teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:7/37 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

紀宝町6月定例会の感想

 投稿者:紀宝町鵜殿 田岡秀男メール  投稿日:2008年 6月21日(土)02時37分6秒
  通報
   体調に影響する事を承知で「紀宝町6月定例議会」を傍聴した。補正予算の提案内容を見て目を疑った。最後まで傍聴していないので、勝手に結論ずけることはできないが、もう少し、良識に叶った論戦をして欲しいと思った。
 予算は、「住民の血と汗の結晶」で編成される。議員諸氏も、失礼ながら、もう少し勉強をして。住民に胸を張って堂々と説明できる形のものを議決して欲しいと考える。住民に対し、胸を張って説明できる予算内容の審議をお願いしたい。
 なんといっても、その責任は、辞任後も背負っていかなければならなのだから。議員諸氏の良識に住民は期待しているのだから。
 人間誰しも、判断ミスや調査不十分で結論を出しがちである。もちろん私もその例に漏れない。議員諸氏には初心に返り、より一層の尽力をお願いしたい。紀宝町をダメにするのも、良くするのも。議員諸氏の良心と良識にかかっている。
 住民は「一人ひとりの夢を」議員諸氏に託しているのだから。紀宝町議会議員として、どのような場所でも、又、どのような場面でも。俺は・私は「紀宝町議会議員」だと、大手を振って歩んでいただきたい。
 
 
》記事一覧表示

新着順:7/37 《前のページ | 次のページ》
/37