• [0]
  • 《オーナー設定》

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2012年 1月13日(金)14時58分29秒
 
【本管理人/PL銘:朱雀】
基本マイペースな野郎、何事にも動じない訳分からん生物。

【管理人(妹)/PL銘:REIα】
実妹、兄とは違ってしっかりと物事を進める女の子。

とりあえず、此の二人の設定集です。
勝手な投稿は控えてくださいね。

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [3]
  • ■神父■

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2012年 3月11日(日)04時08分24秒
  • 編集済
  • 返信
 
『銘』/オーディン=カサンドラ

『性別』/男
『年齢』/28歳
『身長』/182cm
『体重』/75kg
『種族』/人間(特殊効果により強化)

『キャラ説明』
アインの森の中に建てられている教会の主であって神父なる男、帝国再生の時に
一般市民を助けにへと街に繰り出し軍と共に戦うが其の侭行方を暗ましてしまう。
其れから数年後、何処にへとフラついていたのか森にへと姿を現して教会へと戻ってきた。

『性格』
神の下に仕える人間として当然の様に善良なる者の味方であり、悪は絶対と言う様に
許さない正義の心を持っている。善良なる者には優しく接し、手を差し伸べたりするが、
悪に対しては睨み付けたり、殺しをしたりする。他に関しては人間と同じような性格。

『容姿』
黒く長い髪と、細い筋肉質な体を持っている。瞳の色は真紅の様な輝きを持ち、肌は白い。
神父専用の正装と思われるの黒がそれで、所々に銀の装飾が施されている。
背中には、戦闘の古傷であるバッテンに大きく刻まれたものが入っている。

『装備』
日本刀『裏燕』
アリシエス大英帝国の鍛冶屋で特別仕様に創られた最高の性能を持つ業物。
無銘の日本刀をモデルにし、其れにアリシエス独特の技術を入れ込んだ事に
よって、劇的な進化を成し遂げることになった。
魔力を込めることによって魔物への威力がぐーんと上がり魔法との相性も共
に上がらせる事が出来た。寸尺一メートルの斬れ味は鋭き哉。

『戦術/備考』
紅き瞳が原因なのか不明であるが視力が馬鹿みたいにずば抜けて良く、寸前
の弾丸でさえ容易く避けていく程である。ある意味チート的な瞳であるが帝国が
変わった当初から身に付けていたらしく離せないようだ。他としては身体能力と
剣術しか持っていない。因みに、光魔法を扱えるらしい。

『――』
「私は神の使いであるオーディン=カサンドラ。オーディンの名の下悪を滅ぼさんっ。」
「今こそ見せてやろう…、神の使いである私の力を…。」

『画像』
拝借したものですので、転用等は禁止です。

http://


  • [2]
  • ■fascinator(魔法使い)■

  • 投稿者:管理人(妹)
  • 投稿日:2012年 3月 4日(日)22時00分37秒
  • 編集済
  • 返信
 
『銘』/クロエ=シルヴァーナー

『性別』/女
『年齢』/18歳
『身長』/164cm
『体重』/秘密
『種族』/人間(魔法使い)

『伽羅説明』
シルヴァーナー家と云う此の帝國の豪族として生まれた一人娘であって
魔法使いの血を代々引き継いでいる一面を持つ、実力は人其々に対する
が相当な腕を持っている。詰りは魔法使いの血を色濃く継いだと云う訳だ。
今は、高校を卒業し大学へと進学。将来、シルヴァーナー家の役に立つ、
と云うのが彼女最大の夢である。
得意魔法は召喚術、炎系、氷系、雷系と云ったものである。

『性格』
お嬢様育ちと云う事もあって、お嬢様口調が若干目立つ誰にでも生意気
な性格であるが、裏腹に好きな(友達/守りたい)人には小さいが重いが強い
ツンデレ少女な一面がある。因みに好きな人は要らないとか…。

『容姿』
まるで、何処かのグリム童話に出てきそうな御姫様の様な白い肌と細身の身体。
ふんわりと、癖っ毛が少しあるが鮮明で繊細な金髪、そして空を連想させる瞳の色。
うなじには、何故か三日月の黒のマークが付いていて、消せはしない。
服装はお嬢様育ちの通りのふんわり淡いピンク色のドレスである。
因みに大学はお嬢様が通う者ばかりの学園なので、ドレスである。

『装備』
『月の魔道書』
彼女が幼少期から必死に勉強して書き上げたオリジナルの黒い魔法書。
若干分厚く、普通の本であれば読み応え充分にある一冊である。
此の本の中には彼女が様々な知識を取り入れた魔法が示されており、
何れも特徴的な魔法を使えるとされている世界に一つしかない代物。

『三日月の銀時計』
腰の何処かに隠すように下げられている丸い銀時計に三日月のマーク、
彼女の名前がローマ字で彫られた之も世界に一つしかない幻の銀時計。
此れは、シルヴァーナー家の家宝であって魔力促進を図る為の道具。
発動時は、真っ白に光り輝くのである。

■魔術一覧――――――――――――――――――――――――――――■

『通常魔術』
縦に描く魔方陣より出現する三本の黒い五十五センチメートル程の短剣。
起動は自分を軸に変えることができて、真っ直ぐに飛ばすことしか出来ない。
基本は三本であるが、溜めれば最大六本もの短剣が勢いを増して放たれる事になる。

『炎魔術』
自分の周りを纏わせる様に作られる炎の壁や、魔方陣を作ってから放たれる炎球。
他にも様々あるが、一番魅力的なのが爆発魔法で威力は中規模なものが多いらしい。
消費量が一番高いと云えば高いのかも知れない。

『氷魔術』
主に防御用に用いられる魔法、勿論攻撃用途としても用いられる。
氷の盾を作り出したり、極寒の白いレーザーを放ったりするが炎には勿論弱い。
冬の時期になると、此の魔法は強力を極める事になる。

『雷魔術』
貫通力の高いレーザーや、素早さを促進する働きを掛ける事の出来る万能魔術。
暗雲が立ち込める時期には此の魔法が一番強化され、大量の雷を柱状に落とす
事の出来る。

『召喚魔術』
常時、己の魔道書に閉じ込めている漆黒の犬獣。
召喚には時間が掛かるが、出したら最後暴走する。
只、自分には勿論忠実なので云う事は聞くので味方は襲わない。
何とも都合の良い魔物なのであろうかと思わされる。

『戦術/備考』
取り敢えずは魔法が頼りな彼女、格闘術など勿論身に付けている訳がない。
魔法が使えなくなったら最後――。

『――』
「あら、其れは失礼だったかしら?御免なさいねぇー?」
「汚いですわね…血の海をのたうち回る貴方みたいな怪物は特に。」

『画像』
失礼ながら、拝借致しました。
故に、転用は禁止ですよ。

http://


  • [1]
  • ■戦闘狂■

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2012年 2月26日(日)03時32分31秒
  • 編集済
  • 返信
 

『銘』/リアン=ベルモーテ

『性別』/男
『年齢』/不詳(容姿判断では20代以上)
『身長』/182cm
『体重』/76kg
『種族』/人間(身体強化)

『伽羅説明』
昔から、沢山の数の戦場を乗り越えてきている俗に云う戦人。
過去に家族絡みの関係によって戦に身を投じているようでは
あるが、之と云って後悔などないらしいようだ。
其の過去については、余程の事でない限りは明かさないようだ。

『性格』
恐らく、人一倍の負けず嫌いで忠誠心の高い性格。
何事にも恐怖を抱かず、死を恐れてなど全くない。
一番に信じれるのは自分だ、と云う程の自信家。

『容姿』
黒い漆黒色、更々の程良い短さの髪の毛と澄んだ蒼色の瞳。
鼻や顔はすっきりと整っていて、身体は細身の筋肉質。
服装は、普段は黒いスーツに身を包んでいる他、
手には同色の革手袋を嵌めている。
革靴、腰にはチェーンを身に付けている。

『装備』
『ピアノ線』
一体何れ程の長さか証明することの出来ない程の長さの斬れ味が凄まじいピアノ線。
基本は両腕の裾から出されているが、目に見えないほど細いのでありとあらゆる場所
から出されていることもある。能力と併用すれば自由自在に操る事ができ、編むことに
よって、弾丸疎か剣戟ですら容易く防げてしまうと云う程強度は高い。
本人曰く「私のピアノ線は鋼線よりも遥か上に値する。」と豪語している。

『異能』
『marionnette/操り人形』
念力に非常に似た能力、念力の更に上の能力と云っても良いだろうか。
軽いものから重いものまでと動かせるものは色々とあるが軽ければ軽い
程、能力の持続が長く出来るのである。だからこそ、超軽量型のピアノ線
とも相性がいい。盾として編んだときに固めるのにも使用される。

『其他/備考』
戦闘に物凄く長けているので、動きなどは化物同様であることは間違いない。
常に戦闘時は糸を全体的に張り巡らせている為、近付けば終わりと云うのが
今までの、此れからの彼のやり方である。だが、糸には特別な耐性はないの
で攻略の緒は其処にあるのではないであろうか…。

『―』
「違う…違う違う違うっ!!私が求めているのはそんな力じゃないっ!!」
「何かが、足りない。そうだ…私を満たしてくれる、快楽だ。」

『画像』
pixivから拝借させて頂きました。
転用は固く禁じております。


http://



レンタル掲示板