teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:6/37 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

摘発

 投稿者:ひま人メール  投稿日:2008年 6月25日(水)08時12分53秒
  通報
  6月8日の東京・秋葉原 無差別殺傷事件の後、インターネットの掲示板に殺人や爆破の犯行予告の書き込みが後を絶たないことから、警察庁は24日、犯行予告が犯罪行為であることを非行防止教室などの場で周知するよう全国の警察に通達。23日現在インターネットの掲示板に何らかの犯罪の予告を書き込む事件が全国で17件あり、17人が摘発補導されていることが24日警察庁のまとめで分かったそうです。そのうち12人が逮捕、4人が書類送検、1人が補導(16歳女子高校生)されたとあります。
急に摘発が速くなったとの印象を受けますが、もともとネット上の書き込み等に秘匿性はありません、書き込まれた情報を見つけることが面倒だっただけで、予告INのようなサイトの中を巡回して書き込みを自動的に見つけ出し掲載通報するサイトを個人でも作られています。パソコンや携帯にはアドレスが割り振られていて個人が掲示板等にメールアドレス等を変えて投稿されても、元のIPアドレスは変わりません、掲示板等を運営している個人にはIPアドレスは32ビットの情報が届きますがそれだけでは個人は特定できませんが発信者の加入されている運営プロバイザーは、誰にでもわかる仕組みのため警察に通報すれば、警察から、運営プロバイザーが個人に割り当てているIP アドレスの個人情報の提出を求められ、このような早期の摘発になっていると報道されていました。
もし暇なら、自分のIPアドレスを打ち込んで、自分のアドレスがどのように表示されるか試してください『サーバー監視・ネットワーク監視サービス』『IP Location Finder』どちらかのサイトではIPアドレスで住所検索ができるそうです。
 
 
》記事一覧表示

新着順:6/37 《前のページ | 次のページ》
/37