<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


関東支部月例会報告20210227

 投稿者:大38回竹村メール  投稿日:2021年 2月28日(日)12時05分35秒 KD106154139144.au-net.ne.jp
返信・引用 編集済
   2月27日(土)16:00~17:30 関東支部ではオンラインで月例会を開催しました。
今回は8名の参加でした。関西支部から河崎次期幹事長も参加されました。

 2回目の緊急事態宣言は、6府県については2/28に解除されることになりましたが、東京、埼玉、千葉、神奈川は
そのまま発出中です。金魚@銀座での月例会は、昨年の2月が最後でしたので、リアルで集まれなくなって、
もう丸一年が経ってしまいました。

 冒頭で、緒方幹事長から、先日行われた役員会のポイントの報告がありました。その後は、
熱いボート談義に花が咲きました。議論の中心は、どうすれば強いボート部になるのか、この一点です。

 結論があるわけではないですが、OBとしては、現役諸君と直接関わっているコーチングスタッフを
どうやってサポートしていくかが大事だ、との認識を共有して散会となりました。



参加者(敬称略):23堀江、25田村、28西川、29緒方、31梅垣、河崎、38竹村、49山本

 

本部役員会開催報告

 投稿者:大29回 緒方俊輔  投稿日:2021年 2月14日(日)15時08分37秒 KD175134176154.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  2021.2.13(土)定例の役員会をSkypeを使い、下記議題について開催しました。
1.??役員人事並びに今後の運営体制について
2.? 監督コーチ陣報告
3. 来年度予算編成方針の件
4. 艇庫合宿所問題への取組み方針について
5.? 就職活動支援体制について
6.? 年会費徴収状況について
7. 今年度総会について
8. 100周年に向けて
9. その他
今回は、彦根の練習環境の整備について、100周年を機に、艇友会として大学と一層の連携の元
取組むことや来年度予算の骨子などについて、議論し、方針を決定いたしました。

役員人事は正式には次回総会で最終承認となりますが、役員会で決定いたしました内容を
ご報告します。
1.幹事長   退任:大29回 緒方俊輔   新任:大31回 河崎泰行
2.副幹事長  新任:大31回 青木 明   新任:大33回 清塚 徳
3.幹事    新任:大28回 西川元啓   新任:大29回 緒方俊輔
<今後の役員会の体制について>
従来の幹事長・事務局長任務(企画・事務運営)の分担による本部機能強化、特定者への負担集中の軽減、
人材の多様化等を進めるべく若手・女性も含めたスタッフの増強に今年度から来年度にかけて取り組む。
 

関東支部・支部総会 20210123

 投稿者:大38回竹村メール  投稿日:2021年 1月24日(日)13時08分23秒 KD106161105002.au-net.ne.jp
返信・引用 編集済
   関東支部では1月23日(土)、オンラインで、令和2年度の支部総会を開催しました。
第一部 15:00~16:20、第二部16:20~17:05でした。

 本部から、高田会長、緒方幹事長、兵藤副幹事長、太田監督、加藤中部支部長、岸中部支部幹事長、
河崎関西支部長、要関西支部幹事長、太田監督が参加され、現役(70期)からは、西村主将、齊藤主務、
小山副務が参加されました。合計で24名でした。

 開催に先立ち、昨年逝去された、北居会長補佐と、井上前監督のご冥福をお祈りして黙祷を捧げました。
開会後は、田村支部長の挨拶、高田会長のお話、関東支部の活動状況報告、現役報告、コーチングスタッフ活動報告、
株式会社陵水艇友会の活動報告、本部からの報告と続き、約1時間20分があっという間に過ぎていきました。

 田村支部長からは、「コロナ禍の中でも、オンラインで月例会を続けてきた」ことが報告されました。高田会長は 、
「昨年は色々なことがありました」と切り出され、 艇友会の皆が知らない北居さんとの思い出話や、井上前監督の功績が労われ、
加えて現役の活躍状況に言及されました。 2020年は、関東支部として陵水艇友会という名前でエントリーをしたレースは一度もなく、
活動もオンライン月例会のみでした。

 後半に入り、現役幹部から、西村、齊藤、小山の3名が順に報告をされました。西村主将からは、69期の振り返り、70期の戦績及び現在の
ボート部の問題点などが、齊藤主務からは70期の体制と目標、及び課題が、そして小山副務からは動画を交えた練習風景の報告や、
新入生勧誘用のPV(Promotion Video)が披露されました。

 今回の支部総会は、太田監督の報告が圧巻だったと思われます。同様な感想を持たれた方は多くいらっしゃったはずです。
現在の滋賀大学漕艇部について、①現状を分析され、②問題点を把握・共有し、③問題を解決するための課題を設定し、
④いつまでに、誰が、どうやっていけば良いのか等が報告されました。そして、その支援のために、艇友会の組織の力に対して期待を寄せられました。
淡々とした語り口ではありながらも、熱い思いを込めて話されるのは、いつも以上でした。

 その後、加藤さんからの株式会社陵水艇友会の活動報告に続き、最後は緒方幹事長から、郵送で総会決議がされたことへのお礼と、
100周年に向けた準備委員会の体制作りについて理解と協力をお願いしたい旨が報告されました。

 中締め後、京都から参加された射場さんを中心に、有志による議論は続きました。
最後に梅垣さんから「現役のコーチングは関西や中部のOBに頼らざるを得ないが、関東支部としてどういう支援ができるのか、
遠くにいる人間は何ができるのか、を議論する段階に移らなければならない」と提議され、散会となりました。

 ご参加頂いた皆さま、ありがとうございました。

参加者(敬称略):
21石川、高田、23太田、堀江、25岡本、田村、26加藤、28桑島、小杉、西川、
29緒方、鈴木、 30岸、兵藤、31梅垣、要、河崎、32太田、松原、38竹村、49山本、西村主将、齊藤主務、 小山副務

 ・当日の資料はSkypeにいれてあります。ご参加頂いた方はご参照ください。
 

故井上前監督のお母さまから

 投稿者:大29回 緒方俊輔  投稿日:2021年 1月16日(土)10時13分12秒 KD175134176154.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  故井上前監督追悼メッセージ集を受け取られたお母さまから、お電話を頂きました。
皆様のご厚意とお世話になったことへの感謝、そして「いつも『ボート部が、ボート部が』と
言っていたので、皆様にこれほどお世話になって幸せだったと思います」と語られていました。
皆様にくれぐれも宜しくお伝えくださいとのことでしたので、ご報告致します。
傷心の中で、井上さんを彷彿とさせるようなお元気な語り口で、こちらが励まされているような気が致しました。
 

井上前監督追悼メッセージ集

 投稿者:大29回 緒方俊輔  投稿日:2021年 1月 9日(土)12時24分33秒 KD175134176154.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  皆様から寄せられた井上さんへの追悼メッセージを纏め、ご遺族のもとに
お送りいたしましたので、ご報告致します。
 

関東支部月例会報告20201226

 投稿者:大38回竹村メール  投稿日:2020年12月27日(日)13時05分20秒 KD106161115127.au-net.ne.jp
返信・引用
  12月26日(土)16:00~17:10 関東支部ではオンラインで月例会を開催しました。
今回は4名の参加で、支部総会(※1)の議題等が議論されました。

1年間を振り返ってみても、今年は新型コロナウィルスが世界中で猛威を振るい、
収まることもなく感染急拡大のままで年を越えようとしています。
陵水艇友会では、北居元会長、井上前監督のお二人が逝去されたことが、大きな出来事でした。
関東支部では、金魚@銀座での月例会は2月まで開催しましたが、3月、4月は休会を余儀なくされました。
続けることが大事なので、5月以降はWeb上に場所を移し、毎月開催してきました。
また、漕ぐ方も、全日本マスターズレガッタをはじめとして大会自体の中止が相次ぎ、一部見送りを含め、
今年は、陵水艇友会の名前でのエントリーは0(※2)ということになりました。
漕ぎ初めも、漕ぎ納めもない一年でした。

(※1)1月23日(土)15:00~ 関東支部総会を開催いたします。オンラインでの開催です。
(※2)関東支部のみの実績です

参加者(敬称略):25田村、28小杉、31梅垣、38竹村
 

井上前監督を偲んで その2

 投稿者:大29回 緒方俊輔  投稿日:2020年11月29日(日)21時41分1秒 KD175134176154.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  ①201801 関東支部総会にて
②201711 関東支部月例会にて
③201611 大28、29、30回合同同期会(彦根)にて
 

井上前監督を偲んで

 投稿者:大29回 緒方俊輔  投稿日:2020年11月29日(日)21時36分42秒 KD175134176154.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  ①201910 95周年記念式典にて
②201906 全日本マスターズ60歳代ナックルフォア優勝
③201403 マスターズ朝日レガッタナックルフォア準優勝 嘉田知事(当時)と
 

井上前監督・元幹事長葬儀

 投稿者:大29回 緒方俊輔  投稿日:2020年11月29日(日)12時12分12秒 KD175134176154.ppp-bb.dion.ne.jp
返信・引用
  21日に逝去されたボート部前監督、艇友会前事務局長、前幹事長の大29回井上圭一郎氏の通夜、葬儀が25日26日に
執り行われましたので、謹んでご報告致します。
家族葬で、参列者も限られた中、艇友会から高田会長、兵藤事務局長、河崎関西支部長、若園顧問らに加え同期代表など
数名にご参列頂きました。また、多数の艇友会関係者から供花、弔電が届いていました。祭壇横には、遺影とともに
オールや艇友会で活動されていたころの多数の写真、前監督から現役に贈られた言葉などが現役の協力により飾られました。
以下、参列された河崎関西支部長からの報告です。
「井上さんは少し小さくなられた印象でしたが、お顔はきれいで安らかでありました。お母様にはお姉様が寄り添い、
お姉様のご主人が式最後にご挨拶されました。同期の山根さん、林さんが参席され、進藤ゼミの方もおられました。
艇友会会長、同期の皆様、艇友会31回今井さんら献花あり、その他、伊藤忠、高校バスケOB等々献花ありました。
コロナ下ですので、参席者は限定され、ソーシャルディスタンスが取られ、しめやかに滞りなく行われました。」
井上さんのボート部に強くなってほしいという強い思いからすれば、まだまだやりたいこと成し遂げたいことは尽きず、
さぞ悔しい、残念な思いであったかと推察します。我々は彼のその意思を受け継ぎ、皆でこれからのボート部の発展と
現役一人一人のために力を尽くしたいと思います。井上さん、本当にありがとうございました。ご苦労様でした。
安らかにお休みください。

尚、井上さんへの追悼メッセージを取りまとめてご家族に弔意としてお伝えしたいと思います。
下記、幹事長緒方宛、メールでお寄せください。12月15日頃までを目途にお願いいたします。メーリングでも、ご案内いたします。
syunsuke-msz@y2.dion.ne.jp 緒方俊輔
 

関東支部月例会報告20201128

 投稿者:大38回竹村メール  投稿日:2020年11月29日(日)09時26分0秒 KD106161100077.au-net.ne.jp
返信・引用 編集済
  11月28日(土)16:00~17:10 関東支部ではオンラインで月例会を開催しました。
今回は7名の参加でした。

 冒頭、先日お亡くなりになられた井上前監督の生前の功績に対して田村支部長から説明があり、
井上さんのご冥福をお祈りし、黙祷を捧げました。

 まず、参加者の皆さんから近況の報告を頂きましたが、日常にコロナの影響が色濃く表れている
ことがわかります。
 続いて、現役の動向に話題は移りました。先日開催された70期のキックオフミーティング時点で、
新入部員は8名(男女4名ずつ)で、ボート経験者も1人いるとのことです。勧誘解禁以後の短い期間で
健闘したと思います。ボートの世界に足を入れたからには、4年間頑張って欲しいものです。
田村支部長は、ゴルフの話を交えながら、基礎と基本が大事であるというお話をされました。
ちなみに、先日も80台後半で回ったが残念ながら優勝はできなかった、そうです。

 ボート部だけでなく、滋賀大学を取り巻く環境も大きく変わっていることが話題になりました。
先日届いた「陵水会年報」への位田学長の寄稿によると、経済学部は現在の5学科から1学科になるとか。
100周年に向けて、色々なことが起きてきそうです。

☆次回は、12月26日(土)オンラインで開催予定です。

参加者(敬称略):23堀江、25田村、28桑島、小杉、31梅垣、38竹村、48山本
 

/39