スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:2/361 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

関東支部・支部総会 20210123

 投稿者:大38回竹村メール  投稿日:2021年 1月24日(日)13時08分23秒 KD106161105002.au-net.ne.jp
  通報 返信・引用 編集済
   関東支部では1月23日(土)、オンラインで、令和2年度の支部総会を開催しました。
第一部 15:00~16:20、第二部16:20~17:05でした。

 本部から、高田会長、緒方幹事長、兵藤副幹事長、太田監督、加藤中部支部長、岸中部支部幹事長、
河崎関西支部長、要関西支部幹事長、太田監督が参加され、現役(70期)からは、西村主将、齊藤主務、
小山副務が参加されました。合計で24名でした。

 開催に先立ち、昨年逝去された、北居会長補佐と、井上前監督のご冥福をお祈りして黙祷を捧げました。
開会後は、田村支部長の挨拶、高田会長のお話、関東支部の活動状況報告、現役報告、コーチングスタッフ活動報告、
株式会社陵水艇友会の活動報告、本部からの報告と続き、約1時間20分があっという間に過ぎていきました。

 田村支部長からは、「コロナ禍の中でも、オンラインで月例会を続けてきた」ことが報告されました。高田会長は 、
「昨年は色々なことがありました」と切り出され、 艇友会の皆が知らない北居さんとの思い出話や、井上前監督の功績が労われ、
加えて現役の活躍状況に言及されました。 2020年は、関東支部として陵水艇友会という名前でエントリーをしたレースは一度もなく、
活動もオンライン月例会のみでした。

 後半に入り、現役幹部から、西村、齊藤、小山の3名が順に報告をされました。西村主将からは、69期の振り返り、70期の戦績及び現在の
ボート部の問題点などが、齊藤主務からは70期の体制と目標、及び課題が、そして小山副務からは動画を交えた練習風景の報告や、
新入生勧誘用のPV(Promotion Video)が披露されました。

 今回の支部総会は、太田監督の報告が圧巻だったと思われます。同様な感想を持たれた方は多くいらっしゃったはずです。
現在の滋賀大学漕艇部について、①現状を分析され、②問題点を把握・共有し、③問題を解決するための課題を設定し、
④いつまでに、誰が、どうやっていけば良いのか等が報告されました。そして、その支援のために、艇友会の組織の力に対して期待を寄せられました。
淡々とした語り口ではありながらも、熱い思いを込めて話されるのは、いつも以上でした。

 その後、加藤さんからの株式会社陵水艇友会の活動報告に続き、最後は緒方幹事長から、郵送で総会決議がされたことへのお礼と、
100周年に向けた準備委員会の体制作りについて理解と協力をお願いしたい旨が報告されました。

 中締め後、京都から参加された射場さんを中心に、有志による議論は続きました。
最後に梅垣さんから「現役のコーチングは関西や中部のOBに頼らざるを得ないが、関東支部としてどういう支援ができるのか、
遠くにいる人間は何ができるのか、を議論する段階に移らなければならない」と提議され、散会となりました。

 ご参加頂いた皆さま、ありがとうございました。

参加者(敬称略):
21石川、高田、23太田、堀江、25岡本、田村、26加藤、28桑島、小杉、西川、
29緒方、鈴木、 30岸、兵藤、31梅垣、要、河崎、32太田、松原、38竹村、49山本、西村主将、齊藤主務、 小山副務

 ・当日の資料はSkypeにいれてあります。ご参加頂いた方はご参照ください。
 
》記事一覧表示

新着順:2/361 《前のページ | 次のページ》
/361