、そんなに抵抗はないですね」
――「あ、ふ~ん。じゃあウェイトトレーニングとかもやってるの?」
野獣「はい、やってます」
――「ふ~ん」
野獣「服はここでいいですか?」
――「はいOKで~す」
――「すごい結構、すごい体してますね」
野獣「ん~まあ普通に健康目的ですけど」
――「ほ~。もう何年ぐらいトレーニングはやってます?」
野獣「そうですね~、5年ぐらい」
――「5年ぐらい?」
野獣「はい」
※パンツ一丁になる野獣
――「え~~、自分でモノの大きさってのは測ったことあります?」
野獣「あります」
――「その時は何センチぐらいでした?」
野獣「13センチぐらい」
――「ふ~ん」
――「結構足もトレーニングしてます?」
野獣「足もしてます。バランスよくやらないと」
※頭の後ろで腕を組む野獣(ドリル先輩)
――「ふ~ん」
――「じゃあちょっとそのままで。大体いつもブリーフ?」
野獣「え~とそうですね。あの、伸縮性のある、ボクサー型の、っていうんですかね。ちょっとスパッツに近い感じ…」
――「うん…。やっぱりブリーフの方がこう、なんていうか…はきやすいっていうか」
野獣「そうですね。う~ん…。ブリーフ、ブリーフも多いんですけど、ふたいたいはボクサー型の」
――「あ、ボクサー型の」
野獣「うん…」
――「今セックスって大体週どれぐらいやってる?」
野獣「1か2ぐらいですね」
――「1か2ぐらい」
野獣「はい」
※パンツを脱ぐ野獣
――「今ちょっと少し反応っていうか…ちょっとしてます?」
野獣「はい」
――「うん」
――「オナニーっていうのは週今どれぐらいやってます?」
野獣「結構頻繁ですね。そんな1日にそんな回数はないんですけど、でも毎日やってますね」
――「あ~やっぱ毎日」
野獣「はい」
――「最近はいつ抜いたの?」
野獣「今朝ですねぇ!(平然)」
――「今朝ぁ!?」
野獣「はぁい」
――「フフッw」
――「ちょっとお尻の方見るんで」
※野獣の肛門をまさぐるインタビュアー
――「性感マッサージとかって行ったことある?」
野獣「性(ry、ありますあります」
――「あります?」
野獣「はい」
――「その時、こう、指とかは入れられなかった?もし…」
野獣「あ、試してみたことはありますよ」
――「本当?どうだった?」
野獣「全然気持ち良くなかった」
――「全然w」
野獣「アレは、ダメみたいですね(冷静)」
――「ダメみたい?」
野獣「はい」
――「ふ~ん…」
※ノンケAVを見ながらインタビュアーにシコられる野獣
野獣「硬くなってるでしょ?」
――「うん」
野獣「イキますよ」
――「うん」
※事後
――「どうだった?人前でオナニーっていうか、イッた感じは。そう抵抗ない?」
野獣「抵抗はないですよ」
――「うん大丈夫?は~い…」

DISCOVERY 第六号 リアルショック!!青年TYPHOON[編集]
[閲覧] [編集] [履歴表示]
※『ザ・フェチ Vol.3 フェチシリーズ初心者編』と同一の自己紹介から始まる
(略)野獣「特にはやってないんすけど、トゥレーニングはし、やってます」
~~~『ザ・フェチ』映像終わり~~~
インタビュアー「彼女とかいる?今」
野獣「今はいないです」
──「今はいない?いつまでいたの?」
野獣「こ…去年ですねぇ」
──「去年?」
野獣「はい」
──「ふーん」
──「風俗とかは行くの?」
野獣「行ったことありますよ」
──「どういう系統が好きなの?」
野獣「そぉ~ですね…やっぱり僕は、王道を征く、ソープ系、ですか」
──「ああソープ?高いでしょでもソープ」
野獣「ピンキリですよねでもね」
──「ふーん」
野獣「うん」
──「じゃあオナニーとかっていうのは?」
野獣「やりますねぇ!(大声)」
──「やるんだ」
野獣「やりますやります」
──「ふーん」
──「週何回とか、そういうのはある?」
野獣「シュー(週)…うーん…何回っていう感じじゃない、でも頻繁に、やってますね」
──「やってる?」
野獣「はい」
──「じゃあ…えー…最近いつ抜いたの?」
野獣「最近は…3…日前」
──「3日前、ふーん」
(カメラがズームして行き、なぜか野獣の右の二の腕を大写しする)
(カメラ元に戻り、Tシャツを脱ぎ出す野獣)
──「それだけ体…鍛えてれば自信あるでしょ」
野獣「いやーそうでもないですよ」
──「うそ?」
野獣「服とか結構困りますよね」
──「ああー」
野獣「サイズ合わなくて」
──「サイズ合わなくて?」
(短パンを脱ぎ出す野獣)
野獣「うん」
──「どうこれ見られて、どう?恥ずかしくない?」
野獣「いや全然」
──「全然大丈夫?」
(野獣、パンツも脱ぎ全裸になる)
──「結構水着の跡が、ついてるね」
野獣「そうなんですよ」
──「うん」
野獣「行ったばっかりなんで」
──「そうなんだ」
(野獣、オレンジ色の競パンに履き替える)
──「結構、じゃあ海…こう日焼けとかする時は」
野獣「はい」
──「あのー…そういう競泳用の…水着とか、着る?」
野獣「焼くときは!(大声)」
──「焼くときは」
野獣「普通に海遊びに行くときは、普通…に海パン…海パンですね」
──「海パンで」
カシャン!(シャッター音)
──「ちょっと腕に力入れてみよっか、うん」
野獣「こういう感じでいいですか」
──「うん」
(野獣、競パンを脱いで白のブリーフに履き替える)
(場面変わって、ソファに腰掛けてAVを鑑賞する野獣)
──「どう?こういうレズ物とかってのは別に嫌いではないの?」
野獣「はい」
カシャン!(シャッター音)
──「結構反応してきたね」
野獣「してますね」
──「結構勃ちやすい方なの?」
野獣「勃ちやすいですよ」
──「ちょっとチンチン意識的にこう動かせる?」
──「じゃあそのまま脱いでみよっか」
(ブリーフを脱ぎ、再び全裸になる野獣)
(アンニュイな表情の野獣のクローズアップ、カメラはそのまま足先まで下がる)
(バットマン登場、野獣を愛撫し始める)
野獣「もうイッちゃいそうなんですけど」
──「もうイッちゃいそうなの!?」
野獣「うん」
野獣「あっ出ちゃう出ちゃう出ちゃう、出ちゃう」
──「ホント?」
──「あちょっと我慢して、もうちょっと我慢してね」
野獣「あっもう」
──「もうちょっと我慢、我慢して」
(場面変わって、M字開脚の野獣)
──「性感マッサージで、こう女の子に指とか入れられたことってある?」
野獣「あります」
──「どう?結構感じた?」
野獣「まあそう…よく分かんなかったですね、そんときは全然良くなかったです」
──「本当?」
──「じゃあね指の方入れてみるから」
──「やっぱバイブは痛い?」
野獣「痛いですねぇ…これは痛い」
野獣「イキそう…イクっ!」
AV「はぁ…はぁ…んんっ…んはぁ…」
──「大丈夫だった?男の手にイカされたけど」
野獣「大丈夫です」
──「やっぱり自分の手でやるのとは違った?」
野獣「んにゃぴ(んー…やっぱ)、やっぱり自分…の方が一番良いですよね、とりあえず」
──「ああ、イキやすいってこと?」
野獣「そうですね」

  • [529]
  • (無題)

  • 投稿者:いのちゃん
  • 投稿日:2017年 6月15日(木)00時21分0秒
  • 返信
 
野獣「24歳です」
インタビュアー「じゃあもう社会人?」
野獣「学生です」
――「学生さん…」
テロップ「バビロン27・フェチ3 出演」
――「え~、身長体重ってのは?」
野獣「身長は170センチ」
――「うん」
野獣「体重は74キロです」
――「74キロ、はい。じゃあ、え~、まずTシャツの方脱いでくださ~い」
――「人前で裸になるってのはどう?抵抗ある?」
野獣「水泳とかするんで、そんなに抵抗はないですね」
――「あ、ふ~ん。じゃあウェイトトレーニングとかもやってるの?」
野獣「はい、やってます」
――「ふ~ん」
野獣「服はここでいいですか?」
――「はいOKで~す」
――「すごい結構、すごい体してますね」
野獣「ん~まあ普通に健康目的ですけど」
――「ほ~。もう何年ぐらいトレーニングはやってます?」
野獣「そうですね~、5年ぐらい」
――「5年ぐらい?」
野獣「はい」
※パンツ一丁になる野獣
――「え~~、自分でモノの大きさってのは測ったことあります?」
野獣「あります」
――「その時は何センチぐらいでした?」
野獣「13センチぐらい」
――「ふ~ん」
――「結構足もトレーニングしてます?」
野獣「足もしてます。バランスよくやらないと」
※頭の後ろで腕を組む野獣(ドリル先輩)
――「ふ~ん」
――「じゃあちょっとそのままで。大体いつもブリーフ?」
野獣「え~とそうですね。あの、伸縮性のある、ボクサー型の、っていうんですかね。ちょっとスパッツに近い感じ…」
――「うん…。やっぱりブリーフの方がこう、なんていうか…はきやすいっていうか」
野獣「そうですね。う~ん…。ブリーフ、ブリーフも多いんですけど、ふたいたいはボクサー型の」
――「あ、ボクサー型の」
野獣「うん…」
――「今セックスって大体週どれぐらいやってる?」
野獣「1か2ぐらいですね」
――「1か2ぐらい」
野獣「はい」
※パンツを脱ぐ野獣
――「今ちょっと少し反応っていうか…ちょっとしてます?」
野獣「はい」
――「うん」
――「オナニーっていうのは週今どれぐらいやってます?」
野獣「結構頻繁ですね。そんな1日にそんな回数はないんですけど、でも毎日やってますね」
――「あ~やっぱ毎日」
野獣「はい」
――「最近はいつ抜いたの?」
野獣「今朝ですねぇ!(平然)」
――「今朝ぁ!?」
野獣「はぁい」
――「フフッw」
――「ちょっとお尻の方見るんで」
※野獣の肛門をまさぐるインタビュアー
――「性感マッサージとかって行ったことある?」
野獣「性(ry、ありますあります」
――「あります?」
野獣「はい」
――「その時、こう、指とかは入れられなかった?もし…」
野獣「あ、試してみたことはありますよ」
――「本当?どうだった?」
野獣「全然気持ち良くなかった」
――「全然w」
野獣「アレは、ダメみたいですね(冷静)」
――「ダメみたい?」
野獣「はい」
――「ふ~ん…」
※ノンケAVを見ながらインタビュアーにシコられる野獣
野獣「硬くなってるでしょ?」
――「うん」
野獣「イキますよ」
――「うん」
※事後
――「どうだった?人前でオナニーっていうか、イッた感じは。そう抵抗ない?」
野獣「抵抗はないですよ」
――「うん大丈夫?は~い…」

DISCOVERY 第六号 リアルショック!!青年TYPHOON[編集]
[閲覧] [編集] [履歴表示]
※『ザ・フェチ Vol.3 フェチシリーズ初心者編』と同一の自己紹介から始まる
(略)
野獣「特にはやってないんすけど、トゥレーニングはし、やってます」
~~~『ザ・フェチ』映像終わり~~~
インタビュアー「彼女とかいる?今」
野獣「今はいないです」
──「今はいない?いつまでいたの?」
野獣「こ…去年ですねぇ」
──「去年?」
野獣「はい」
──「ふーん」
──「風俗とかは行くの?」
野獣「行ったことありますよ」
──「どういう系統が好きなの?」
野獣「そぉ~ですね…やっぱり僕は、王道を征く、ソープ系、ですか」
──「ああソープ?高いでしょでもソープ」
野獣「ピンキリですよねでもね」
──「ふーん」
野獣「うん」
──「じゃあオナニーとかっていうのは?」
野獣「やりますねぇ!(大声)」
──「やるんだ」
野獣「やりますやります」
──「ふーん」
──「週何回とか、そういうのはある?」
野獣「シュー(週)…うーん…何回っていう感じじゃない、でも頻繁に、やってますね」
──「やってる?」
野獣「はい」
──「じゃあ…えー…最近いつ抜いたの?」
野獣「最近は…3…日前」
──「3日前、ふーん」
(カメラがズームして行き、なぜか野獣の右の二の腕を大写しする)
(カメラ元に戻り、Tシャツを脱ぎ出す野獣)
──「それだけ体…鍛えてれば自信あるでしょ」
野獣「いやーそうでもないですよ」
──「うそ?」
野獣「服とか結構困りますよね」
──「ああー」
野獣「サイズ合わなくて」
──「サイズ合わなくて?」
(短パンを脱ぎ出す野獣)
野獣「うん」
──「どうこれ見られて、どう?恥ずかしくない?」
野獣「いや全然」
──「全然大丈夫?」
(野獣、パンツも脱ぎ全裸になる)
──「結構水着の跡が、ついてるね」
野獣「そうなんですよ」
──「うん」
野獣「行ったばっかりなんで」
──「そうなんだ」
(野獣、オレンジ色の競パンに履き替える)
──「結構、じゃあ海…こう日焼けとかする時は」
野獣「はい」
──「あのー…そういう競泳用の…水着とか、着る?」
野獣「焼くときは!(大声)」
──「焼くときは」
野獣「普通に海遊びに行くときは、普通…に海パン…海パンですね」
──「海パンで」
カシャン!(シャッター音)
──「ちょっと腕に力入れてみよっか、うん」
野獣「こういう感じでいいですか」
──「うん」
(野獣、競パンを脱いで白のブリーフに履き替える)
(場面変わって、ソファに腰掛けてAVを鑑賞する野獣)
──「どう?こういうレズ物とかってのは別に嫌いではないの?」
野獣「はい」
カシャン!(シャッター音)
──「結構反応してきたね」
野獣「してますね」
──「結構勃ちやすい方なの?」
野獣「勃ちやすいですよ」
──「ちょっとチンチン意識的にこう動かせる?」
──「じゃあそのまま脱いでみよっか」
(ブリーフを脱ぎ、再び全裸になる野獣)
(アンニュイな表情の野獣のクローズアップ、カメラはそのまま足先まで下がる)
(バットマン登場、野獣を愛撫し始める)
野獣「もうイッちゃいそうなんですけど」
──「もうイッちゃいそうなの!?」
野獣「うん」
野獣「あっ出ちゃう出ちゃう出ちゃう、出ちゃう」
──「ホント?」
──「あちょっと我慢して、もうちょっと我慢してね」
野獣「あっもう」
──「もうちょっと我慢、我慢して」
(場面変わって、M字開脚の野獣)
──「性感マッサージで、こう女の子に指とか入れられたことってある?」
野獣「あります」
──「どう?結構感じた?」
野獣「まあそう…よく分かんなかったですね、そんときは全然良くなかったです」
──「本当?」
──「じゃあね指の方入れてみるから」
──「やっぱバイブは痛い?」
野獣「痛いですねぇ…これは痛い」
野獣「イキそう…イクっ!」
AV「はぁ…はぁ…んんっ…んはぁ…」
──「大丈夫だった?男の手にイカされたけど」
野獣「大丈夫です」
──「やっぱり自分の手でやるのとは違った?」
野獣「んにゃぴ(んー…やっぱ)、やっぱり自分…の方が一番良いですよね、とりあえず」
──「ああ、イキやすいってこと?」
野獣「そうですね」

  • [528]
  • いのちゃん

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2017年 6月15日(木)00時20分43秒
  • 返信
 
野獣「24歳です」
インタビュアー「じゃあもう社会人?」
野獣「学生です」
――「学生さん…」
テロップ「バビロン27・フェチ3 出演」
――「え~、身長体重ってのは?」
野獣「身長は170センチ」
――「うん」
野獣「体重は74キロです」
――「74キロ、はい。じゃあ、え~、まずTシャツの方脱いでくださ~い」
――「人前で裸になるってのはどう?抵抗ある?」
野獣「水泳とかするんで、そんなに抵抗はないですね」
――「あ、ふ~ん。じゃあウェイトトレーニングとかもやってるの?」
野獣「はい、やってます」
――「ふ~ん」
野獣「服はここでいいですか?」
――「はいOKで~す」
――「すごい結構、すごい体してますね」
野獣「ん~まあ普通に健康目的ですけど」
――「ほ~。もう何年ぐらいトレーニングはやってます?」
野獣「そうですね~、5年ぐらい」
――「5年ぐらい?」
野獣「はい」
※パンツ一丁になる野獣
――「え~~、自分でモノの大きさってのは測ったことあります?」
野獣「あります」
――「その時は何センチぐらいでした?」
野獣「13センチぐらい」
――「ふ~ん」
――「結構足もトレーニングしてます?」
野獣「足もしてます。バランスよくやらないと」
※頭の後ろで腕を組む野獣(ドリル先輩)
――「ふ~ん」
――「じゃあちょっとそのままで。大体いつもブリーフ?」
野獣「え~とそうですね。あの、伸縮性のある、ボクサー型の、っていうんですかね。ちょっとスパッツに近い感じ…」
――「うん…。やっぱりブリーフの方がこう、なんていうか…はきやすいっていうか」
野獣「そうですね。う~ん…。ブリーフ、ブリーフも多いんですけど、ふたいたいはボクサー型の」
――「あ、ボクサー型の」
野獣「うん…」
――「今セックスって大体週どれぐらいやってる?」
野獣「1か2ぐらいですね」
――「1か2ぐらい」
野獣「はい」
※パンツを脱ぐ野獣
――「今ちょっと少し反応っていうか…ちょっとしてます?」
野獣「はい」
――「うん」
――「オナニーっていうのは週今どれぐらいやってます?」
野獣「結構頻繁ですね。そんな1日にそんな回数はないんですけど、でも毎日やってますね」
――「あ~やっぱ毎日」
野獣「はい」
――「最近はいつ抜いたの?」
野獣「今朝ですねぇ!(平然)」
――「今朝ぁ!?」
野獣「はぁい」
――「フフッw」
――「ちょっとお尻の方見るんで」
※野獣の肛門をまさぐるインタビュアー
――「性感マッサージとかって行ったことある?」
野獣「性(ry、ありますあります」
――「あります?」
野獣「はい」
――「その時、こう、指とかは入れられなかった?もし…」
野獣「あ、試してみたことはありますよ」
――「本当?どうだった?」
野獣「全然気持ち良くなかった」
――「全然w」
野獣「アレは、ダメみたいですね(冷静)」
――「ダメみたい?」
野獣「はい」
――「ふ~ん…」
※ノンケAVを見ながらインタビュアーにシコられる野獣
野獣「硬くなってるでしょ?」
――「うん」
野獣「イキますよ」
――「うん」
※事後
――「どうだった?人前でオナニーっていうか、イッた感じは。そう抵抗ない?」
野獣「抵抗はないですよ」
――「うん大丈夫?は~い…」

DISCOVERY 第六号 リアルショック!!青年TYPHOON[編集]
[閲覧] [編集] [履歴表示]
※『ザ・フェチ Vol.3 フェチシリーズ初心者編』と同一の自己紹介から始まる
(略)
野獣「特にはやってないんすけど、トゥレーニングはし、やってます」
~~~『ザ・フェチ』映像終わり~~~
インタビュアー「彼女とかいる?今」
野獣「今はいないです」
──「今はいない?いつまでいたの?」
野獣「こ…去年ですねぇ」
──「去年?」
野獣「はい」
──「ふーん」
──「風俗とかは行くの?」
野獣「行ったことありますよ」
──「どういう系統が好きなの?」
野獣「そぉ~ですね…やっぱり僕は、王道を征く、ソープ系、ですか」
──「ああソープ?高いでしょでもソープ」
野獣「ピンキリですよねでもね」
──「ふーん」
野獣「うん」
──「じゃあオナニーとかっていうのは?」
野獣「やりますねぇ!(大声)」
──「やるんだ」
野獣「やりますやります」
──「ふーん」
──「週何回とか、そういうのはある?」
野獣「シュー(週)…うーん…何回っていう感じじゃない、でも頻繁に、やってますね」
──「やってる?」
野獣「はい」
──「じゃあ…えー…最近いつ抜いたの?」
野獣「最近は…3…日前」
──「3日前、ふーん」
(カメラがズームして行き、なぜか野獣の右の二の腕を大写しする)
(カメラ元に戻り、Tシャツを脱ぎ出す野獣)
──「それだけ体…鍛えてれば自信あるでしょ」
野獣「いやーそうでもないですよ」
──「うそ?」
野獣「服とか結構困りますよね」
──「ああー」
野獣「サイズ合わなくて」
──「サイズ合わなくて?」
(短パンを脱ぎ出す野獣)
野獣「うん」
──「どうこれ見られて、どう?恥ずかしくない?」
野獣「いや全然」
──「全然大丈夫?」
(野獣、パンツも脱ぎ全裸になる)
──「結構水着の跡が、ついてるね」
野獣「そうなんですよ」
──「うん」
野獣「行ったばっかりなんで」
──「そうなんだ」
(野獣、オレンジ色の競パンに履き替える)
──「結構、じゃあ海…こう日焼けとかする時は」
野獣「はい」
──「あのー…そういう競泳用の…水着とか、着る?」
野獣「焼くときは!(大声)」
──「焼くときは」
野獣「普通に海遊びに行くときは、普通…に海パン…海パンですね」
──「海パンで」
カシャン!(シャッター音)
──「ちょっと腕に力入れてみよっか、うん」
野獣「こういう感じでいいですか」
──「うん」
(野獣、競パンを脱いで白のブリーフに履き替える)
(場面変わって、ソファに腰掛けてAVを鑑賞する野獣)
──「どう?こういうレズ物とかってのは別に嫌いではないの?」
野獣「はい」
カシャン!(シャッター音)
──「結構反応してきたね」
野獣「してますね」
──「結構勃ちやすい方なの?」
野獣「勃ちやすいですよ」
──「ちょっとチンチン意識的にこう動かせる?」
──「じゃあそのまま脱いでみよっか」
(ブリーフを脱ぎ、再び全裸になる野獣)
(アンニュイな表情の野獣のクローズアップ、カメラはそのまま足先まで下がる)
(バットマン登場、野獣を愛撫し始める)
野獣「もうイッちゃいそうなんですけど」
──「もうイッちゃいそうなの!?」
野獣「うん」
野獣「あっ出ちゃう出ちゃう出ちゃう、出ちゃう」
──「ホント?」
──「あちょっと我慢して、もうちょっと我慢してね」
野獣「あっもう」
──「もうちょっと我慢、我慢して」
(場面変わって、M字開脚の野獣)
──「性感マッサージで、こう女の子に指とか入れられたことってある?」
野獣「あります」
──「どう?結構感じた?」
野獣「まあそう…よく分かんなかったですね、そんときは全然良くなかったです」
──「本当?」
──「じゃあね指の方入れてみるから」
──「やっぱバイブは痛い?」
野獣「痛いですねぇ…これは痛い」
野獣「イキそう…イクっ!」
AV「はぁ…はぁ…んんっ…んはぁ…」
──「大丈夫だった?男の手にイカされたけど」
野獣「大丈夫です」
──「やっぱり自分の手でやるのとは違った?」
野獣「んにゃぴ(んー…やっぱ)、やっぱり自分…の方が一番良いですよね、とりあえず」
──「ああ、イキやすいってこと?」
野獣「そうですね」

  • [527]
  • 付け加えるが

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2017年 6月13日(火)20時00分51秒
  • 返信
 
Twitterからだけど 茨木の日デ西工が1台と知人からの情報で日野レインボーHRの2台が除籍されているようですよ?

後は自分で調べたら (笑)

  • [526]
  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2017年 6月13日(火)19時55分22秒
  • 返信
 
ここに投稿している、箕面市民や紫陽花と向日葵は強情で嘘つきやろうだ!

吹田に移籍した日野ブルーリボンシティのことも色々下らないことを言っているが苦しい言い訳に仕方ない聞こえない、こんなガセネタはこの掲示板にくるなってもうこないか 笑笑

  • [525]
  • Re:  付け加えるけど

  • 投稿者: T-田村
  • 投稿日:2017年 6月 1日(木)23時21分19秒
  • 返信
 
>>523
> >>516
> 5/20から運行開始した万博記念公園駅と吹田スタジアムのシャトルバスは千里や茨木ではなく吹田が担当している、だからブルシティが入るのはおかしくないのでは?
> >
> 先日、紫陽花と向日葵さんが、「某サイトによると196~198のうちの数台と吹田の4021以外に千里の233が入っていた」と書いていましたが、その某サイトでは「茨木の7001も20日の運行に入っていました。」と書かれていましたね。
>
> Jリーグ・ガンバ主催試合の時の運行ですが、以前に千中⇔万博陸上競技場間と阪急/JR茨木⇔万博陸上競技場間を走っていた時は、千里・吹田・茨木が運行をしていたので、試合終了後のみに運行する吹田市立サッカースタジアム⇒万博記念公園駅前行きは運行管理は吹田ですが、定期便の車両もありファン輸送便に使う車両が足らないので、近隣の千里・茨木も応援(?)に入ったと思います。
>
> 西宮えびすの参拝バスは地元の西宮以外にも芦屋浜や清和台(数年前までは伊丹や山口)が応援に入っていますし、1月に運行する清荒神の参拝バス(⇒1月は土日祝日のみに運行をする臨時便、2~12月は定期便)も宝塚や山口の他、茨木(以前は千里・猪名川・芦屋浜)も応援に入っています。


今年の清荒神初詣臨時バスは宝塚・山口・茨木・西宮が入っていたよ...

  • [524]
  • 巻式の方向幕

  • 投稿者:箕面市民
  • 投稿日:2017年 6月 1日(木)18時11分18秒
  • 返信
 
幕式の方向幕の件ですが、新設された路線は付け加えた形になります。

千里が運行していた20・81・83・85・164系統は06年に石橋に変わりましたが(⇒20系統は千里・石橋の共同運行から石橋の単独運行へ)、
もともとから石橋にいた車両は確か、池田市内線と96・97系統の後に千里から石橋へ移った81・83・85・164系統を付け加えたと思います。

  • [523]
  • Re:  付け加えるけど

  • 投稿者:箕面市民
  • 投稿日:2017年 6月 1日(木)18時02分37秒
  • 返信
 
>>516
5/20から運行開始した万博記念公園駅と吹田スタジアムのシャトルバスは千里や茨木ではなく吹田が担当している、だからブルシティが入るのはおかしくないのでは?
>
先日、紫陽花と向日葵さんが、「某サイトによると196~198のうちの数台と吹田の4021以外に千里の233が入っていた」と書いていましたが、その某サイトでは「茨木の7001も20日の運行に入っていました。」と書かれていましたね。

Jリーグ・ガンバ主催試合の時の運行ですが、以前に千中⇔万博陸上競技場間と阪急/JR茨木⇔万博陸上競技場間を走っていた時は、千里・吹田・茨木が運行をしていたので、試合終了後のみに運行する吹田市立サッカースタジアム⇒万博記念公園駅前行きは運行管理は吹田ですが、定期便の車両もありファン輸送便に使う車両が足らないので、近隣の千里・茨木も応援(?)に入ったと思います。

西宮えびすの参拝バスは地元の西宮以外にも芦屋浜や清和台(数年前までは伊丹や山口)が応援に入っていますし、1月に運行する清荒神の参拝バス(⇒1月は土日祝日のみに運行をする臨時便、2~12月は定期便)も宝塚や山口の他、茨木(以前は千里・猪名川・芦屋浜)も応援に入っています。

  • [522]
  • 清和台の2862が引退

  • 投稿者:紫陽花と向日葵
  • 投稿日:2017年 5月31日(水)02時36分6秒
  • 返信
 
清和台の2862が完全に引退しました。


Twitterの写真を見ると2862は社番とナンバープレートは残っていますが、エンブレム・LEDの方向幕が無くなった状態になっていました。

清和台には(02年に導入された)2841・2844・2845の3台がいますが、なぜ、(03年に導入された)2862が先に引退したのかは分かりません。


2862を1度も乗らずに引退したので、2862の状態は分かりませんが、別のTwitterに書かれていた記事によると2862は、車体管理の満了(?)に伴う引退だと言うことです。

その代わりに新車で3143(ナンバーは神戸200か49ー98か49ー99のどちらかの番号で登録)が入りました。

となると西工/三菱のワンステ車も来年までには一般路線としての運行から姿を消す可能性が高くなったのではないでしょうか?

(西工/三菱のワンステ車は、04年式の2878~2882が最後の車両、2882は白ナンバーに変更し自家用登録に変更し、茨木の2878と千里の2881は宝塚(伊丹?)に移籍し教習車用に変更、現役で残っているのは豊中の2879・2880の2台で、おそらく、来年辺りに一般路線としての運行が終わるのでは?)

  • [521]
  • Re:  付け加えるけど

  • 投稿者:紫陽花と向日葵
  • 投稿日:2017年 5月31日(水)02時01分29秒
  • 返信
 
>>520
> >>517
> > >>516
Tー田村は「吹田スタジアムと万博記念公園駅間の臨時便」で入っていたと書いているよなぁ?
>
誰が「臨時便」って書いた?

俺は「(Jリーグ開催時のガンバ主催ゲームで試合終了後に運行する吹田市立サッカースタジアム⇒万博記念公園駅行きの便のみ」と書いたんだが…

適当に「臨時便」とか書くんじゃねぇ~

以前の千中⇔万博記念競技場(阪急茨木/JR茨木⇔万博記念競技場)のシャトルバスは、千里や茨木・吹田が運行に入っていたが、5月20日から運行を開始した吹田市立サッカースタジアム⇒万博記念公園駅行きの運行担当は吹田だ!!

ただ、吹田だけでは車両が足りない(?)ので、吹田以外の応援も入ったと思うんや!!(⇒今のところ、千里だけが応援に入っているが、茨木や豊中からの応援もあるのでは!?)

なんかTー田村は、「190と196~198の4台が、平日朝夕ラッシュ時に運行される31系統のJR吹田⇔ダイキン工業前しか走っていない」と書いているが、1系統限定の時間限定っておかしな話やろ!?
(高速路線では無いのに!!)

そんな話は、阪大輸送便、園田競馬・向日町競輪の輸送便、1月に行われる清荒神参拝臨時バス(⇒2~12月の運行は定期便だが、なぜか1月だけは臨時便)、西宮えびすの臨時バス、厄神大祭の臨時バス以外の通常便では、聞いた事が無いわ~

それ以外の時間帯は土日祝日ダイヤも含めて吹田(営)で待機か!?

そうなると190・196~198は予備車扱いか?

(そういえば、先日、千里NT線用の171・174~176・180の運行回数が4月以降だいぶ減ったので予備車になったのでは?と書かれていた情報があったが、田村正和は「171・174~176・180は予備車ではないやろ!!」と返事が来たのだが…ちなみに、171・174~176・180は04年式で、190・196~198は05年式だ!!)

190って、吹田市内線から31系統限定に変わったのか?

で、Tー田村は、「190と196~198の4台が、平日朝夕ラッシュ時に運行される31系統のJR吹田⇔ダイキン工業前しか走っていない。確認するんやったらJR吹田に来い!!」と書いているが、俺は、豊中市内の北部に住んでいる。

勤務先は毎日違うし、労働時間や勤務時間・休日もバラバラなので(⇒道路工事や建設工事などの警備会社で働いている為)、平日の朝夕ラッシュ時にJR吹田へ行くのは無理やで!!

Tー田村よ、誰も平日の朝夕ラッシュの時間帯の事は聞いていないんや!!

俺は吹田に196~198を先日、吹田(営)まで確認をしに行ったが、夜間遅い時間は吹田に196~198は止まっていなかったんや!!と書いたから196~198の昼間の状況が気になっているんや!!

(nanacoさんも5月7日に確認をした時は196~198は止まっていなかったと書いていたし)

俺は190・196~198の昼間の状況を知りたいんや!!

で、吹田に移籍した4021は予備車なのか?

吹田の単独運行になった11系統の補充で2865・2866・488・489と一緒に豊中から吹田へ移籍したのではないのか?

2営業所合わせて8台(豊中の5台と茨木の3台)の車両が4月までに吹田へ移籍してきたが、そもそも、吹田営業所は移籍してきた8台分の車両を止める場所があったのか?

だからTー田村が「31系統で196~198が走っている姿を撮影をしたのなら、このブログかTwitterに載せろ!!」と書いたんや!!

お前は「(気になっている)人の気持ち」を分かっていないのか?

  • [520]
  • Re:  付け加えるけど

  • 投稿者: T-田村
  • 投稿日:2017年 5月30日(火)14時07分44秒
  • 返信
 
>>517
> >>516
> 196~198が柱本だと言い張るなら根拠を?
>
> 柱本は吹田の一部と茨木の一部を引き継いだ事は知っているよな。
>
> 柱本には点検する整備工場が無いのも知っているよな。
>
> (柱本に整備工場が無いから)柱本の車両は吹田で点検や整備をしているのも知っているよな。
>
> だから、俺は「196~198は柱本か吹田か分からない」と書いた。
>
> ただ、一言だけ書くが「柱本に正式に移籍した」とは書いていないからな!!
>
> Tー田村よ、Tー田村や田村正和、田村孝麿は「吹田」と書いているが、根拠は31系統の運行だけだよな!?
>
> 吹田に移籍したならば、31系統の他、吹田市内線の運行にも入らないといけないよな!?
>
> Twitterを見ているが、「196~198が吹田市内線で運行していた」「196~198が千中・桃山台駅・阪急山田・JR岸辺で見た。」という情報が全くないのだが、何故だ?
>
> Tー田村よ、「196~198を31系統で運行している姿を実際に見て撮影した」と完全に書いたよな!!
>
> だったら、196~198が31系統で運行している姿か営業所表記のアップの写真をブログかTwitterで載せろよ!!
>
>

てか、お前は以前吹田スタジアムと万博記念公園駅間の臨時便で入っていたと言ってたよな?

それは予備車を持ってきて走らしているんだよ! 190と196~198は基本、平日ラッシュ時の吹田~摂津線のみ運行で吹田市内とかには入ってないよ、信用しないなら平日の朝か夕方のJR吹田に見に行けよ間違いなく31でくるからさー

  • [519]
  • Re: 今度は

  • 投稿者: T-田村
  • 投稿日:2017年 5月30日(火)13時56分59秒
  • 返信
 
>>518
> >>515
> 質問した奴が答えろよ?
> >
> Tー田村も人の事を言えんやろ!?
>
> てか、ほぼクロネコヤマトの自作自演だから書いたり出来ないよねー 書けるなら書いて見ろよ? エセ素人バスマニア紫陽花と向日葵ことクロネコヤマトくん 笑笑
>
> と書いているが、Tー田村も田村正和・田村孝麿・通りがかりの阪急バスファンと同じような事を書いているよな!!
>
>
> 以前、田村正和は「通りがかりの阪急バスファンとは別の奴だ!!」と書いていたが、返信の文章が同じだったぜ!!
>
> Tー田村もそうだが、通りがかりの阪急バスファン・田村正和・田村孝麿と共通して言えるのは
>
> ①「○○と○○は同一人物だよな!?」と何回も書いてくる
>
> ②アホ・ボケ・バカといった事を平気に書く
>
> ③「○○の自作自演」とか「エセ素人バスマニア○○こと○○くん」といった文章を書く
>
> Tー田村・田村正和・田村孝麿・通りがかりの阪急バスファンの4名は完全に同一人物だ!!
>
>
> もし、同一人物ではないと書いているのなら
>
> ①「○○と○○は同一人物だよな!?」は書かないし、
>
> ②アホ・ボケ・バカといった事は書かないし、
>
> ③「○○の自作自演」とか「エセ素人バスマニア○○こと○○くん」といった文章は書かないぜ!!
>
>

えっ、アホとかボケ・バカとか言ったことないけど? 根拠のないこと言うなよ!!

画像をブログかTwitterに載せろって言ってるけど、自分のブログやTwitterに載せてるけど? ちゃんと調べてみたら 笑笑

  • [518]
  • Re: 今度は

  • 投稿者:紫陽花と向日葵
  • 投稿日:2017年 5月30日(火)00時42分59秒
  • 返信
 
>>515
質問した奴が答えろよ?
>
Tー田村も人の事を言えんやろ!?

てか、ほぼクロネコヤマトの自作自演だから書いたり出来ないよねー 書けるなら書いて見ろよ? エセ素人バスマニア紫陽花と向日葵ことクロネコヤマトくん 笑笑

と書いているが、Tー田村も田村正和・田村孝麿・通りがかりの阪急バスファンと同じような事を書いているよな!!


以前、田村正和は「通りがかりの阪急バスファンとは別の奴だ!!」と書いていたが、返信の文章が同じだったぜ!!

Tー田村もそうだが、通りがかりの阪急バスファン・田村正和・田村孝麿と共通して言えるのは

①「○○と○○は同一人物だよな!?」と何回も書いてくる

②アホ・ボケ・バカといった事を平気に書く

③「○○の自作自演」とか「エセ素人バスマニア○○こと○○くん」といった文章を書く

Tー田村・田村正和・田村孝麿・通りがかりの阪急バスファンの4名は完全に同一人物だ!!


もし、同一人物ではないと書いているのなら

①「○○と○○は同一人物だよな!?」は書かないし、

②アホ・ボケ・バカといった事は書かないし、

③「○○の自作自演」とか「エセ素人バスマニア○○こと○○くん」といった文章は書かないぜ!!



  • [517]
  • Re:  付け加えるけど

  • 投稿者:紫陽花と向日葵
  • 投稿日:2017年 5月30日(火)00時26分32秒
  • 返信
 
>>516
196~198が柱本だと言い張るなら根拠を?

柱本は吹田の一部と茨木の一部を引き継いだ事は知っているよな。

柱本には点検する整備工場が無いのも知っているよな。

(柱本に整備工場が無いから)柱本の車両は吹田で点検や整備をしているのも知っているよな。

だから、俺は「196~198は柱本か吹田か分からない」と書いた。

ただ、一言だけ書くが「柱本に正式に移籍した」とは書いていないからな!!

Tー田村よ、Tー田村や田村正和、田村孝麿は「吹田」と書いているが、根拠は31系統の運行だけだよな!?

吹田に移籍したならば、31系統の他、吹田市内線の運行にも入らないといけないよな!?

Twitterを見ているが、「196~198が吹田市内線で運行していた」「196~198が千中・桃山台駅・阪急山田・JR岸辺で見た。」という情報が全くないのだが、何故だ?

Tー田村よ、「196~198を31系統で運行している姿を実際に見て撮影した」と完全に書いたよな!!

だったら、196~198が31系統で運行している姿か営業所表記のアップの写真をブログかTwitterで載せろよ!!



  • [516]
  •  付け加えるけど

  • 投稿者: T-田村
  • 投稿日:2017年 5月29日(月)21時10分31秒
  • 返信
 
 5/20から運行開始した万博記念公園駅と吹田スタジアムのシャトルバスは千里や茨木ではなく吹田が担当している、だからブルシティが入るのはおかしくないのでは?

それでもまだ、柱本だと言い張るなら根拠を言って見ろよ紫陽花と向日葵? 他の奴は答えるな!

それと、自分はこの間吹田に行って31に入っているのを確認・撮影しているからな (笑)

  • [515]
  • 今度は

  • 投稿者: T-田村
  • 投稿日:2017年 5月29日(月)20時39分13秒
  • 返信
 
 紫陽花と向日葵じゃなくて質問した奴が答えろよ?

てか、ほぼクロネコヤマトの自作自演だから書いたり出来ないよねー 書けるなら書いて見ろよ? エセ素人バスマニア紫陽花と向日葵ことクロネコヤマトくん 笑笑

  • [514]
  • Re: 196~198はどこ?

  • 投稿者: T-田村
  • 投稿日:2017年 5月29日(月)20時32分55秒
  • 返信
 
>>512
> 196~198はどこの営業所なんですか?
>
> 数名は柱本で数名は吹田と書いていて、柱本なのか吹田なのか分かりません。
>
> 私も196~198を確認する為、5月の母の日の夜遅い時間帯に吹田(営)に行き、敷地外から見ましたが、196~198は吹田にいませんでした。
>
> 5月20日から万博で行われているJリーグの試合が終わった後に、吹田市立サッカースタジアムから万博記念公園駅に行く便の運行を開始したのですが、その中に196~198のうちの2台が入っていました。
>
> あと、吹田の190と4021(190も4021も豊中からの移籍車)の他に千里の233が入っていたと書かれていましたが、196~198の営業所は書かれていませんでした。
>
> 田村正和という奴は「Twitterの写真を見て吹田(?)」と書いていましたが、複数の投稿者さんは田村正和に対して「実際に196~198を見たのか?実際に見たのなら目撃場所を書け!!」と質問をしていますが、田村正和という奴からの返事が全くありません。
>
> 移籍するとほとんどの車両ではリア窓やドアに貼られているステッカーは剥がします。
> (千里と吹田、清和台と猪名川は共同で貼られているステッカーがあるので、このような場合はステッカーは剥がす事は無いが、千里⇒猪名川といった場合はステッカーは剥がす)


てか、万博記念公園駅から吹田スタジアム間のシャトルバスは吹田の担当だから間違いないけど...

お前は見たことないのに偉そうにいうな? エセ素人バスマニアが!!

  • [513]
  • Re: 196~198はどこ?

  • 投稿者:シロネコヤマト
  • 投稿日:2017年 5月29日(月)19時10分9秒
  • 返信
 
>>512
柱本じゃなくて間違いなく吹田ですけど

  • [512]
  • 196~198はどこ?

  • 投稿者:紫陽花と向日葵
  • 投稿日:2017年 5月29日(月)16時14分38秒
  • 返信
 
196~198はどこの営業所なんですか?

数名は柱本で数名は吹田と書いていて、柱本なのか吹田なのか分かりません。

私も196~198を確認する為、5月の母の日の夜遅い時間帯に吹田(営)に行き、敷地外から見ましたが、196~198は吹田にいませんでした。

5月20日から万博で行われているJリーグの試合が終わった後に、吹田市立サッカースタジアムから万博記念公園駅に行く便の運行を開始したのですが、その中に196~198のうちの2台が入っていました。

あと、吹田の190と4021(190も4021も豊中からの移籍車)の他に千里の233が入っていたと書かれていましたが、196~198の営業所は書かれていませんでした。

田村正和という奴は「Twitterの写真を見て吹田(?)」と書いていましたが、複数の投稿者さんは田村正和に対して「実際に196~198を見たのか?実際に見たのなら目撃場所を書け!!」と質問をしていますが、田村正和という奴からの返事が全くありません。

移籍するとほとんどの車両ではリア窓やドアに貼られているステッカーは剥がします。
(千里と吹田、清和台と猪名川は共同で貼られているステッカーがあるので、このような場合はステッカーは剥がす事は無いが、千里⇒猪名川といった場合はステッカーは剥がす)


レンタル掲示板