teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


津和野駅弁

 投稿者:せとたか  投稿日:2018年 9月18日(火)18時25分31秒
  こんばんは、お久しぶりです。

今日は乗り鉄で山陰に来ております。SLの運休が長引き、山陰DC効果はいかに?というか感じですが、三連休明けた今日の津和野駅、ちゃんとうどん店開いていました。

「駅弁ありますか?」と尋ねたところ、これも「注文生産」ということで、列車間合いで津和野太鼓谷稲成へ行っている間に、作ってもらいました。
 
 

津山 美作千代 すみれ会配食サービス しいたけ弁当

 投稿者:京阪奈  投稿日:2018年 9月16日(日)23時39分51秒
  元、津山駅弁「吉野舘」の「しいたけ弁当」が調製元をかえて復活したとの情報をもらい、予約して購入してきました。

しいたけ弁当 700円
店舗情報:すみれ会配食サービス
岡山県津山市宮部下326-6
0868577230
https://itp.ne.jp/info/339412630132531010/
購入方法:団体注文が主体で、少数での調製は難しいため、事前に予約が入っている日程を確認して、それに便乗して注文するのが良いと思われます。
受取方法:車で店舗まで行くか(車以外では困難)、都合が合えば、「久米」の町内(岡山県津山市中北下1300)まで持ってきてもらえる場合もあるようです。
車以外の場合のおすすめは
・阪急バス・備北バス「久米」
https://www.hankyubus.co.jp/highway/route/info/highway17.php
・姫新線「美作千代」
で降りて、届けてもらうのが良いと思います。
その他の最寄駅
・姫新線「坪井」(美作千代駅よりも近いが、徒歩圏ではない)
・中鉄バス「坪井下」(本数少ない、バス停からの徒歩圏ではない)、「中正小学校前」(徒歩圏だが、週に2日のみ運行)
http://www.chutetsu-bus.co.jp/rosen/gongo.htm
また、町の中心部にはタクシー会社もありますが、常駐しているかは不明です。

ちなみに、2017年には復活していたようです。
https://www.e-tsuyama.com/report/2017/11/post-1461.html
 

早岐駅 西海軒

 投稿者:京阪奈  投稿日:2018年 9月13日(木)23時19分42秒
  早岐駅の駅弁屋だった西海軒ですが、現在「佐世保レモンステーキ弁当」が予約制で販売されているようです。
https://www.sasebo99.com/pdf/pdf_dl/wagyu2016.pdf
少数ながら購入報告もあるようです。
http://www.e-avanti.com/64734

以前に購入した際は、容器代を足すことで、「和蘭陀弁当」の容器に変更できました。
 

沼津駅や静岡駅の収穫

 投稿者:まっこうくじら(館長)  投稿日:2018年 9月13日(木)07時15分50秒
  おはようございます、まっこうくじらです。18きっぷで静岡です。

●2018年9月1日(土)
静岡県 東海道本線 沼津駅「三嶋物語秋日和」(1,000円)※桃中軒
静岡県 東海道本線 沼津駅「こだわりの焼き魚弁当」(1,180円)※桃中軒
静岡県 東海道本線 静岡駅「千扇弁当(秋)」(1,080円)※東海軒
静岡県 東海道本線 静岡駅「うなぎめし」(1,600円)※東海軒
静岡県 東海道本線 静岡駅「ブラックアンガス牛カルビ重」(880円)※東海軒
静岡県 東海道本線 静岡駅「サンドイッチ」(340円)※東海軒
静岡県 東海道本線 静岡県「助六ずし」(550円)※東海軒

青春18きっぷで天竜二俣駅弁というプランを温めていて、
猛暑に負けて9月になってしまい、諦めて切符消化の旅。

とりあえず横浜駅から東海道線に乗り、接続良く御殿場線に乗れ、
御殿場駅に行ってみたら、駅の土産物屋がコンビニと化していて、
妙見本店の鱒や鮎の姿ずしも、駅弁らしい商品も絶滅。
駅弁の消滅を惜しみながら、駅の写真だけ撮って沼津行きに乗り、
スマホを見てると調製元公式サイトに「ベルマート御殿場駅店での販売もしております」と。
写真を見返したら、店の壁に「鱒の姿ずし」の広告が出ていました。
以前のレジ横商品より出会える確率は低そうですが、存在はするようです。

沼津駅では、実物に初めて出会えた秋版の季節の千円駅弁と、
前回の訪問時に前の客で売り切れた桜えびめし版焼き魚弁当を収穫。
中身は公式サイトと今後の収蔵写真に譲るとして、雰囲気の良いお弁当。
このサクラエビを振りかけた茶飯だけを腹一杯食べたい気になります。

静岡駅では改札外の左手の東海軒に様々な自社駅弁が賑やか。
せめて登呂遺跡くらい観光してみようと駅を出た瞬間に雨が降り始め、
暑さが蒸し暑さになり、たまらず駅弁だけ買い引き返しました。

千扇弁当はまるでデパ地下弁当。絵柄あり、掛紙なしの発泡材容器に
クリとマツタケの御飯、マツタケ型サトイモなどの煮物、サンマ竜田揚、
鶏肉とカシューナッツ、サクラエビ、わさび漬、ごま団子などの秋の味。

うなぎめしのスリーブの絵柄の変更は最近でしょうか。
付合せも奈良漬けから玉子焼とわさび菜へ変化。
ゴム草履でないが焼いた風味がない、不思議な味のウナギでした。
これと同じ容器を異なる絵柄のスリーブに収めて、
白飯を牛肉で覆い、玉子焼、わさび漬、しば漬を添える牛カルビ重。
焼肉のタレのようなものに黒くまみれた黒い肉が見た目にワイルドで、
味だけならタレの酸味を除けば普通の牛肉駅弁かと。
ブラックアンガス牛は赤身で売る肉のようですが、これは脂身がたっぷり。

東海軒のサンドイッチは16年半ぶりの購入か。
何も変わっておらず、昔懐かしい感じ。写真を見比べると、調製元の所在地、
バーコードの追加、値段と中央会会員の表記の削除という小変化はあり。
昭和の見栄えな駅弁屋のカツサンドと一緒に売店に置かれます。

静岡駅弁の助六寿司はたぶん初購入。
稲荷4個と細巻5個と、ガリの袋と醤油のボトル。味も没個性。
ふたの絵柄を含めて見栄えを飾らない、惰性に感心させられるような。

>9/12 machibari_dancerさん:
テレビ放送の情報のご提供ありがとうございます。
地デジ化の頃に買ったシンプルな録画機能付チューナーが昨年に壊れ、
テレビを見たり撮ったりする機会が少なくなっていたところでした。
 

駅弁関連のテレビ放送について

 投稿者:machibari_dancer  投稿日:2018年 9月12日(水)12時37分0秒
  はじめまして。ペンネームmachibari_dancerと申します。駅弁資料館は頻繁に拝見させていただいております。よろしくお願いします。
さて、テレ朝系列で毎週月曜23時15分から放送の「劇レアさんを連れてきた。」の番組内でNRE元大宮営業所長?の三浦由紀江氏が取り上げられるそうです。ほとんどが個人史だと思いますが、多かれ少なかれ駅弁に触れる内容だと思われます。放送は来週の9月17日(一部地域除く)。URLは番組HPです。

https://www.tv-asahi.co.jp/geki_rare/#/?category=variety

 

東京駅などの収穫

 投稿者:まっこうくじら(館長)  投稿日:2018年 9月10日(月)22時46分41秒
  こんばんは、まっこうくじらです。8月最後の収穫です。

●2018年8月25日(土)
東京都 東京総合車両センター「2018年東京総合車両センター一般公開記念弁当」(1,000円)※大船軒
東京都 東海道本線 東京駅「銀幕」(1,400円)※日本ばし大増
東京都 東海道本線 東京駅「内藤とうがらし新宿焼肉弁当」(1,100円)※日本レストランエンタプライズ
岡山県 山陽本線 岡山駅「500系ハローキティ新幹線弁当」(1,250円)※三好野本店
東京都 東海道本線 東京駅「リラックマ×山手線ごゆるりランチ」(1,080円)※淡路屋
岡山県 山陽本線 岡山駅「瀬戸内産たこ飯三昧弁当」(1,200円)※三好野本店
青森県 東北新幹線 八戸駅「青森と三陸の食材100%寿司弁当」(1,280円)※吉田屋
東京都 東海道本線 東京駅「鳥つくね棒カツ」(450円)※大船軒

今年も大井工場公開、東京総合車両センター夏休みフェアに参戦。
10時の開場に少々遅れて大井町駅に付いたら、行列がJR線を越えて
東側の線路沿いに住宅地のほうまで長く長く延びていてびっくり。
酷暑を40分歩いて入れた場内もまた、どこも行列だらけ。
しかし商品は市販の鉄道グッズ、駅弁は東京駅「駅弁屋 祭」で買える
新幹線型容器やチキン弁当型シンカリオン、チャギントン。
記念弁当だけ買って食べて帰るつもりが、混雑で2時間コースになりました。
電気機関車EF5861を撮りたい人は3時間待ちの行列だったそうな。
10~15時の時間内にどれだけありつけたのでしょうか。

大変な思いをして買えた記念弁当は、在庫は潤沢にありました。
掛紙はEF8195+カシオペアとEF641001+旧型客車の走行写真。
酒肴弁当の松花堂風容器に、しらすと鮭そぼろの御飯、いなりずし2種、
かまぼこと玉子焼と煮物とひじきとアサリ、アジフライと牛肉ごぼう煮と
鶏つくねミートソースで4区画。今年は中身も特製でした。

続いて東京駅。まずは地下1階グランスタに期間限定で復活した駅弁売店。
おそらく6年ぶりに復活の銀幕は、11年ぶりの購入。
差異はありますが、雰囲気は変わりません。鈴付きゴム紐も復活。

そして1階の「駅弁屋 祭」。ネットで見ていた未収穫品が買えました。
内藤とうがらし新宿焼肉弁当は、実演販売で調製元がNREでしたが、
本来は小淵沢駅弁の丸政がつくる新宿駅弁のようです。8月21日発売。
白御飯を牛肉煮で覆い、玉子焼と煮物と大根桜漬を添える、いたって普通の牛肉駅弁。
味も丸政の焼肉風。この肉の上に載る唐辛子が江戸時代の内藤新宿の特産であった模様。

エヴァンゲリオン新幹線を1か月半で改装したハローキティ新幹線の
2018年6月30日の運行開始とともに登場した
500系ハローキティ新幹線弁当は、エヴァ新幹線の駅弁と違い、
淡路屋でなく三好野本店、陶製でなくプラ製。
中身はチキンライス、玉子焼、ハンバーグ、枝豆、ウインナー、
フルーツゼリーというお子様ランチ。外国人に人気が出るかも。

8月1日の発売以来、収穫できなかった報告をよく見ている
リラックマ×山手線ごゆるりランチは、東京駅で売るのに淡路屋の調製で、
正六角形のパッケージの側面には「JR東京駅 淡路屋」とまで記載。
中身はマーガリン飯、目玉焼き、とんかつ、ペンネ、鶏つくね、
ブロッコリー、エビフライ、ポテトサラダなどの、これもお子様ランチ。
リラックマ駅弁は記憶にある限り4種目で、容器は最も簡易的かと。

瀬戸内産たこ飯三昧弁当は7月に東京で発売でしょうか。
調製元公式サイトでは「★9月1日~新発売★」としています。
中身は玉子焼とタコ唐揚げ丼と、錦糸卵とタコ味付け煮丼のセット。
今までにないタイプのタコ駅弁で、B級グルメ的にモリモリ味わえます。

青森と三陸の食材100%寿司弁当も、7月に東京で発売でしょうか。
ボール紙を組み立てた枡に、ホタテ、サーモン、カキ、サバ、
ヒラメ、イクラの握り寿司またはバッテラと、ごぼう、昆布、玉子焼。
少量を気にさせる容器ですが、こういう見栄えもあるのかと。

鳥つくね棒カツは、パッケージの絵柄が賑やかになった気がして
買ってみたら、以前と同じでした。引き続きここで売られています。
 

新宿駅などの収穫

 投稿者:まっこうくじら(館長)  投稿日:2018年 9月10日(月)21時50分17秒
  こんばんは、まっこうくじらです。長野原の翌日は新宿駅。

●2018年8月19日(日)
東京都 東海道本線 品川駅「品川弁当」(1,100円)※大船軒
「福島県産豚生姜焼き重」(880円)※丸政
「麦みそ焼豚とやまや明太重」(1,380円)※日本エアポートデリカ
神奈川県 東海道本線 小田原駅「牛豚鶏の味くらべ」(1,100円)※東華軒

品川弁当は品川駅の大船軒売店で予約購入。7年半ぶりの購入か。
2010年の発売から値段以外は変わらないイメージがありましたが、
当館写真と見比べると、4区画の見栄えがまるで違い、
掛紙の錦絵も差し替えられています。印象は当てにならないものです。

帰路の新宿駅では「駅弁屋 頂」に収穫がなかったので、
京王百貨店の中地階のデパ地下で駅弁探し。
1月の駅弁大会の頃と違い惣菜ばかりで、駅弁はわずか5種類ほど。

「駅弁の丸政特製 福島県産 豚生姜焼き重」と書いた紙帯を締める弁当は、
駅弁ではないかもしれません。駅弁マークの印字はあります。
長方形の容器に白飯を詰め、豚焼肉で覆い、玉子焼、かまぼこ、
煮物を添えたデパ地下弁当。山梨から運ばずとも、店内で作れそう。

「大河ドラマ西郷どん 鹿児島 山野井 西郷どん味噌仕込み
麦みそ焼豚と やまや明太重」と掛紙に書かれる、
NHKエンタープライズ承認済のシールを貼った弁当は、
日本エアポートデリカの調製なので羽田空弁のつもりで買ったら、
これはどうも「ザ・ガーデン自由が丘」で売る商品である模様。
白飯を焼豚と卵とじと明太子と辛子高菜で覆い、
煮物ときんぴらごぼうを添えた、デパ地下弁当にしては高級感。
見た目がハムで食感はベーコンの、カリカリの焼豚が飯を旨くします。

牛豚鶏の味くらべは、2018年6月1日発売の小田原駅弁。
「牛」「豚」「鶏」の墨字をお品書きと宣伝文で彩るスリーブに
収めた容器はスーパーの惣菜弁当のようなプラ製。
中身はそのトレーの3つのくぼみに、牛しぐれ煮丼、豚塩だれ焼き丼、
鶏の生姜焼きととりそぼろ丼を収めた男飯。見栄えの悪い上等の味。
 

長野原と上野駅の収穫

 投稿者:まっこうくじら(館長)  投稿日:2018年 9月10日(月)21時27分43秒
  こんばんは、まっこうくじらです。8月の未報告が3日分あります。

●2018年8月18日(土)
群馬県 吾妻線 長野原草津口駅前「鳥めし弁当」(870円)※浅間酒造
群馬県 吾妻線 長野原草津口駅前「上州牛すき焼き弁当」(1,300円)※浅間酒造
群馬県 吾妻線 長野原草津口駅前(やきそば)(350円)※調製元不詳
東京都 東北本線 上野駅「ワッショイ!上野ちらし寿司」(1,000円)※日本ばし大増

川原湯温泉へ来たので、あと5km進んで長野原草津口駅。
2017年7月や2013年8月の訪問は乗り換えただけなので、
記憶上は2007年2月以来となる訪問。駅前は一面の交通広場になり、
建て替えた駅舎に一切の売店がなく、断続的に出た駅弁も消滅。
駅の隣、というには動線的にまったく目立たなく気付きにくい
「草津温泉」「NAGANOHARA」「長野原・草津・六合 ステーション」と
3つのタイトルを掲げた建物内の食堂兼喫茶兼土産物店で3個を購入。

飲料向けの小さな冷蔵ケースでキンキンに冷やされた上2つの弁当。
いずれも牛肉弁当その他の駅弁で使われる長方形の容器を掛紙で巻く、見た目では駅弁。
鳥めし弁当は白御飯を白い鳥ささみと鳥そぼろで覆い、
すき焼き弁当は白御飯を薄く白めの牛肉煮にマイタケ煮やエリンギ煮などで覆い、
シイタケと漬物を添えています。淡泊に過ぎる風味は駅弁にない感じ。
やきそばは、黒く丸いプラ製カップに詰めた、コシのある惣菜でした。

帰路の上野駅では、中央改札内正面のNRE「駅弁屋」をチェック。
期間限定と思われるワッショイ!上野ちらし寿司は、
ネット上を探しても販売予告も収穫報告も出てきません。
酢飯を鮭フレークやボイルエビやホタテ貝ヒモなどで覆い、
焼きとうもろこし、やきそば、柴漬けなどを添え、
半被のパンダが笑顔で万歳する掛紙を巻いていました。

>8/29 加藤 貴史さん:
上野駅の収穫報告ありがとうございます。膳まいは見落としていました。
上野駅135周年記念弁当のほうは、ちらし寿司と違い、
プレスリリースや交通新聞の記事などがあったようです。

>8/30 中年18きっぷさん:
ヨーロッパの収穫報告ありがとうございます。ANKER懐かしいです。
6年前のウィーンは中央駅が工事中で西駅やマイドリング駅を使い、
ブダペストは何もないケレンフェルド駅、さびれた南駅とめぐり、
その東駅でハンバーガーを食べました。
ドイツ語圏(現在のハンガリーを含むかどうか)は駅のパンがうまいと思います。
 

ウィーンとブダペストに駅弁は無く、人々はサンドイッチを買っていた

 投稿者:中年18きっぷ  投稿日:2018年 8月30日(木)22時23分34秒
編集済
  ウィーンからブダペストまでを高速国際特急レイルジェットで、ブダペストから東部Mesokovesdという町まで普通列車に乗り移動しました。既に色々なところで書かれているように「駅弁」というものは売っていませんでしたが、ターミナル駅内の売店では種々のテイクアウト食品が売られており、特にサンドイッチ類の品揃えが豊富なように思われました。と言っても何しろヨーロッパの鉄道駅には改札口というものが存在しないので、駅ナカも駅ソトも区別が無い状態であり、ウィーン中央駅などは駅自体がショッピングセンターみたいなものですね。

2018年8月4日
1. オーストリア、ウィーン中央駅「Kaesekornspitz(チーズ野菜サンドイッチ)」(Anker、 Euro 2.99 (日本円換算約¥380))
2. ハンガリー、ブダペスト東駅「Humberger」(Gyros Kucko、HUF 450(日本円換算約¥180))

 昼間行くとウィーン中央駅には多くのファーストフード店が軒を連ねており、ハンバーガーもピザもシーフードもドネルケバブも選び放題であるが、朝7時過ぎでは唯一、パン屋のAnkerだけが店を開けており地元民や鉄道旅客が列を作ってサンドイッチ類を買い求めていた。サンドイッチといってもほとんどがコッペパンタイプだが、その種類は野菜、肉、チーズとパンの組み合わせで多岐に渡り、やたら幅のあるショーケースにぎっしり陳列されている。正直どれを選んで良いものか途方に暮れる。東京駅の「祭」に駅弁を買いに来た外国人もこのような気分を味わっているのかもしれない。結局会計台に一番近くに並び一番安かったこのチーズ野菜サンドを選択した。なお、パン屋のAnkerは街中のあちらこちらに店が出ているチェーン店であり駅特有の店というわけでもないが、地下鉄の駅などでも小規模な売店を良く見るような気がする。1891年創業という。包装はそのサンドイッチ全体をロゴ入りの白紙に包み、それを茶色の紙袋に入れて渡してくれる。ポリエチレンの使用ゼロはさすが欧州である。日本の新幹線に比べて少し快適かな、と思われるレイルジェットの冷房の効いた車内で食べたが、焼き立てと思われる香り豊かなパンがやたらおいしく、たっぷり入ったチーズ及び野菜と良く調和していた。ウィーンの洗練を感じさせる味だった。
 2時間40分後に到着したブダペスト東駅は、洗練とは程遠い混沌とした雰囲気の終着駅であった。駅構内には軽食を売るファーストフード店が何軒かあるが、一番とっつきやすそうなGyros Kuckoという地元風スナック類を売る店を訪れた。ショーケースにはラップに包まれたサンドイッチもあったがあまりおいしそうでなかったので、最もわかりやすいハンバーガーを注文した。おばちゃんがパテを温めて、その場でレタス、玉ねぎ、赤キャベツ、トマトなどをこれでもかと詰め込んで我が国の標準2倍くらいの直径がある巨大ハンバーガーを作ってくれた。半封筒状の紙のハンバーガーケースに挟んで差し出してくれたが、それでは持ち運びができないので袋をお願いしたら、しぶしぶという感じでペラペラの紙袋に入れてくれた。あまり車内持ち込みを前提としていないのかもしれない。気温33,34℃に達する中狭苦しく暑苦しい冷房も無いきれいとは言えない車内で食べたが、何と言うか、素材を生かした素朴な味わいで普通においしかった。昼ごはん時ではあったが、車内には自分で持ち込んだパンなどを食べている人がちらほら見られる程度であった。
 オーストリアとハンガリーは昔同じ帝国であったのだが、今日、鉄道のインフラは大きく差がついてしまったようだ。ハンガリー側普通列車のトイレに入ったら、便器の穴から線路のバラストが良く見えて、70年代の国鉄車両を懐かしく思いだした。
 なお目的地Mezokvesdの駅だが、駅舎はやたら大きいのだがガランとしていて何もなく、出札口が一つあるだけで、売店も物品販売もとにかく何もない。いかにも旧社会主義国の鉄道駅であると思った。

 

上野駅の2018年夏期限定駅弁について

 投稿者:加藤 貴史  投稿日:2018年 8月29日(水)21時37分50秒
  今夏の上野駅の期間限定駅弁に日本ばし大増のちらし寿司(+焼きそばと焼きもろこしの付け合わせ)がありましたが、8月初旬にエキュート上野の銘店弁当コーナーにて「上野駅135周年記念弁当(1350円。しまだフーズ調製)」が販売されているのを見ました。
常陸牛のしぐれ煮と豚味噌漬け焼きを載せた2種類のご飯に、つくば鶏の照り焼きと根菜の煮物の付け合わせという構成でした。「上野弁当」同様常磐線を意識した内容と思われます。また上野駅にちなんだ鉄道を題材にしたポストカードが5種類同封されていました(画像はそのうちの2種類です)。
 

レンタル掲示板
/122