teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:666/1392 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

JR東日本とNREがフランスのパリの駅で駅弁を販売

 投稿者:まっこうくじら(館長)  投稿日:2015年10月20日(火)21時10分59秒
  通報
  こんばんは、まっこうくじらです。
JR東日本とNREがフランス・パリのリヨン駅で
2015年12月1日から2016年1月31日まで
期間限定の駅弁売店「駅弁 EKIBEN」を開店し、
以下の5種類の弁当を販売するそうです。

2015年10月20日JR東日本プレスリリース
「~駅弁文化の魅力を伝える~フランス国鉄初の日本の駅弁売店がパリ・リヨン駅に期間限定オープン」
http://www.jreast.co.jp/press/2015/20151008.pdf

フランス・リヨン駅「BENTO PARIS-LYON(パリ・リヨン弁当)」(15ユーロ≒2000円)
「フランスご当地食材のシャロレー牛を使用した和風弁当」

フランス・リヨン駅「BENTO MAKUNO-UCHI(幕の内折詰弁当)」(15ユーロ≒2000円)
「日本の駅弁の定番を高級な折詰スタイルで表現」

フランス・リヨン駅「BENTO OMOTENASHI(日本のおもてなし弁当)」(13ユーロ≒1750円)
「おもてなしの席で好まれる駅弁」

フランス・リヨン駅「MAKI SUKEROKU(助六寿司)」(8ユーロ≒1080円)
「日本の伝統芸能である歌舞伎に由来する名前がついた駅弁」

フランス・リヨン駅「BENTO ONIGIRI(おにぎり弁当)」(8ユーロ≒1080円)
「日本の駅弁の原点」

上記のプレスリリースには、
上野駅にあってもおかしくない駅弁マーク入りの駅弁売店イラストと
東武日光駅弁だと言われて信じそうな5種類の駅弁の中身写真があります。
過去のシンガポールや台湾での駅弁販売はたしか、
食などの博覧会への出展でしたが、
これは現役で本物の駅への出店。ここまでやるとは驚きです。

当館開館時のNREは駅弁と駅弁屋をどんどん破壊している気がしましたが、
駅弁マークを付けてから(日本鉄道構内営業中央会に入会後)のNREは
親会社のJR東日本とともに駅弁を守り育てる存在に思えてきています。

>10/18 加藤 貴史さん:
岡山駅弁の収穫のご報告ありがとうございます。
もともと糸崎駅弁の浜吉は、新幹線開業で三原へ移り、
鞆甚の倒産で福山駅へ移り、今は岡山駅弁の一角であるように見えます。
 
 
》記事一覧表示

新着順:666/1392 《前のページ | 次のページ》
/1392