teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


意欲だけは

 投稿者:ほあぐら  投稿日:2019年10月29日(火)11時58分53秒
   奈良の正倉院展を目的に、約一週間ほど奈良へ行ってました。
 美術関係の友人が一緒でしたので、内覧に入れていただきラクチンにのんびりと
見学出来ました。
 毎年行ってますが、今回の充実した至宝の数々には感動しました。
 と、まあ、返信の遅れに対する言い訳みたいなものです。

 今回のピレネー・アストリア旅行では、改めてロマネスク建築や美術の奥深さに
感動し、何枚ものウロコが目から落ちました。知らなかったこと、つまり今までの
勉強不足を指弾される旅でもありました。
 もっとも、帰国しましたら、そんなことすっかり忘れてしまっていますがね。
 でも、「次へ!」の意欲をかきたてられる旅でもありました。

 corsa さんの「次」は何処なんでしょう?

 
 

お帰りなさい!

 投稿者:corsa  投稿日:2019年10月17日(木)05時06分38秒
  と、私が言うのも変ですけど、笑。
そろそろ時差ボケ、治りましたでしょうか。
巡礼をたどる旅、充実されたことと思います。スペイン北部は、しっとりとして、ロマネスク旅じゃなくとも美しい土地ですし、食べ物も充実していますから、欲張り旅になるのは、そういう意味でも、お約束だと思います。間違いなく、収穫がたくさんあったことと、サイトのアップを楽しみにしています。

私の方は、今年は、中世関係はもう一回週末旅行をしておしまいですが、実はすでに来年の企画を開始しています!また、ほあぐらさん情報に大いにお世話になりそうですよ。

http://notaromanica.blog.fc2.com/

 

時差ボケ

 投稿者:ほあぐら  投稿日:2019年10月 5日(土)11時09分4秒
編集済
   9月3日に出発し、30日にボルドーからパリ乗り換えで帰国しました。
 懐かしのサン・ジャン・ピエ・ド・ポ-からピレネーを越え、ナヴァラのパ
ンプローナへと至るイバニエータ峠がスペインの出発点でした。
 のんびり旅のつもりが、結局は欲張り旅となってしまい、ブルゴスまでのつ
もりがオヴィエド Oviedo まで足を延ばすこととなりました。
 通常簡単には見学できないサン・キルセ (San Quirce de Burgos) やテ
ヴェルガのサン・ペドロ (San Pedro de Teverga) など、貴重な収穫の旅
となりました。
 帰国後の時差ボケは、今まで経験したことがないほど強烈です。歳のせいな
んでしょうねえ。
 

もう出発ですね

 投稿者:corsa  投稿日:2019年 9月 3日(火)05時29分22秒
  確かそろそろだったはず、と思ってきたのですが、一歩遅かった!もう出発ですね。
楽しい旅になりますように。
私もいつか、その道を復習したいと思っています。また、旅のお話を楽しみにしています。

http://notaromanica.blog.fc2.com/

 

ピレネー地方へ

 投稿者:ほあぐら  投稿日:2019年 9月 2日(月)18時53分4秒
   明日 (9/3) から約一か月、フランス~スペインへ行ってきます。
スペイン国境から、レオンあたりまで行ければいいなあと思っています。
 かつて旅したサンチャゴ巡礼路へのセンチメンタル・ジャーニーとい
う意味合いもあり、見落とした多くの教会を訪ねたいと思っています。
 後期高齢者ですので、のんびりとそして注意深く運転するつもりです。 
 

モノグサじじい

 投稿者:ほあぐら  投稿日:2019年 5月16日(木)18時43分43秒
   emilia さん、ようこそ。

 小生が初めて見たロマネスク建築は、プロヴァンスのアルル周辺の教会でし
た。1979年の暮れの冬休みの旅行でしたから、もう40年も前の話です。

 つまり、長いことロマネスク教会を見て歩いて来た、だけの老人にすぎませ
ん。corsa さんのように熱心に語学からお勉強をなさるような学究型と違いま
して、感性でものを見ると言ってはいますが単なる勉強嫌いなモノグサじじい
にすぎません。

 でも、何かの御参考になれば、これに優る喜びはありません。
 今年はスペイン・バスクからピレネー山地を訪ねることにしております。
 貴サイトも拝見させていただきます。
 書き込み、ありがとうございました。
 

はじめまして

 投稿者:emilia  投稿日:2019年 5月13日(月)14時44分23秒
  はじめまして。

12世紀以前の素朴な建物が好きでロマネスク建築について調べたり訪ねたりしている者です。

ゴールデンウィークにミラノで初めてcorsaさんにお会いしたんです。
その時、Zodiaqueを持っている日本人の話から、ほあぐらさんのサイトに話が及びまして。
ほあぐらさんは、お人柄も大変すばらしい方とうかがい、勇気を出して書き込ませていただいています。

今後もサイトを楽しみにしています。

https://emiliaromanica.com/

 

新ブログ

 投稿者:ほあぐら  投稿日:2019年 5月 8日(水)14時53分13秒
   corsa さん、

 新しいブログ、拝見しました。先ずはおめでとうございます。
 ホームページの閉鎖は残念ですが。

 アルザスへ行かれたんでしたね。
 ドイツの影響が強いことから、彫刻はとても少なかったと思います。
 小生みたいな建築志向派には興味深いのですが、corsa さんが喜ばれるよう
なお好みの図像はほとんど無かったのかな、と言えそうです。
 でも、地方毎の風土に根差した多様性こそがロマネスク最大の特徴ですので、
アルザスらしさもまた良いものかと思いますが・・・
 ブログ、楽しみにしております。
 

blog引っ越しました

 投稿者:corsa  投稿日:2019年 5月 7日(火)05時55分59秒
  大変ご無沙汰しています。
今年に入って、ホームページは閉鎖されるし、ブログもなくなるし、Yahoo、大変迷惑なことになっていて残念です。HPはあきらめましたが、ブログは、すでに自分の海馬の一部という位置づけのため、笑、何とか維持せざるを得ず、この週末、重い腰を上げて、やっと引っ越ししました。以下、新しいページを張っておきますので、よろしくお願いします。

今年は、イースターにアルザスに行ってきました。白ワインやアルザス料理とともに、ロマネスクも、期待しすぎたのか、正直、がっかり感がありました。でも、行かないことには、わかりませんしね。普段だったら、これはありがたい、というほどに通じる英語についても、今回は、フランス語を試したかったので、ちょっと迷惑すぎるほどに通じてしまって、びっくり。あそこは、フランスでも実に特異な土地ですね。
何はともあれ、イースターという短期間の旅としては、ナイスだったと思います。例によって、いつブログにアップできるのか、皆目見当もつきません、笑。

http://notaromanica.blog.fc2.com/

 

ありがとうございます

 投稿者:前野 真徳  投稿日:2019年 5月 3日(金)19時36分5秒
  ほあぐらさま
お返事をいただきありがとうございます。
今夏に四国に個人的な重森氏庭園調査のための小旅行を考えており、お訪ねした次第です。

愛媛県西条市の個人邸は、各種の本や重森氏ご自身の著作でも取り上げられているものを読ませていただいたのですが、山本氏庭園については「日本庭園史大系 第35巻」にちょろっと一行記載があるだけで、よくわからず、ほあぐらさまは何かご存じないかと思い、ご連絡させていただきました。

泰山庭・晴嵐庭という名前がついていることも知りませんでしたので、参考になりました。ありがとうございます。


また今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 

レンタル掲示板
/53