teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: おめでとうございます

 投稿者:矢崎存美  投稿日:2018年10月12日(金)09時38分54秒
返信・引用
  > No.1011[元記事へ]

hisanokoさんへのお返事です。

20周年お祝いコメント、ありがとうございます!
『森のシェフぶたぶた』もお読みいただき、うれしいです。
私もストレスがたまるとぶたぶたに何か作ってもらいたくなります。
あったかくて消化が良くておいしいものを二人で囲んで、いろいろ話ができたら最高ですよね。
これからもぶたぶたをよろしくお願いいたしますー。

> ご無沙汰しています。
> ぶたぶたさんシリーズ創刊20周年おめでとうございます。オメデトウ\(^▽^)/ゴザイマース
> 初めて読んだのは4、5年前ぐらいからなのに初刊から20年なんて…。驚きました。
> 今回森のシェフぶたぶたで笑わされたりなるほどと感心したり自分に通じるものがあったりで楽しく読ませていただきました。。
> ありえないけどぶたぶたさんと一緒に食事してみいたいなと…。
> 次のぶたぶたさんが何の職業に就いてどう展開するのかか待ちどうしく楽しみです。
> これからも楽しいぶたぶたシリーズをたくさん書いてくださいね。

http://yazakiarimi.cocolog-nifty.com/

 
 

おめでとうございます

 投稿者:hisanoko  投稿日:2018年10月 9日(火)11時52分28秒
返信・引用
  ご無沙汰しています。
ぶたぶたさんシリーズ創刊20周年おめでとうございます。オメデトウ\(^▽^)/ゴザイマース
初めて読んだのは4、5年前ぐらいからなのに初刊から20年なんて…。驚きました。
今回森のシェフぶたぶたで笑わされたりなるほどと感心したり自分に通じるものがあったりで楽しく読ませていただきました。。
ありえないけどぶたぶたさんと一緒に食事してみいたいなと…。
次のぶたぶたさんが何の職業に就いてどう展開するのかか待ちどうしく楽しみです。
これからも楽しいぶたぶたシリーズをたくさん書いてくださいね。




 

Re: 1年ぶりのお久です

 投稿者:矢崎存美  投稿日:2017年12月29日(金)15時10分40秒
返信・引用
  > No.1008[元記事へ]

hisanokoさんへのお返事です。

『NNNからの使者 猫だけが知っている』と『ぶたぶたラジオ』お買上げありがとうございます!
「猫が欲しくなってしまうような」というのは最高のほめ言葉です。
『ぶたぶたラジオ』もぜひぶたぶたの声など想像しながら楽しんでくださいね。
『繕い屋 月のチーズとお菓子の家』もよろしくお願いいたしますー。

来年もがんばって新作書きます(^^)。
よいお年をお迎えください。

> ご無沙汰してます。
> 「NNNNからの使者 猫だけが知っている」&「ぶたぶたのラジオ」購入。
> NNNからの使者 猫だけが知っているはミケさんの何でも知っているのには驚かされる。
> 世間の野良猫気持ちを代弁しているかのようで面白い。
> 猫が欲しくなってしまうような楽しい本でした。
> 今はぶたぶたのラジオを朗読中。
> どんなことをラジオで喋るのかを楽しみに読んでいます。
> 年明けには「繕い屋 月のチーズとお菓子の家」を買いに行きます。
> あと3日で今年も終わりですが来年も楽しい新作を楽しみにしています。
> よいお年をお迎えください。

http://yazakiarimi.cocolog-nifty.com/

 

Re: 年末のドタバタ

 投稿者:矢崎存美  投稿日:2017年12月29日(金)14時56分4秒
返信・引用
  > No.1007[元記事へ]

ゆいちさんへのお返事です。

お買上げ&お読み途中ありがとうございます!
お忙しい中、時間を割いていただき、うれしいです。
『繕い屋 月のチーズとお菓子の家』も楽しんでいただけるといいな(´∀ `)。

来年もよろしくお願いいたします。よいお年をお迎えくださいね。

> 矢崎先生ご無沙汰しています。
> この時期というか、ここ数カ月の超多忙のため、「ぶたぶたラジオ」発売から約2週間後に購入、そして、未だ読み終わっていないという、日々です。
> そして、繕い屋・・・も楽しみに購入はしていますが、恐らく年が明けてからになるかと。。。
> 今までない、この状況を自分自身びっくりしていますが、
>
> 途中報告!ぶたぶたさん、やはり電車で読むのは危険です(笑)
> ネタばれにならない程度にですが、一緒にもつ鍋食べてみたい・・・です。
>
>
> 今年もぶたぶたさんに色々と元気をもらいました。
> 繕い屋…チーズは大好きなので、正月休みにゆっくり楽しませてもらいます。
> 先生もよいお年をお迎えください。
> また来年も、新作を期待しています。
>
>

http://yazakiarimi.cocolog-nifty.com/

 

1年ぶりのお久です

 投稿者:hisanoko  投稿日:2017年12月28日(木)22時10分2秒
返信・引用
  ご無沙汰してます。
「NNNNからの使者 猫だけが知っている」&「ぶたぶたのラジオ」購入。
NNNからの使者 猫だけが知っているはミケさんの何でも知っているのには驚かされる。
世間の野良猫気持ちを代弁しているかのようで面白い。
猫が欲しくなってしまうような楽しい本でした。
今はぶたぶたのラジオを朗読中。
どんなことをラジオで喋るのかを楽しみに読んでいます。
年明けには「繕い屋 月のチーズとお菓子の家」を買いに行きます。
あと3日で今年も終わりですが来年も楽しい新作を楽しみにしています。
よいお年をお迎えください。
 

年末のドタバタ

 投稿者:ゆいち  投稿日:2017年12月26日(火)08時32分47秒
返信・引用
  矢崎先生ご無沙汰しています。
この時期というか、ここ数カ月の超多忙のため、「ぶたぶたラジオ」発売から約2週間後に購入、そして、未だ読み終わっていないという、日々です。
そして、繕い屋・・・も楽しみに購入はしていますが、恐らく年が明けてからになるかと。。。
今までない、この状況を自分自身びっくりしていますが、

途中報告!ぶたぶたさん、やはり電車で読むのは危険です(笑)
ネタばれにならない程度にですが、一緒にもつ鍋食べてみたい・・・です。


今年もぶたぶたさんに色々と元気をもらいました。
繕い屋…チーズは大好きなので、正月休みにゆっくり楽しませてもらいます。
先生もよいお年をお迎えください。
また来年も、新作を期待しています。

 

Re: はじめまして

 投稿者:矢崎存美  投稿日:2017年11月22日(水)08時27分40秒
返信・引用
  > No.1005[元記事へ]

すずめさんへのお返事です。

ぶたぶたとNNNお読みいただき、ありがとうございます。
NNNの働きっぷりは、私も見聞きしたことがあります(私自身の場合はちょっと違うかもしれませんが)。
不思議な縁を思いがけず作ることって、猫には本当にありますよね。
動物というか、生き物と暮らすことは、いろいろな意味で自分の生き方にも影響あります。もちろんメリットデメリットがありますけれど、割とメリットがデメリットを凌駕することの方が多い(´∀ `)。

店長さんや猫さんたちにもよろしくお伝えくださいね!

> 初めて書き込みさせていただきます。
> 数年前に本屋さんに平積みされていたぶたぶたの休日に出会って
> 衝撃を受けて以来、ぶたぶたさんのファンをさせていただいています。
> (デュアル文庫の表紙にぶたぶたさんがドーン!のやつです)
> 当時、ひたすら雑貨屋を巡り巡って大小4つのぶたぶたさんをゲットし、
> 出産時の入院にまで付き添ってもらったぐらいです。
>
> NNNからの使者も本屋さんで予約して買ったのですが、
> 読んで思わず「アイツ、やっぱりNNNだったのか~!」と叫んでしまいました。
> 私は田舎の喫茶店に勤めているんですが、去年の夏に
> 店長(60代女性、一人暮らし)が可愛がっていた犬が死んでしまったのです。
> それですっかりペットロスになって人生投げやり状態だった店長が、冬になる頃に
> 「最近、でっかい茶トラ猫が店の周りをうろついてる」と言い出したんです。
> NNNはネットで話題になって知っていたので「まさかね~」と思っていたら…
> 2週間ほどした後に、店の裏手にあるウッドデッキの下から子猫の声が。
> 悪戦苦闘してエサでおびき寄せると、なんとキジトラちゃんが2匹!
> 明らかに茶トラ猫の子供ではないので多分捨て猫が入り込んだんでしょうね。
> (生後1か月近くは経ってたみたいですし)
> そして茶トラもしばらくは店の周りをうろついていたのですが
> 店長が腹をくくって子猫たちに「あんたたち、うちの子になる?」と言う頃には
> 姿を見せなくなっていました。
> 本当は「欲しい」と言う方がいて他所に貰われる予定だったのですが
> ゾンビみたいな店長を元気にするためには絶対この子たちを飼わせなきゃだめだ!と
> 私も口を出し手を出しお金も多少出して頑張りました!
>
> オスとメスの兄妹なんですが今ではすっかりやんちゃ坊主と甘えん坊お嬢様です。
> ちなみにお兄ちゃんのほうが時々「ぷ~」と泣きますよ。
> 店長は「NNNとか、そんな馬鹿なことあるわけないでしょ」と笑いますが
> 私は絶対あの茶トラはNNNの調査員のうちの一匹だと思っているのです。
>
> いきなりこんな長文のメッセージを送られてもご迷惑かとも思いましたが
> どうしても「NNNの仕事っぷりを目の当たりにしました」と
> お伝えしたくて書き込みさせていただきました。
> 12月の新刊も楽しみにしています。

http://yazakiarimi.cocolog-nifty.com/

 

はじめまして

 投稿者:すずめ  投稿日:2017年11月15日(水)22時06分58秒
返信・引用
  初めて書き込みさせていただきます。
数年前に本屋さんに平積みされていたぶたぶたの休日に出会って
衝撃を受けて以来、ぶたぶたさんのファンをさせていただいています。
(デュアル文庫の表紙にぶたぶたさんがドーン!のやつです)
当時、ひたすら雑貨屋を巡り巡って大小4つのぶたぶたさんをゲットし、
出産時の入院にまで付き添ってもらったぐらいです。

NNNからの使者も本屋さんで予約して買ったのですが、
読んで思わず「アイツ、やっぱりNNNだったのか~!」と叫んでしまいました。
私は田舎の喫茶店に勤めているんですが、去年の夏に
店長(60代女性、一人暮らし)が可愛がっていた犬が死んでしまったのです。
それですっかりペットロスになって人生投げやり状態だった店長が、冬になる頃に
「最近、でっかい茶トラ猫が店の周りをうろついてる」と言い出したんです。
NNNはネットで話題になって知っていたので「まさかね~」と思っていたら…
2週間ほどした後に、店の裏手にあるウッドデッキの下から子猫の声が。
悪戦苦闘してエサでおびき寄せると、なんとキジトラちゃんが2匹!
明らかに茶トラ猫の子供ではないので多分捨て猫が入り込んだんでしょうね。
(生後1か月近くは経ってたみたいですし)
そして茶トラもしばらくは店の周りをうろついていたのですが
店長が腹をくくって子猫たちに「あんたたち、うちの子になる?」と言う頃には
姿を見せなくなっていました。
本当は「欲しい」と言う方がいて他所に貰われる予定だったのですが
ゾンビみたいな店長を元気にするためには絶対この子たちを飼わせなきゃだめだ!と
私も口を出し手を出しお金も多少出して頑張りました!

オスとメスの兄妹なんですが今ではすっかりやんちゃ坊主と甘えん坊お嬢様です。
ちなみにお兄ちゃんのほうが時々「ぷ~」と泣きますよ。
店長は「NNNとか、そんな馬鹿なことあるわけないでしょ」と笑いますが
私は絶対あの茶トラはNNNの調査員のうちの一匹だと思っているのです。

いきなりこんな長文のメッセージを送られてもご迷惑かとも思いましたが
どうしても「NNNの仕事っぷりを目の当たりにしました」と
お伝えしたくて書き込みさせていただきました。
12月の新刊も楽しみにしています。
 

Re: サボらないようご報告

 投稿者:矢崎存美  投稿日:2017年 8月 8日(火)08時08分16秒
返信・引用
  > No.1003[元記事へ]

けこにゃさんへのお返事です。

こんにちはー。書き込みありがとうございます!
すてきな試みですね!
私も読書ノートをつけようとして挫折した口ですが(若い頃に)、感想などにこだわるよりも、データを記録するだけでも充分思い出せるんじゃないかと思います。
ていうか、私自身もぶたぶたの詳細ノートを作らないと、とずっと考えているのですが(シリーズ長いので)、腰が重くて──Excelでデータだけつけておこうかなあ。
楽しんでくださいませ。

> こんにちは。
> Twitterはよく分からないオバチャンな上、ツイートに適した内容か疑問だった為、こちらにコソっと書き込ませてもらっています(^^;
>
> 先日、新刊を読んでいてぶたぶたを読み返そうと思い立ち、でもただ読み返すだけはどうかなと思い、ぶたぶたノートを付ける事にしました。
> わたしは普段読書ノートなんて付けないのです(付けながら読むとか鬱陶しいし、読み終わった後に見返しながら付けるとか面倒くさいし)。
> しかし、一回読んだ上に「息を呑む展開!」とかでもないぶたぶたなら、ゆっくりと楽しんで出来るかなと。
>
> 更に、読書ノートと言ってもあらすじや感想を書くつもりはないので(次に読み返す楽しみがなくなるし)、じゃあ何を書くんだよとなりそうなところ、ぶたぶたはあるある!
> 短編がほとんどだし、登場人物が違うし、ぶたぶたの職業も違うし、萌えポイントというか今回のぶたぶたナイスな点!を書きたいし。
> やってみると、思った以上にイケそうです。
>
> ノートも普通のミニサイズを想定して買いに行ったら、パラフィン紙をかけた紐付き文庫型のものがあったので、もう、オタク根性を持つ人間としては仕上げるのが楽しくて仕方ない。
>
> とは言え、やっぱりナマケモノなので続ける要素は沢山盛り込もうと思い、作者ご本人に報告しておく事にしました。
> 最新刊まで辿り着くか、一冊使い切ったら、またご報告しますね。(結構かかりそうですが。)
> ちなみに、短編1本につき1ページの半分を使った、軽い仕事です。

http://yazakiarimi.cocolog-nifty.com/

 

サボらないようご報告

 投稿者:けこにゃ  投稿日:2017年 8月 6日(日)16時38分24秒
返信・引用
  こんにちは。
Twitterはよく分からないオバチャンな上、ツイートに適した内容か疑問だった為、こちらにコソっと書き込ませてもらっています(^^;

先日、新刊を読んでいてぶたぶたを読み返そうと思い立ち、でもただ読み返すだけはどうかなと思い、ぶたぶたノートを付ける事にしました。
わたしは普段読書ノートなんて付けないのです(付けながら読むとか鬱陶しいし、読み終わった後に見返しながら付けるとか面倒くさいし)。
しかし、一回読んだ上に「息を呑む展開!」とかでもないぶたぶたなら、ゆっくりと楽しんで出来るかなと。

更に、読書ノートと言ってもあらすじや感想を書くつもりはないので(次に読み返す楽しみがなくなるし)、じゃあ何を書くんだよとなりそうなところ、ぶたぶたはあるある!
短編がほとんどだし、登場人物が違うし、ぶたぶたの職業も違うし、萌えポイントというか今回のぶたぶたナイスな点!を書きたいし。
やってみると、思った以上にイケそうです。

ノートも普通のミニサイズを想定して買いに行ったら、パラフィン紙をかけた紐付き文庫型のものがあったので、もう、オタク根性を持つ人間としては仕上げるのが楽しくて仕方ない。

とは言え、やっぱりナマケモノなので続ける要素は沢山盛り込もうと思い、作者ご本人に報告しておく事にしました。
最新刊まで辿り着くか、一冊使い切ったら、またご報告しますね。(結構かかりそうですが。)
ちなみに、短編1本につき1ページの半分を使った、軽い仕事です。
 

レンタル掲示板
/101