投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 会員の研究報告(10)
  2. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


melancholy,   Re: in trouble

 投稿者:たかつな  投稿日:2016年12月20日(火)09時52分38秒
返信・引用
  > No.1715[元記事へ]

安藤嘉啓さんへのお返事です。

 一言で申し上げれば、物事への科学的な考え方の定着でしょう。原因追及は再発防止を徹底して考える

ことに繋がっていると思います。震災にしても、史上最大級の地震に対してどうしたら絶対安全か、という

完全を求めると憂うつになります。現実社会ではそういう「考えたくない話題」が蔓延しています。

 話は変わりますが、学校で「原発避難者」に対するイジメが問題になっています。「カウンセリングマイ

ンド」は未だ社会に定着しているとは思えません。

 最近は、行政の委員会等でも民間の研究を取り上げるようになりましたが、ピグマリオン教育支持する

教育関係者や専門家は少ないのでしょうか。故山口先生はさぞかし無念であったのではと考えています。




> 私たちは長い間日々起こるトラブルの中で過ごしてきました。したがって、原因究明をする癖がついてしまいました。原因究明をするのはいいんですが、ネガティブに考えすぎるようになってしまったのです。つまりは、細かく原因を追究しすぎです。
 

in trouble

 投稿者:安藤嘉啓メール  投稿日:2016年12月19日(月)22時59分1秒
返信・引用
  私たちは長い間日々起こるトラブルの中で過ごしてきました。したがって、原因究明をする癖がついてしまいました。原因究明をするのはいいんですが、ネガティブに考えすぎるようになってしまったのです。つまりは、細かく原因を追究しすぎです。  

人生は

 投稿者:安藤嘉啓メール  投稿日:2016年12月15日(木)00時15分8秒
返信・引用
  人生は、結局、映画だ、テレビドラマだ。あなたが主人公だ。  

きれいになりましたね

 投稿者:安藤嘉啓メール  投稿日:2016年12月15日(木)00時07分53秒
返信・引用
  きれいになったなあ。高綱先生、ありがとう。  

ホームページリニューアル

 投稿者:たかつな  投稿日:2016年12月14日(水)08時22分48秒
返信・引用
  おはようございます。

本日、ホームページをリニューアル致しました。スマートホンにも対応していますので活用

範囲の向上が期待できます。

管理人は、不慣れなボランティア会員が対応致しますので、何かと御不便をおかけするかと

思いますが、宜しくご活用の程お願い申しあげます。

 

ホームページ切替 Re: ホームページ試験運用

 投稿者:たかつな  投稿日:2016年12月13日(火)15時15分27秒
返信・引用
  > No.1709[元記事へ]

たかつなさんへのお返事です。

こんにちは。

本日、理事長から新しいホームページの承認をいただきましたので、早速切替準備に入ります。

明日(12月14日)中に作業を行う予定としております。

よろしくお願い申し上げます。


> 色々お騒がせしましたが、ようやく「試験運用」にまでたどり着きました。
> 試験用のアドレス(URL)は、理事長経由にて各理事の皆様にお知らせ致しております。
> つきましては、理事の皆様からのご意見等をお願い申しあげます。スマホでの閲覧状況もお願い
> 致します。
   
 

ホームページ試験運用

 投稿者:たかつなメール  投稿日:2016年12月10日(土)20時43分24秒
返信・引用 編集済
  こんばんは。

色々お騒がせしましたが、ようやく「試験運用」にまでたどり着きました。

試験用のアドレス(URL)は、理事長経由にて各理事の皆様にお知らせ致しております。

つきましては、理事の皆様からのご意見等をお願い申しあげます。スマホでの閲覧状況もお願い

致します。

また、理事の皆様に教えていただきたいことがあります。「ご案内頁」の「資格認定」で、

「健康指導員」の資格の趣旨が不勉強のため分かりません。どなたかお助け願います。

 

ホームページ建設も大詰め

 投稿者:たかつな  投稿日:2016年12月 7日(水)18時42分42秒
返信・引用 編集済
  こんはばんは。

ホームページ建設も大詰めに入っています。

今日は、「データ資料書庫」を順調に制作できると思いきや、「目次のリンクが動かない」

というトラブルが発生しました。しかも、80個以上のリンクのうち、「特定のリンク」が

「特定のパソコン」で動作しないという「珍トラブル」!? 。

Windows10の最新機種で発生することを確認しました。


プログラムを点検してもエラーは検出されず、しかも特定のリンクだけ動かない・・・・??

原因を究明するためにかなりの時間を要しました。

ホームページはアマチュアなので難しいことは分からないのですが、色々実験して調べたところ、

 [例] sinri~

のように、「リンク先の名前」が、書庫のフォルダー名やファイル名の一部と被る場合を発見し、

別名にしたところ正常に動作する事を確認しました。

恐らく同じ名前が被ると、パソコンのブラウザー(インターネットサイトを見るプログラム)が

パニックを起こすのではと思いました。


こんなパソコンのトラブルも、「深層心理技法でリラックスしたら治りました」と思い割り切って

いますが、業務用のコンピュータシステムでも「トラブル」が相次いでいるご時世なので、この程度

のことはあり得ると納得しました。


 

dareka?

 投稿者:安藤嘉啓メール  投稿日:2016年12月 5日(月)23時34分6秒
返信・引用 編集済
  たかつなさん。実名でありがとうございます。わかりやすい、というか姿が思い浮かべられて、安心!です。  

ホームページ建設便り ・ 続き

 投稿者:たかつな  投稿日:2016年12月 5日(月)19時34分13秒
返信・引用
   こんばんは。

 今日は、会の「資料書庫」を作っていました。

 内容は、セミナーテキスト、50周年記念誌、会報、定款、その他で、

 会の資料を一箇所に集めた図書館のような作りになっています。

 リンク設定が多く、全部で80箇所位のうち、50個程まで作成しました。

 時間のかかる作業なので暇つぶしには良いのでしょうが、今日の午前中から休憩時間を含めて夕方に

 なってしまいました。

 明日は、外出のため作業はできませんが、今週中に製作したいので連日精を出しています。


 

ホームページ建設現場便り

 投稿者:たかつな  投稿日:2016年12月 4日(日)22時21分24秒
返信・引用
   お久しぶりです。

 現在、会の新しいホームページを作成中です。

 折角新しくするにあたり色んなことを考えました。

 パソコンとスマートホン共用とすること、構成をスッキリさせること、テキストや記念誌もすぐに

 見られること、その他諸々です。

 しかし、なにぶんホームページはアマチュアなので、ねじり鉢巻きで苦労の連続状態です。

 未だ、工事の最中ですが、これからも経過はお知らせしたいです。

 

全国の会員の皆様へ

 投稿者:地元の会員  投稿日:2016年11月23日(水)14時34分44秒
返信・引用
   こんにちは。最近はボランティア活動等で一日が過ぎている日々です。
 ところで、この掲示板をもっと活用しては?と考えています。

 会員の皆様も全国各地におられ、OBの方も少なくないようですが、書き込むメンバーが
 限られている印象があります。恐らく見ておられる会員さんは結構多いと思われるので、
 書き込みが低調なのだと思います。

 そこで、以前に西日本研で行っていたミーティングの経験交流をオンラインで行うことも
 良いのではと感じています。九州、四国、東海、関東、北陸等、全国の会員さんが気軽に
 オンラインで情報交換できますので利用しない手はないと考えています。
 今日の名古屋は晴天ですが風が強く結構寒く、室内に暖が必要な程です。各地の皆様の近況
 は如何でしょうか。
 この冬は寒くなりそうとの予報が出ています。お互いに健康には留意したいものです。
?
 

いじめの話題2

 投稿者:地元の会員  投稿日:2016年11月23日(水)13時17分54秒
返信・引用
   こんにちは。急に寒くなりましたね。
 ところで、最近は家庭内に於ける乳幼児へのいじめ(虐待)が急増しているとのお話しを
 伺いました。「子育てで過労」との説も言われていますが、お年寄りの話では、「昔は子
 沢山は当たり前」であったようです。しかも、文明の利器もない時代のため、「最近の母
 親は弱くなったのでは」という意見が聞こえてきます。
 0歳児で虐待を受け9歳になっても意識不明という深刻な例も報道されています。母親も
 生涯に亘り障害児の世話をしなければなりません。
 文明が格段に進歩し、生活環境も良くなっている現在です。
 「やはり母親が弱くなっている」or「何らかの原因」に起因しているのでしょうか。
 こういった悲惨な事件を減らしたいものですね。
 

いじめ問題の解決 Re: 震災で避難している子どもへのイジメ 

 投稿者:地元の会員  投稿日:2016年11月20日(日)13時49分46秒
返信・引用
  > No.1700[元記事へ]

元教員さんへのお返事です。

 きちんとした対応が大切ですね。報道されるケースは、適切な対応がされていない場合、連携不足等

 反省すべき点があるものと思います。しかし、「相談を相手にしない」などあり得ない事です。

 このようなことはしっかり検証し、今後に活かすことが肝要となるのでしょう。

 ありがとうございました。


> 情報を共有し、見守り、指導していきました。こうした対応に、保護者の方も理解納得し、安心していた
> だきました。結果、すぐに問題が解消するというものではありませんが、少しずつ落ち着いていき、

> 報道されるような事例は、本当に希なケースだと思います。今朝の新聞でも,児童の相談
> を教師が相手にしなかったといったことが報道されていましたが、通常では、あり得ないことではないでしょ
> うか。これが本当なら、なぜそうなったかをきちんと調べるべきです。そうしたことも含め、こうした重大な
> いじめの場合と、通常のいじめとは区別して,解決策を考えなければならないのかもしれないと思いました。
 

Re: 震災で避難している子どもへのイジメ 

 投稿者:元教員  投稿日:2016年11月20日(日)09時05分7秒
返信・引用
  > No.1697[元記事へ]

私も自分が担当するクラスで、いじめがあったことがあります。その時は、私もいじめがあると感じて、注意

しながら指導をしていました。その後、保護者の方からの相談があったので、これは、学校全体で取り組むべ

きだと判断しました。すぐに、校内の対策委員会を設置してもらい、関係のある先生が全員集まって、情報を

共有し、見守り、指導していきました。こうした対応に、保護者の方も理解納得し、安心していただきまし

た。結果、すぐに問題が解消するというものではありませんが、少しずつ落ち着いていき、該当生徒も、きち

んと卒業して希望の進路へ進んでいきました。

その時の指導の中で、いじめを受けた経験がある生徒が実に多いことに気付かされました。しかし、彼らは、

何とか克服してきています。それは、本人、保護者、そして先ほど述べたような学校での対応があったからで

しょう。ですから、報道されるような事例は、本当に希なケースだと思います。今朝の新聞でも,児童の相談

を教師が相手にしなかったといったことが報道されていましたが、通常では、あり得ないことではないでしょ

うか。これが本当なら、なぜそうなったかをきちんと調べるべきです。そうしたことも含め、こうした重大な

いじめの場合と、通常のいじめとは区別して,解決策を考えなければならないのかもしれないと思いました。
 

Re: 嫌なご時世 Re: 震災で避難している子どもへのイジメ 

 投稿者:元教員  投稿日:2016年11月19日(土)21時43分53秒
返信・引用
  > No.1698[元記事へ]

地元の会員さんへのお返事です。

>  競争社会の弊害が小学生にまで及んで居るとは、変な時代になったものです。

少国民と言われた時代もあります。気をつけないと子どもたちは、良くも悪くも影響を受けるのだと思います。

親の顔が見たいという言葉がありますが、大人のありようが子どもの世界に映し出されます。

大人が襟を正す必要があると思います。
 

嫌なご時世 Re: 震災で避難している子どもへのイジメ 

 投稿者:地元の会員  投稿日:2016年11月19日(土)21時07分19秒
返信・引用
 
元教員さんへのお返事です。

 競争社会の弊害が小学生にまで及んで居るとは、変な時代になったものです。
 長く続く不況で国民の生活は良くなる兆しもありません。大企業優先の政策が行われていますが、その
 大企業でさえ経営不振が続いているようです。
 お隣の国でも熾烈な競争社会と聞いています。経済的にも平和な社会はいつになったら戻って来るので
 しょうか。国政を為す者を含め、すべての国見か冷静に考えることが求められているのでしょう。
 いじめ対策にしても長く言われているのに増加の一途です。根本原因にてこ入れが必要な時期でしょう。

> 地元の会員さんへのお返事です。
> 競争社会が原因ではないのでしょうか。勝つために手段を選ばず、そして勝てば官軍。
> 競争によるストレス。そんな中で、大人たちも差別意識を無くすことができずにいます。
> 子どもたちは本来純粋です。
 

Re: 震災で避難している子どもへのイジメ 

 投稿者:元教員  投稿日:2016年11月19日(土)17時55分39秒
返信・引用
  > No.1696[元記事へ]

地元の会員さんへのお返事です。

>  第一、未だ幼少の子ども達に差別を教える教師も保護者も居ないと信じて来ました。
>  子ども達に誤った心が育っているのは何に起因しているのでしょうか?

勝ち組、負け組という言葉ももう古くなりましたが、こうした競争社会が原因ではないのでしょうか。勝つた

めに手段を選ばず、そして勝てば官軍。またその競争によるストレス。そんな中で、大人たちも差別意識を無

くすことができずにいます。子どもたちは本来純粋です。しかし、その純粋さを保とうと必死で学校ががん

ばっても、社会の圧力の方が強いのです。ですから、まず、競争社会を是正する必要があるのではないでしょ

うか。
 

震災で避難している子どもへのイジメ 

 投稿者:地元の会員  投稿日:2016年11月19日(土)09時48分0秒
返信・引用
 
 こんにちは。東日本大震災で避難している子ども達へのイジメが相次いでいることを聞き
 心が痛みます。それも小学校低学年からというこてとで驚いています。
 小学生2年生では、「うつくしい こころを そだてよう」という目標があり、「あたた
 かい こころで ともだちと なかよく」が指導していると思っていましたが、現実との
 ギャップが大き過ぎると感じています。
 第一、未だ幼少の子ども達に差別を教える教師も保護者も居ないと信じて来ました。
 子ども達に誤った心が育っているのは何に起因しているのでしょうか?
 

Re: 皆さんへ

 投稿者:地元の会員その2  投稿日:2016年11月19日(土)09時30分58秒
返信・引用
  > No.1693[元記事へ]

安藤嘉啓さんへのお返事です。

> この掲示板がチャンネル2のようになるのは避けましょう。
> 私たちは学者です、学ぶ者です。

賛成です。そして、ピグマリオン人間観をもって語り合えるといいですね。
 

皆さんへ

 投稿者:安藤嘉啓メール  投稿日:2016年11月18日(金)23時36分39秒
返信・引用
  この掲示板がチャンネル2のようになるのは避けましょう。
私たちは学者です、学ぶ者です。
 

高田さんへ

 投稿者:安藤嘉啓メール  投稿日:2016年11月18日(金)23時30分11秒
返信・引用 編集済
  高田さんへ
会の外にあるあなたの意見は、単なる意見として受け止めますが、
会の運営は会員が行うものです。
会員に戻ってください。それだけのパワーがあります。
こちらは、会員相互の交流を図り、人間の心理についての自由な
意見交換をしているだけです。がそれは会員相互のものです。
ただし、この交流掲示板への意見投稿は自由だと思います。
運営については会員で会の総会で決めたいと思いますし、もう
今年度に関しては方針は決定されました。
 

理事長からメールをいただきました

 投稿者:高田  投稿日:2016年11月18日(金)17時03分13秒
返信・引用
  つい先ほど読ませていただきました。今後はこの掲示板は見せていただくだけにとどめます。どうか

ご安心ください。
 

提案を受け止めて

 投稿者:高田  投稿日:2016年11月18日(金)07時50分36秒
返信・引用 編集済
  > No.1556[元記事へ]

安藤嘉啓さんへのお返事です。

> 本日の理事会の確認を行いたいと思います。
> 1 来年度心理セミナーは8月上旬、涼しい岐阜県K氏別宅で行う。
> 2 活動を魅力あるものにする。たとえば
> ・報告者を順番制にする。
> ・文学作品を輪読登場人物の深層心理について研究、討論をする。(カウンセリングマインド を発揮し外部参加者でもその意見はしっかり聞く。)
> ・脳科学者、たとえば茂木氏や池谷氏の著作を輪読し、脳の働きについて学習を重ねる。
>  などなど。
> 3 教科書の改訂を行う。ただし一度には無理なので会員がレポート形式で発表したものをま とめていくか、旧教科書をページごとに分担を決め、改めていくようにする。
> 4 会のホームページに載せる記事を輪番制にする。自分の体験や雑感でいいので気楽に書  く。
> 5 理事長がリーダーシップをもう少し強く発揮、その時々の方針を明らかにしたり、レポー トの指名などを行う。
> とまあ、こんな内容が話されたような記憶が残ってますが・・・・



この提案を受けて私も考えているのです。

1、公開のセミナーというよりは、会員の避暑と保養を兼ねた交流会として行うとよいのでは。
2、・セミナーでの報告者をあらかじめ早い時期に決めておき、(理事長のリーダーシップ)十分に講義の準   備をしていただく。必要なテキストと資料の用意もする。
  ・あらかじめテーマを示し、会員が研究を進めてディスカッションをする。
3、教科書の改訂は単純な分担ではなく、原版の執筆者が改定の中心となる。
4、ホームページの記事について、・掲示板の書き込みは内容を限定しない。
                ・掲載に必要な情報は本部が管理人に速やかに提供する。
 

ホームページが命綱

 投稿者:高田  投稿日:2016年11月18日(金)06時57分3秒
返信・引用
   私にとってJDPの近況を知る唯一の情報源はホームページなのです。今後、私がネットでつな

がっている知人や教え子たちにJDPを紹介し、その考えを知ってもらう一番便利なツールはホーム

ページなのです。しかし、こんな意見もあるかもしれません。そんなにJDPの情報を知りたかった

ら掲示板に書くより、会員や理事に直接電話で聞けば詳しくわかるのではないかと。人を誘いた

かったら、面会してチラシを手渡しするぐらいでないとだめだと。しかし、それができないから次

の手を考えているのです。

さらに言えば、私はここ数年JDPのホームページからは目を離さないできました。地元の会員さん

もそうです。ですから私は現在の管理人さんのご事情を考えて、新しい管理人さんに地元の会員さ

んを推薦しているのです。
 

Re: HPの存在感 Re: なぜそこまでこだわるのか

 投稿者:岡目八目  投稿日:2016年11月17日(木)15時44分17秒
返信・引用
  > No.1683[元記事へ]

高田さんへのお返事です。


> その管理人さんが、どうして例年通り活動計画をアップされなかったのか。私はそこを考えてしまったのです。


どう考えてしまわれたのでしょうね。

しかし、このままでは、高田様のお気持ちは伝わりませんね。残念です。
 

Re: HPの存在感 Re: なぜそこまでこだわるのか

 投稿者:高田  投稿日:2016年11月17日(木)15時27分52秒
返信・引用
  > No.1682[元記事へ]

岡目八目さんへのお返事です。

> 高田さんへのお返事です。
>
  担当者はおおいに心を痛めていつのだろうと思います。
>
> そうした人に追い打ちをかけるような言葉を投げかけるのが、ピグマリオン人間観なのでしょうか。


私はホームページの管理人さんのお人柄や力量を十分承知しております。ホームページの随所にまで行きわたっ

ている心配りを見ることで良くわかります。掲示板についてのこれまでの私の注文にも素早く対応してくださっ

ています。その管理人さんが、どうして例年通り活動計画をアップされなかったのか。私はそこを考えてし

まったのです。

この件に関してはもう書きませんが、

私もホームページのレイアウトを考えてみましたので載せます。
 

Re: HPの存在感 Re: なぜそこまでこだわるのか

 投稿者:岡目八目  投稿日:2016年11月17日(木)14時07分59秒
返信・引用 編集済
  > No.1681[元記事へ]

高田さんへのお返事です。

> 見苦しい極みだと承知しています。あえてその見苦しさを承知で書いています・・・私自身の精神エネル
> ギーの半減期は1年だと踏んでいます。残り時間はそんなにないのです。


と言われるならば、ホ-ムページ作成にたずさわったことのある人なら、ホームページの重要さや更新されな

いことが大変まずいことであることなどを、高田様に言われるまでもなく、よく「承知している」と思います。

にもかかわらず十分にホームページを管理できないと言うことに、担当者はおおいに心を痛めていたのだろう

と思います。

そうした人に追い打ちをかけるような言葉を投げかけるのが、ピグマリオン人間観なのでしょうか。高田様の

書き込みは、残念ながら、ピグマリオンとはほど遠いものだと、多くの人が感じるのではないでしょうか。

そんな人が、「(ピグマリオンを語る)残り時間はそんなにないのです。」だから「見苦しさを承知で書い

た」と言われても誰も共感することなく、居直りにしか見えないのではないでしょうか!

高田様の書き込みは、その思いを否定するものにしかなっていないような気がします。

それでは、悲しすぎますね。


 

Re: HPの存在感 Re: なぜそこまでこだわるのか

 投稿者:高田  投稿日:2016年11月17日(木)12時03分54秒
返信・引用
  岡目八目さんへのお返事です。


> そうしないと「口で言っているだけで、とても見苦しい!」と思われる方もいるのではないでしょうか?


おっしゃる通りだと思います。反論の余地はありません。見苦しい極みだと承知しています。あえてその見苦

しさを承知で書いています。ひとこと極めて個人的な言い訳を添えるなら、私自身の精神エネルギーの半減期は

1年だと踏んでいます。残り時間はそんなにないのです。
 

Re: HPの存在感 Re: なぜそこまでこだわるのか

 投稿者:岡目八目  投稿日:2016年11月17日(木)09時35分48秒
返信・引用 編集済
  > No.1679[元記事へ]

高田さんへのお返事です。

> ・・・JDP研は存在しないのと同じです。きつい言い方になりますが、・・・。それではまずいと思うのです。


ホームページ管理をする新しい方も努力しているようです。

そんな状況の中で、そこまで言うなら、高田様ご本人が、JDPのホームページ管理の業務をお引き受けにな

られたらどうですか?

そうしないと「口で言っているだけで、とても見苦しい!」と思われる方もいるのではないでしょうか?
 

/57