teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:17/1400 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

沖縄の空弁の収穫

 投稿者:まっこうくじら(館長)  投稿日:2019年11月 2日(土)16時22分28秒
  通報
  こんにちは、まっこうくじらです。
完乗の防衛を目的に沖縄本島へ行きました。

●2019年9月28日(土)
沖縄県 那覇空港「お料理」(1,030円)※沖食スイハン
沖縄県 那覇空港「空人マグロかつサンド」(823円)※かつサンド専門店7878
沖縄県 那覇空港「空人あぐーメンチかつサンド」(720円)※かつサンド専門店7878
沖縄県 那覇空港「サンド」(912円)※沖縄ケータリングサービス

火曜が本番なので、土日月火の四連休を設定し、大東島行きに挑戦。
当月にならないと運航スケジュールを発表しない大東海運が、
土曜那覇出港、日曜大東入港、月曜大東出港、火曜那覇入港という
完璧な行程を組んでくれたので、これに乗ることにしました。
羽田の空弁は見送り、早朝のJALで那覇へ。
すると熱帯低気圧で出港を木曜へ延期するという運行状況メールが。
大東へすっかり行く気になっていたので、航空と宿泊の定価を支払い、
この日は北大東島に泊まることにしました。
羽田から那覇往復3泊4日の旅費より高く付きました。

その結果、4時間も滞在した那覇空港で空弁めぐり。
JAL側搭乗待合室の売店はコンビニ風のおにぎり、サンド、弁当ばかり。
2種の大東寿司も変化なしで、紙箱入り幕の内弁当をひとつ購入。
食品表示での商品名は「新ジューシー幕の内弁当」で、
市販の仕出し容器に、混ぜ御飯の俵飯、豚バラ煮と玉子焼、
ゴーヤーその他の炒め物や和え物などなど。
見栄えは素っ気なくても、中身は沖縄が満載でした。

箱サンド2種は、食品売店でなく土産物屋の店頭にあったもの。
白いスリーブのマグロかつサンドは、四角いマグロの揚げ物を
耳を少し残して軽くトーストした食パンに挟んだものを3切れ。
赤いスリーブのメンチかつサンドは、メンチカツを同様に3切れ、
透明なプラ容器に収めていました。具もパンもやや厚めのサンド。

ANA側搭乗待合室もチェック。売店の配置は共通でも、
空弁のような商品は不思議とJAL側よりも充実しています。
収穫は帰路にするとして、那覇空港限定空弁サンドと紹介する惣菜を1個。
食品表示は「アボカドシュリンプ」。とても小柄でオープンな紙箱に、
小さなトマトハムレタスサンド2個、アボカドシュリンプのライ麦サンド1個、
豚肉レタスのライ麦サンド1個を収めていました。少量で高価なコンビニサンド。

●2019年9月29日(日)
沖縄県 南大東空港「大東寿司」(600円)※三島商事

北大東島は飛行機が一日1便飛んでくるだけなので丸一日滞在。
原付を借りて島を3周くらいしました。
需要の問題でしょう、この島に空弁も含め弁当はありません。
帰路のRACは南大東島への経由便。降機が必要なので
出場し売店へ直行し空弁を探して保安検査を受け直し再搭乗。
空港にあるとは聞いていた大東寿司がちゃんと売られていました。
掛紙などはなく、見た目はスーパーの惣菜。
サワラの漬けの握りが8個、丸々と並べられていました。

●2019年10月1日(火)
沖縄県 那覇空港「金アグー弁当」(980円)※琉球フーズ
沖縄県 那覇空港「しょうが焼き弁当」(1,233円)※立川フードサービス
沖縄県 那覇空港「ポーク卵むすび」(668円)※立川フードサービス

月曜日はレンタカーで本島中部を一周。
火曜日はゆいレールの一番列車に無事乗れて、
沖縄県立博物館美術館やゆいレール展示館を熟視してもう一度乗り、
夕飯に那覇空弁を3個。すべてANA側で買いました。

金アグー弁当は楕円形の容器に白飯を詰めて豚バラ肉で覆い、
透明なふたをしてラップして紙帯を巻く豚丼。
しょうが焼き弁当は長方形の容器に白飯を詰めて豚焼肉で覆い、
炒め物を添えて透明なふたをして掛紙で巻く豚丼。
ポーク卵むすびは握り寿司サイズの白飯を玉子焼といわゆるスパムで挟んで
海苔の帯で巻いたものを4個並べる、沖縄本島でおなじみの惣菜。
いずれもおいしい弁当ですが、前2者に沖縄らしさは薄いかも。
後2者は「お弁当の立川」と掛紙にあり、那覇の仕出し屋の商品か。
 
 
》記事一覧表示

新着順:17/1400 《前のページ | 次のページ》
/1400