投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 会員の研究報告(10)
  2. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


来年のセミナー

 投稿者:安藤嘉啓メール  投稿日:2016年10月30日(日)22時17分45秒
返信・引用 編集済
  本日総会が行われ、来年の心理セミナーの計画案が研修部の方から出されました。
いやあ、なかなか面白いものになってます。ぜひ、皆さん来年夏8月第1週はあけ
といてください。盛りだくさんで、楽しいすよ。
 

Re: ニーズ調査の提案 Re: 会の存続理由 Re: 新陳代謝

 投稿者:地元の会員  投稿日:2016年10月30日(日)21時20分43秒
返信・引用
  > No.1640[元記事へ]

高田さんへのお返事です。

 こんばんは。参加者が無くてもセミナーを開くことに意義を見いだしておられるということですね。

 敬服致しました。


> テレビニュースを見ていたら、「小池百合子の政治塾」が何千人か集めたそうです。中身が何も知らされてい
> ないのに人は集まるのです。これも一種のブームです。かつて橋下大阪府知事が政治塾を作って人がいっぱ
> い集まりいつの間にか消えてしまいました。そんな泡沫のような人気は何の役にも立ちません。深層心理研
> 究会は50年の歴史があります。ピグマリオン教育だって30年の歴史があります。昨日今日できた政治塾
> とは格が違います。独りよがりで結構ではないですか。独りよがりでも30年続くのです。すごいことです
> よ。

 

Re: ニーズ調査の提案 Re: 会の存続理由 Re: 新陳代謝

 投稿者:高田  投稿日:2016年10月30日(日)20時58分0秒
返信・引用
  > No.1639[元記事へ]

地元の会員さんへのお返事です。


>  公共施設で開催されているセミナーの中には、かなり高額な受講料にもかかわらず、多数の参加者で
>
>  盛り上がっているものを見かけます。後継者育成に向けて貴重なデータが得られる可能性もあります。
>
>  参加者の無い活動を惰性で開催するより、余程現実的と思いますが如何でしょうか。
>
>  「ピグマリオン教育・・」を否定するものではありませんが、独り善がりはまずいと思てれいます。
>
>
>

テレビニュースを見ていたら、「小池百合子の政治塾」が何千人か集めたそうです。中身が何も知らされてい

ないのに人は集まるのです。これも一種のブームです。かつて橋下大阪府知事が政治塾を作って人がいっぱ

い集まりいつの間にか消えてしまいました。そんな泡沫のような人気は何の役にも立ちません。深層心理研

究会は50年の歴史があります。ピグマリオン教育だって30年の歴史があります。昨日今日できた政治塾

とは格が違います。独りよがりで結構ではないですか。独りよがりでも30年続くのです。すごいことです

よ。
 

ニーズ調査の提案 Re: 会の存続理由 Re: 新陳代謝

 投稿者:地元の会員  投稿日:2016年10月30日(日)16時13分4秒
返信・引用 編集済
  地元の会員さんが続きを投稿しました。


 こんにちは。少し視点を変えてみました。

 現代の青年層が求めている主なニーズは何でしょうか?

 会では、例年「ピグマリオン教育・・」のセミナーを行ってきましたが、現実を見る限り「需要が無い」

 と言わざるを得ません。また、需要が無いNPO法人は存続の意味がないと認められても反論できません。

  何が言いたいのかと言えば・・・・・

 NPO法人として、現代若者の「ニーズ調査」をしては如何でしょうか。そして、その結果をHP等に

 公開することを提案します。勿論、会の活動にも反映させ、「受けたくなるセミナー」や「参加したく

 なる活動」にチェンジすることです。


 公共施設で開催されているセミナーの中には、かなり高額な受講料にもかかわらず、多数の参加者で

 盛り上がっているものを見かけます。後継者育成に向けて貴重なデータが得られる可能性もあります。

 参加者の無い活動を惰性で開催するより、余程現実的と思いますが如何でしょうか。

 「ピグマリオン教育・・」を否定するものではありませんが、独り善がりはまずいと思います。



> 高田さんへのお返事です。
>  こんにちは。
>  ①「ピグマリオン教育」に勝る理論がないのであれば、それが現行の理論ということです。
>  ②それを持ってしても「若者を引きつけられない」という現実があります。
>  ∴ 若者を引きつけられる教育理論は無いこと 及び 会の存在理由が見いだせないこと
>  という関係がなり立つということですね。
>  会は「旧軍人の会」になり、これからの時代に必要とされないということになりませんか。

 

会の存続理由 Re: 新陳代謝

 投稿者:地元の会員  投稿日:2016年10月30日(日)12時26分48秒
返信・引用
  > No.1637[元記事へ]

高田さんへのお返事です。


 こんにちは。

 ①「ピグマリオン教育」に勝る理論がないのであれば、それが現行の理論ということです。

 ②それを持ってしても「若者を引きつけられない」という現実があります。

 ∴ 若者を引きつけられる教育理論は無いこと 及び 会の存在理由が見いだせないこと

 という関係がなり立つということですね。

 会は「旧軍人の会」になり、これからの時代に必要とされないということになりませんか。



> 私もいろいろ探してはいるのですが、学校教育に関して言えば「ピグマリオン教育」に勝る教育理論に出会え
> ません。東京の深層心理研究会でも「ピグマリオン効果」がセミナーに導入されたのは、だいぶ後になっての
> ことでした。そしてJDPの存在理由の一番はピグマリオンマインドの普及活動です。


> おっしゃる通りだと思います。若い人が入ってきて古い人が去るという新陳代謝は、健全な組織の若返りの
> 形態ですよね。しかし若い人がいないまま古い人が引退したら誰もいなくなってしまいます。そして、
> 年を取った古い会員が若者を引き付ける新しい理論を身につけることができるかと言えば、それも無理で
> しょう。となると、若い人は入って来ないので新陳代謝はできないということです。それに若い人から
> 会員になるとどんなメリットがあるのと聞かれても答えられませんよね。「新しい出会いがあるよ」な
> んて言えないし・・・。ですからちょうど旧軍人の戦友会みたいなもので、新しい会員はいなくて会員
> の自然減に任せるしか手がないという感じですね。それは仕方がないことです。
> 明日は総会ですね。どんな活動方針が決まるのかわかりませんが、実力に見
> 合った計画になっていればいいなと思います。できることがあればお手伝いはしたいと思っていますので。

 

Re: 新陳代謝

 投稿者:高田  投稿日:2016年10月29日(土)23時10分14秒
返信・引用
  > No.1636[元記事へ]

安藤嘉啓さんへのお返事です。

> 新陳代謝、新陳代謝。我々JDPの会員が新しい理論に基づき、進化していかなければ、若いものは入ってっこないでしょう。それとも、ヘロデ王として生きるということですかな?


おっしゃる通りだと思います。若い人が入ってきて古い人が去るという新陳代謝は、健全な組織の若返りの

形態ですよね。しかし若い人がいないまま古い人が引退したら誰もいなくなってしまいます。そして、

年を取った古い会員が若者を引き付ける新しい理論を身につけることができるかと言えば、それも無理で

しょう。となると、若い人は入って来ないので新陳代謝はできないということです。それに若い人から

会員になるとどんなメリットがあるのと聞かれても答えられませんよね。「新しい出会いがあるよ」な

んて言えないし・・・。ですからちょうど旧軍人の戦友会みたいなもので、新しい会員はいなくて会員

の自然減に任せるしか手がないという感じですね。それは仕方がないことです。

明日は総会ですね。どんな活動方針が決まるのかわかりませんが、実力に見

合った計画になっていればいいなと思います。できることがあればお手伝いはしたいと思っていますので。
 

新陳代謝

 投稿者:安藤嘉啓メール  投稿日:2016年10月29日(土)22時25分38秒
返信・引用
  新陳代謝、新陳代謝。我々JDPの会員が新しい理論に基づき、進化していかなければ、若いものは入ってっこないでしょう。それとも、ヘロデ王として生きるということですかな?  

Re: 西日本時代 Re: 古典的 Re: 神秘への誘惑

 投稿者:高田  投稿日:2016年10月29日(土)13時21分42秒
返信・引用
  > No.1634[元記事へ]

地元の会員さんへのお返事です。


>  20年前の西日本の会を懐かしんでいます。あの頃の満足感はもうむりでしょうかね。


もう無理だと思います。ですから別の満足感を見つけるしかないのです。ではそれは何かということに

なりますが、いろいろな教育交流会に参加したり、講演を聴きに行ったり、ネットで情報収集をしたり、

フェースブックで仲間を増やしたり、意欲さえあればやれることはいろいろあります。

 問題は意欲の減退です。むかしは自主的にやれたことが、今は「誰かがお膳立てしてくれれば」やってもいい

よぐらいにしか思わないのです。

JDPが私のために、「あれをしてくれたらとか、これをやってくれたら顔を出してもいいよ」と虫のよいことを

考えていたこともありました。
 

西日本時代 Re: 古典的 Re: 神秘への誘惑

 投稿者:地元の会員  投稿日:2016年10月29日(土)12時40分49秒
返信・引用
  > No.1633[元記事へ]

高田さんへのお返事です。


 ご返事ありがとうございます。

 そのような見地からすると「NPO法人」という組織形態な馴染まないのではないかと感じます。

 NPOの場合はPST(パブリック・サポート・テスト)という厳しい公益性基準があります。活動実績

なども審査されますので、下手をすると足枷になりかねないように思います。

 20年前の西日本の会を懐かしんでいます。あの頃の満足感はもうむりでしょうかね。



> 私もいろいろ探してはいるのですが、学校教育に関して言えば「ピグマリオン教育」に勝る教育理論に出会え
> ません。東京の深層心理研究会でも「ピグマリオン効果」がセミナーに導入されたのは、だいぶ後になっての
> ことでした。そしてJDPの存在理由の一番はピグマリオンマインドの普及活動です。つまりJDPにとってピグ
> マリオンマインドは催眠や瞑想法に比べれば、より新しくより重要な売り物と言えます。だから山口先生は
> 「ピグマリオン」をJDPに託したのだと思います。
> 当事者ではないので勝手なことを書きますが、JDPという組織の拡大発展は何のために必要かということで
> す。日蓮は辻に立って説法をしました。「教団」の拡大を狙ったのではありません。「法」を大衆に知って
> らいたかったのです。私は今大きな教団を必要としません。私にとってはこのホームページがJDPの拠点と
> なっていればそれでよいと思っています。
> たくさんの人が集まり活気あふれたセミナーはもう無理ですし、人を集めて行うセミナーの必要性も、私の中
> では薄れています。ネットの活用には、それほどの人手は必要ではないし、お金がかかりませんので失敗して
> も誰も損はしません。

 

Re: 古典的 Re: 神秘への誘惑

 投稿者:高田  投稿日:2016年10月29日(土)11時55分51秒
返信・引用
  地元の会員さんへのお返事です。

、最新の知見などの付加価値を付けないと売れないと思うのです。
>
>  この意味では、会の「研鑽」に力を注ぎ、最新のアプリ開発した成果をセミナーで披露するのです。
>
>  新しい心理学書は沢山ある時代ですから。
>


私もいろいろ探してはいるのですが、学校教育に関して言えば「ピグマリオン教育」に勝る教育理論に出会え

ません。東京の深層心理研究会でも「ピグマリオン効果」がセミナーに導入されたのは、だいぶ後になっての

ことでした。そしてJDPの存在理由の一番はピグマリオンマインドの普及活動です。つまりJDPにとってピグ

マリオンマインドは催眠や瞑想法に比べれば、より新しくより重要な売り物と言えます。だから山口先生は

「ピグマリオン」をJDPに託したのだと思います。

当事者ではないので勝手なことを書きますが、JDPという組織の拡大発展は何のために必要かということで

す。日蓮は辻に立って説法をしました。「教団」の拡大を狙ったのではありません。「法」を大衆に知っても

らいたかったのです。私は今大きな教団を必要としません。私にとってはこのホームページがJDPの拠点と

なっていればそれでよいと思っています。

たくさんの人が集まり活気あふれたセミナーはもう無理ですし、人を集めて行うセミナーの必要性も、私の中

では薄れています。ネットの活用には、それほどの人手は必要ではないし、お金がかかりませんので失敗して

も誰も損はしません。
 

Re: 古典的 Re: 神秘への誘惑

 投稿者:地元の会員  投稿日:2016年10月29日(土)10時57分15秒
返信・引用
  > No.1631[元記事へ]

高田さんへのお返事です。

 昔のお菓子は「復刻版」として一部販売されていますね。

 古い理論はHPのテキストをご覧いただければ良いのでしょう。

 HPの古いテキストと同じ内容でセミナーを開いても、誰も参加しないのは当然の理でしょう。

 人を集める知恵の難しさはこのあたりに有るような気がします。HPのテキストでセミナーを開催する

のではなく、最新の知見などの付加価値を付けないと売れないと思うのです。

 この意味では、会の「研鑽」に力を注ぎ、最新のアプリ開発した成果をセミナーで披露するのです。

 新しい心理学書は沢山ある時代ですから。



> >  100年前のお菓子屋さんがも当時と同じ物を作っても売れないのと同じではないのでしょうか。
>
> もう古いからと言って忘れられるのはかまわないのですが。一度も知られることなく消えていくのは悲しいで
> す。ホームページにテキストとして残っているのがせめてもの救いです。


 

Re: 古典的 Re: 神秘への誘惑

 投稿者:高田  投稿日:2016年10月29日(土)09時16分39秒
返信・引用
  > No.1630[元記事へ]

地元の会員さんへのお返事です。

>
>  「ピグマリオン」は見当たりませんし、心理学の大辞典などでも「ローゼンソール効果は疑問視され
>
>  ている」という記述もあるようです。
>
>
>  会は、「古典的心理学をPRしている」と見られているフシもあります。つまり、最近の大学生など
>
>  にはウケないカビ臭さがあるのではないでしょうか。
>
>
>  100年前のお菓子屋さんがも当時と同じ物を作っても売れないのと同じではないのでしょうか。
>


もう古いからと言って忘れられるのはかまわないのですが。一度も知られることなく消えていくのは悲しいで

す。ホームページにテキストとして残っているのがせめてもの救いです。
 

古典的 Re: 神秘への誘惑

 投稿者:地元の会員  投稿日:2016年10月29日(土)08時58分21秒
返信・引用
  > No.1629[元記事へ]

高田さんへのお返事です。

 おはようございます。

 高田さんのご意見への反論ではありません。

 真偽の程は別として、会の活動である「ピグマリオン~・・・」は、古典的な理論であって、今や、

 現代人の多くには「過去の物」として捉えられているのではないでしょうか。大学の教科書を見ても

 「ピグマリオン」は見当たりませんし、心理学の大辞典などでも「ローゼンソール効果は疑問視され

 ている」という記述もあるようです。


 会は、「古典的心理学をPRしている」と見られているフシもあります。つまり、最近の大学生など

 にはウケないカビ臭さがあるのではないでしょうか。


 100年前のお菓子屋さんがも当時と同じ物を作っても売れないのと同じではないのでしょうか。



> 人間には理解できないものを畏怖し尊ぶという心理的傾向があるようです。特に神秘的なものへの
> あこがれは誰にもあるもので、スプーン曲げのトリックが超能力ブームを引き起こしました。予言
> とか念力とか、透視とか前世占いとか、空中浮揚とか、実際にあったらすごいだろうなあという期
> 待から次々と不思議な現象が話題となります。しかし私たちは「神秘」と言われる現象も科学的な
> 説明が可能であるという立場です。催眠術も深層心理の発見で科学的解明が進みました。将来は心
> の働きも霊的なものではなく、脳内物質や神経の働きで説明がされていくのでしょう。私たちは人
> 間の心理の研究を神秘主義とは一線を画す形で追及してきました。しかし、ピグマリオン効果やエ
> ゴグラムをたんなる神秘現象や占いととらえる人たちもいます。「深層心理の働きを正しく理解
> し」と私たちは訴えます。そういうことです。
 

神秘への誘惑

 投稿者:高田  投稿日:2016年10月29日(土)08時41分53秒
返信・引用
  人間には理解できないものを畏怖し尊ぶという心理的傾向があるようです。特に神秘的なものへの

あこがれは誰にもあるもので、スプーン曲げのトリックが超能力ブームを引き起こしました。予言

とか念力とか、透視とか前世占いとか、空中浮揚とか、実際にあったらすごいだろうなあという期

待から次々と不思議な現象が話題となります。しかし私たちは「神秘」と言われる現象も科学的な

説明が可能であるという立場です。催眠術も深層心理の発見で科学的解明が進みました。将来は心

の働きも霊的なものではなく、脳内物質や神経の働きで説明がされていくのでしょう。私たちは人

間の心理の研究を神秘主義とは一線を画す形で追及してきました。しかし、ピグマリオン効果やエ

ゴグラムをたんなる神秘現象や占いととらえる人たちもいます。「深層心理の働きを正しく理解

し」と私たちは訴えます。そういうことです。
 

調息法

 投稿者:高田  投稿日:2016年10月29日(土)08時00分59秒
返信・引用
  リラックス状態を得るための深層心理技法には必ず「呼吸を整える」調息が出てきます。多くの武

道では、「座禅と瞑想」を通して呼吸を整えマイルドステートの状態を身につける訓練が修業の一

部として取り入れられています。

少林寺拳法の祖師は菩提達磨です。禅宗の祖、達磨大師です。菩提達磨が少林寺にこもって手足が

萎えるまで座禅を続けたという面壁九年の逸話は有名です。

少林寺拳法での調息法にはそれなりの手順がありますが、腹式呼吸が基本で、深層心理技法でいう

ところのリラックス瞑想法と同じです。武道と深層心理とのつながりはここの部分かなあと私は理

解しています。
 

Re: hima?

 投稿者:高田  投稿日:2016年10月28日(金)23時13分43秒
返信・引用
  > No.1626[元記事へ]

高田さんへのお返事です。

>
> 私も自分のことばかりの毎日です。残り少ない人生無駄にはできません。
>
> ですからJDPもどうやって自分の区切りをつけるか思案中なんです。

いまだにわからないのが武術と深層心理の関係です。

このあたりは安藤さんに教えていただきたいところではありますが…。
 

Re: hima?

 投稿者:高田  投稿日:2016年10月28日(金)22時50分4秒
返信・引用
  > No.1625[元記事へ]

安藤嘉啓さんへのお返事です。

> hima?

私も自分のことばかりの毎日です。残り少ない人生無駄にはできません。

ですからJDPもどうやって自分の区切りをつけるか思案中なんです。
 

hima?

 投稿者:安藤嘉啓メール  投稿日:2016年10月28日(金)22時07分52秒
返信・引用
  hima?
isogasikute,isogasikute.
jibunno
kotode
seiippai.
 

山口先生のこと

 投稿者:高田  投稿日:2016年10月27日(木)23時08分18秒
返信・引用
  山口先生が脳梗塞でお倒れになったとき、先生のライフワークであった聖書の謎解きの本「ベツレ

ヘムの星」はすでに書きあがっていて、徳間書店から出版の内定をもらっておられました。しかし

諸事情で出版話はお流れになり、出版先の見つからないまま山口先生はボツになった原稿を私宛に

送ってくださいました。私はコピーでしたが5冊の冊子にして、うち2冊をお送りしました。電子

書籍化も検討してみたのですが、検討中のままでお亡くなりになってしまいました。もしも文章を

そのままホームページに掲載ができるものでしたら、ご存命中にそうして差し上げればよかったか

なあと思っています。山口先生は、一番やっておきたかったことをやり残したままお亡くなりに

なってしまったのですね。さぞご無念だったに違いありません。
 

秋です

 投稿者:高田  投稿日:2016年10月27日(木)17時16分39秒
返信・引用
  八事の興正寺です。山口先生も杉浦先生も前田先生も墨先生もいらっしゃらないのだから往時に比べれば人は

減ります。当たり前のことです。しかし釈迦牟尼の教えは残りました。そんなことを思いました。
 

Re: 素朴な疑問 Re: 会が発展しない本当の理由 Re: ホームページの整備

 投稿者:高田  投稿日:2016年10月27日(木)17時00分13秒
返信・引用
  > No.1621[元記事へ]

岡目八目さんへのお返事です。


>
> 覚悟だけでなく、その数人を集める智恵が必要なのだと思います。


誤解を生む書き方をして申し訳ありません。覚悟とは「たとえ参加者が自分一人でもやる」という覚悟です。

「集まらないことをやってもしょうがない」と言えばその通りなのですが・・・。

たとえ一人でも来てくださるかもしれないという気持ちでやると言う覚悟のことなんです。

これは私の性格からくる気持ちですので他の方には理解できないかもしれません。

どう話をまとめるとよいのかわかりませんが、残念ながら私に人集めの知恵はありませんし、会の魅力を増す

知恵も浮かびません。申し訳ありませんなあ。
 

Re: 素朴な疑問 Re: 会が発展しない本当の理由 Re: ホームページの整備

 投稿者:岡目八目  投稿日:2016年10月27日(木)16時08分6秒
返信・引用
  > No.1619[元記事へ]

高田さんへのお返事です。


> 今ではそれも難しいのですが、交流会は4~5人程度がベストだと思います。フォローアップ研修会は少人
> 数で良いのだと思っています。その少人数も集まらない心配はありますが、それでも設定するかどうかは覚
> 悟の問題となりますね。


覚悟だけでなく、その数人を集める智恵が必要なのだと思います。
 

難題 Re: 素朴な疑問 Re: 会が発展しない本当の理由 Re: ホームページの整備

 投稿者:地元の会員  投稿日:2016年10月27日(木)15時46分9秒
返信・引用
  > No.1619[元記事へ]

高田さんへのお返事です。

 これに関しては私も経験を持っているのですが、イキイキ心理セミナーで受講希望者が無かったことが

ありました。近年も同様の現象が起きていますので、「魅力の創造」は必要でしょうが「難題」ですね。


> 今ではそれも難しいのですが、交流会は4~5人程度がベストだと思います。フォローアップ研修会は少人
> 数で良いのだと思っています。その少人数も集まらない心配はありますが、それでも設定するかどうかは覚悟の
> 問題となりますね。
 

Re: 素朴な疑問 Re: 会が発展しない本当の理由 Re: ホームページの整備

 投稿者:高田  投稿日:2016年10月27日(木)15時14分59秒
返信・引用
  岡目八目さんへのお返事です。


> しかし、以前行っていたフォローアップ研修会のようなやり方では、人が集まらなくなったわけですから、やい方は工夫しなければならないでしょう。高田さんも会員の方々と顔を合わせる機会がもっとあればいいと書かれていたことがありますが、地元の会員さんも高田さんもいい知恵を出されるのがよろしいのではないでしょうか。
>

私の経験を書きます。「経験交流会」でしたらたくさんの人が集まると逆にやりにくくなります。シンポジウム

や勉強会で人が多いと意見交換にはなりません。一言発言しただけで時間がなくなるということがよく起きま

す。今ではそれも難しいのですが、交流会は4~5人程度がベストだと思います。フォローアップ研修会は少人

数で良いのだと思っています。その少人数も集まらない心配はありますが、それでも設定するかどうかは覚悟の

問題となりますね。
 

Re: 素朴な疑問 Re: 会が発展しない本当の理由 Re: ホームページの整備

 投稿者:岡目八目  投稿日:2016年10月27日(木)14時06分42秒
返信・引用 編集済
  > No.1616[元記事へ]

地元の会員さんへのお返事です。


>  素朴な疑問なのですが、ならば、HPを放置している現状が理解できません。


HPの更新が進まないのも、チラシが市民活動センター等へ配架されないのも閉鎖的で意図的に行わないのではなく、高田さんが言っているようにできないからなのではないでしょうか。
また、ボランティアを活用しないのは、会員そのものがボランティアで動いているからではないでしょうか。
自分自身が、ボランティアでやっとできることをやっている状態では、実働隊としてのボランティアを頼んでも、何をやっていただくのかを考えることもできませんからね。ボランティアが活動しているNPOは、もっと規模が大きく、中には有償ボランティアだったりするところもあるのではないでしょうか。JDPは、会計規模も小さく、役員報酬も理事長が申し訳程度の報酬を受け取り、それも結局は、会へ寄附していると様ですからね。
運営への会員の登場を期待されていますが、ボランティアですから強制はできません。地元の会員さんのような意識を持っておられる方は、是非、総会に参加するなどして、ご自身ができることをやって行かれたらよいのだろうと思います。
会員が、もっと集まることは、地元の会員さんがおっしゃるとおり,大切でしょうね。
しかし、以前行っていたフォローアップ研修会のようなやり方では、人が集まらなくなったわけですから、やり方は工夫しなければならないでしょう。高田さんも会員の方々と顔を合わせる機会がもっとあればいいと書かれていたことがありますが、地元の会員さんも高田さんもいい知恵を出されるのがよろしいのではないでしょうか。
 

Re: 素朴な疑問 Re: 会が発展しない本当の理由 Re: ホームページの整備

 投稿者:高田  投稿日:2016年10月27日(木)13時51分0秒
返信・引用
  地元の会員さんへのお返事です。

>
>  素朴な疑問なのですが、ならば、HPを放置している現状が理解できません。
>


ホームページはこれから整備が進んでいくと思います。

実態に合わせた内容に書き換えていくだけの作業ですので、新たに創造する部分は多くないと思います。

言ってみれば整理整頓するわけですから。

問題なのは、JDPの「魅力」をどう「創造」していくかなんです。これが難しい。ずっとできないままなんです

よね。宣伝の仕方とかリピーターとかの問題は二次的なものです。

「魅力の創造」・・・・・私自身も知恵が出ません
 

素朴な疑問 Re: 会が発展しない本当の理由 Re: ホームページの整備

 投稿者:地元の会員  投稿日:2016年10月27日(木)13時12分8秒
返信・引用
  > No.1613[元記事へ]

高田さんへのお返事です。

 素朴な疑問なのですが、ならば、HPを放置している現状が理解できません。

 会の理事さんには、パソコンを教えていた詳しい先生方もおられますね。


> 当時チラシが作れなかった理由が、チラシを大量に作るだけのお金がないということでした。
> 今はネットの時代です。お金をかけずに広告を公開できます。先日プリンターを購入したと
> 書きましたが、接続方法や使い方はみんなネットで知ることができました。jdpの活動内容
> も研究成果も、全部ネットで開示できる時代です。金はかかりません。あとはやるだけです
> がそこが難しいのですよね。

 

本当の理由 №3

 投稿者:地元の会員  投稿日:2016年10月27日(木)13時03分33秒
返信・引用
   自治体の生涯学習センターでは、「市民による市民教室」を開いている所があります。

 「健康法・心理」のカテゴリーもあったのですが、最近は受講者の減少に歯止めが掛からず

 カテゴリーから外された所もあります。

 原因は、生涯学習センターでも不明とのことでした。

 「心の時代」と言われて久しいのですが、最近はそうでもないのでしょうか。

 

本当の理由 №2

 投稿者:地元の会員  投稿日:2016年10月27日(木)12時28分11秒
返信・引用 編集済
   毎年3回のセミナーを開いていたときのお話しです。

 当時は、毎回のように新しい参加者がありました。しかし、何故か「リピーター」に繋げる

ことは皆無と言って良い程の結果でした。

 私も3名の方を紹介しましたがリピーターにはなりませんでした。これ以上紹介しても意味

がないと悟り、今は一切の紹介を止めています。

 会の発展しない理由として大きいのではないのでしょうか。また、理事の皆さんはこのよう

な現状をどう感じておられるのでしょうか。是非お伺いしたいと思います。


 

Re: 会が発展しない本当の理由 Re: ホームページの整備

 投稿者:高田  投稿日:2016年10月27日(木)12時26分1秒
返信・引用
  > No.1612[元記事へ]

地元の会員さんへのお返事です。



>市民活動センターにさえチラシを配架しない閉鎖的な集団であることが良く理解できます。
>
>

当時チラシが作れなかった理由が、チラシを大量に作るだけのお金がないということでした。

今はネットの時代です。お金をかけずに広告を公開できます。先日プリンターを購入したと

書きましたが、接続方法や使い方はみんなネットで知ることができました。jdpの活動内容

も研究成果も、全部ネットで開示できる時代です。金はかかりません。あとはやるだけです

がそこが難しいのですよね。
 

/57